プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

毎週日曜日、午前10時から11時30分まで、

BSプレミアムで
「おしん」

一週間分の再放送をやってます。

これでもかこれでもかと、

不幸がふりかかる「おしん」

30年前、あまりにおしんが気の毒で、

見てらんない!と言いつつ、

全部見たことを思い出しました。

5月5日の放送分は田中裕子編。

つかの間の幸せな時代です。


続きを読む>>

羅紗問屋の竜三と結婚し、

おぼっちゃま亭主だから、

なんだかんだと苦労はあるけど、

子供服卸しで成功し始め、

おしんに初めての子供も生まれ、

幸せいっぱいというのが今週のお話でした。

しかしみなさん、ご存知の如く、

商売が軌道に乗り始めた途端、


関東大震災が起きて、

何もかもを失います。失うだけでなく、

事業拡大資金の借金を返せなくなり、

亭主の故郷、佐賀に夜逃げ同然で帰り、

そこから橋田壽賀子の真骨頂、


嫁いびり物語が始まるのです。

30年前、宇宙人は、まさか関西に

大地震が起こるとは思いませんでした。

阪神大震災を発端に、

中越地震、東日本大震災と

次々と災害が起こり、今後、

確実に南海沖地震は発生するそうです。

おしんは積み上げたモノをすべて失い、

辛酸をなめることになるのですが、

阪神、中越、東日本大震災のため、

命はなんとか助かっても、人生計画を

大きく方向転換させられた方たちが

多いのではないでしょうか。

しかしおしんは負けずに、

人生を切りひらいていきます。

昔のドラマですが、

今見ても、違和感なく見ることができるのは、

すごいことだと思います。




スポンサードリンク


tag : おしん、田中裕子、乙羽信子、橋田壽賀子

こどものころから、日曜日の夜8時はNHK大河ドラマを家族で見ていました
一番よく覚えているのが「国盗り物語」です。
高橋英樹さん演じる織田信長、
近藤正臣さんの明智光秀を中心としたお話でした。
信長、秀吉、家康に、光秀の本能寺の変は、歴史を全く知らない私でも簡単で、
非常におもしろかったです。

「江」は大人気だった「篤姫」の脚本家が書いているので期待が大きく、
その反動で、江を演じる上野樹理ちゃんが、のだめにしか見えないし、内容が浅いと、批判の声もたくさんあり、
見るのをやめてしまった人もいるようです。

でも、秀吉が亡くなり、徳川の執拗なインネンと嫌がらせに、ついに冬の陣が勃発。
続いて夏の陣が始まり、ついに豊臣が消滅。
先週はクライマックスでした。
見ていてよかった、これを見るため、今まで我慢していたのだと思ったのでした。

初めて、淀君をかわいそうに思いました。
宮沢りえちゃんが演じているということもあります。
執拗な嫌がらせを繰り返す家康を、本当に根性の悪い狸と思いました。
どんなに淀君は悔しかったであろうかと思い、私の目から涙が出たのでした。

秀頼もりっぱでした。秀頼といえば、ボンボンのイメージでしたがすっかり変りました。
調べてみたら、秀頼はとても背が高く、頭のいい青年であったので、
家康は畏れ、自分が生きている間に何が何でも豊臣を滅ぼさなくてはならぬと思った、
という説もあるらしいです。

秀忠の命令で大阪城に火が放たれ、淀と秀頼は自害。
秀頼の側室との間にできた幼子も処刑され、豊臣は消滅しました。

これからは、お福との確執、世継ぎ争いに焦点が移っていきますね。

しかし、なぜ、豊臣は滅亡したのに、
織田家は存続できたのでしょうか。

家康は信長に、正妻と長男を殺されています。
うらみはあるでしょうし、
大きな勢力だから、消滅させておこう!
とは思わなかったのでしょうか。
当時すでに、織田家は弱小な地方大名だったんでしょうか。
歴史を知らないのでわかりませんが・・・・。
家康が織田家も滅亡させていたら、
信成くんは、いませんでした。
私たちが、信成くんのスケートを楽しく見れるのは、
家康のおかげかも知れません


スポンサードリンク



コシノ洋装店ものがたり (講談社プラスアルファ文庫)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

 | BLOG TOP |