プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



12月24日
日曜日に放送された鬼畜の
録画していたのを今頃やっと見ました。

以前映画版の鬼畜の感想
こちらに書きました。
あらすじは鬼畜の感想
書いているので見て下さい。

今回の放送で私が一番興味があったのは、
常盤貴子が岩下志麻ほどの
鬼を演じられるか、でした。

乳飲み子の口にごはんを
窒息しそうになるまでねじ込むのは
女優としても仕事とはいえ、
なかなかできるものではありません。

あ、次のシーンか?
と思わせる場面はありましたが
さすがに
ごはんねじ込みシーンは
ありませんでした。

あれは後にも先にも
岩下志麻にしかできない演技でした。

宗吉を演じたのは玉木宏。

優柔不断で
情けない役は実にぴったりでしたが
緒形拳の情けなさを見慣れていたので
物足りない感じでした。

ラストは小説とも映画とも
違うようになっていて
それはそれでよかったです。

子供たちは自分を殺そうとする父親でも
やっぱり父ちゃんが大好きなんです。

なんででしょう?

以前、若い母親が
乳飲み子と三才くらいの子を
団地に置き去りにして遊びまわっていて
乳飲み子は餓死。

三才時は多分死んでいるだろうと
若い母親が団地に帰ってきたら
三才の子がごみ溜めの中から
「お母さん!」と
飛び出し、抱き着いてきた、
という、のをニュースで見たことがあります。

ドラマの中の子供たちも

実際に放置されて
餓死寸前までいった子も

やがて大人になり、
経済的に自立できた時、
親に頼らなくても生きていけるように
なったとき、自分の親は
鬼畜だったと気づくはずです。

それでも父ちゃん、母ちゃんが好きだ、
と思えるなら本物です。

親子の愛って何なのか
わからないです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

朝ドラ ブログランキングへ
スポンサーサイト
コウノドリは人気番組だそうです。
いままでのシリーズは見ていないのですが
ものすごくいいというので
今回のシリーズは何回かみています。

15日の放送では出生前診断がテーマでした。




このドラマはドクターXのように
医学的にありえない内容はなく
リアルで医学生が見ても
いいドラマだと思うんだそうです。

出生前診断というものが出来てから
生まれる前に子供の病気や
遺伝子などの異常による疾患などが
わかるようになりました。

と、いうより、
わかるようになってしまいました。

もし、お腹の中の子が
疾患を抱えていることがわかったら
中絶するか・・・
産むか・・
の選択をしなくてはならなくなります。

疾患を抱えた子が生まれてきたら
経済的に負担が大きくなり、
育てていくのも
簡単なことではないでしょう。

ちょっとでもいい大学に合格できるようにと
中学進学がし烈になっている今の世の中、
社会も私たちも
彼らを受け入れられるように
成熟しているでしょうか?

しかし簡単に中絶する,としたら
疾患があって実際に
生まれてきている子たちは
生きる価値がないということでしょうか?

もっと出生前診断がすすみ、
将来の子供の学校の成績まで
わかるようになったら・・・

偏差値の低い子は産まない、
偏差値70以上なら産むなんてことも
ありうるわけです。

そうなったら私は
生まれてませんね・・・

学校の成績至上主義の親でしたから。

実際にダウン症の子供がいる奥山佳恵が
ダウン症の子の母親役で出演していました。

私の家の近所の喫茶店に
ダウン症の女性がウイエトレスをして
普通に働いています。

二組の夫婦は
どのような結論を出すのか・・

ドラマだし、どんな子供も受け入れると言って
出産するのかと思いました、
が違いました。

二組とも出産を諦めました。

リアルな内容に辛くなりました。

甘い理想論の結論を出さないから
このドラマは人気になるのでしょうね。

前回は死産を取り扱ってました。
産科で必ず、無事、うまれてくるとは
限りませんから。

私は最初の子が
死んで生まれてきましたから
リアルな内容に感動ではなく
ドラマ制作者の方には申し訳ないけど
ものすごく不愉快になりました。

それに病院の医者はこんなに
親切ではなかったですよ。

医者の力不足が原因でしたから
訴えられない様に、
なんとか丸め込もうとする姿が女々しくて

私の前で医者が冬なのに
顔から滴り落ちるほど汗をかいていたのを
ドラマを見ながら思い出しました。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

朝ドラ ブログランキングへ



前のシリーズは
数回見たことがありましたが
今回は全く見ていませんでした。
たまたまテレビをつけたら最終回だったので
見ることにしました。

すると主人公の米倉涼子演じる医者
大門未知子が余命3カ月の大病で
死ぬかもしれないと言ってるでは
あ~りませんか!

ふ~ん、最後に殺してしまって
もう、続編はありませんということを
示すつもりなんだな、と思いました。

大門未知子は余命3カ月のわりに元気で
薬を飲みながら、
末期がんの
日本医師倶楽部の会長の手術を
成功させました。

このドラマはありえない設定の連続だから
マジメに見てはいけないドラマです。

このドラマは全部手術が成功して
死んだ人はいないように思うので
最後に華々しく死んで終わるのだろうか・・・

でも、やっぱり人が死ぬのは
物語とはいえ切ないものだと思ってみてたら
事前に自分の手術の時は
こうしろあ~しろと大門未知子が
ノートに書いていたので
それを見ながら
研修医みたいな、
へなちょこ医者が手術して成功。

今度はスペイン語の国で
大門未知子が医者をしているシーンで
終わりでした。

最終回だし
前回予告で大門未知子が死ぬかも・・
とやっているらしいので
視聴率はよかったでしょうね。

医者のドラマで誰も死なない、
必ず治ってスカッとする、
珍しいドラマでした。

来年からはキムタクが
ボディーガードの役をすると
予告でやってました。

ガードマンといえば昔
東京警備指令 ザ・ガードマンというのが
ありました。

当時ものすごい人気で
翌日学校に行ったら
見ていない人がいないくらいでした。

宇津井健が主人公で
ガードマンってかっこいいのだと
子供心に思ったのですが

ガードマンという職業は
定年退職後の
ヨボヨボの爺さんがほとんどで

懐中電灯をもって
夜中にビルの見回りをしたり
時には工事現場で旗を振るのが
仕事なのだと大人になってから知り
驚いたのでした。

さてキムタクの演じるガードマンは
どんなでしょう?

共演者は江口洋介に斎藤工、
菜々緒など
背の高い人ばかり。

キムタクのチビが
目立ってしまうのではないか?
と、心配になりました。

以前は毎日、朝ドラを見るのが楽しみで、
そのあらすじや感想を書いて楽しんでいましたが
今は朝ドラを見る元気もなく
チャンネル、バチバチ変えて
ワイドショーみて、朝ごはんを食べてます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

朝ドラ ブログランキングへ
毎週日曜日、午前10時から11時30分まで、

BSプレミアムで
「おしん」

一週間分の再放送をやってます。

これでもかこれでもかと、

不幸がふりかかる「おしん」

30年前、あまりにおしんが気の毒で、

見てらんない!と言いつつ、

全部見たことを思い出しました。

5月5日の放送分は田中裕子編。

つかの間の幸せな時代です。


続きを読む>>

羅紗問屋の竜三と結婚し、

おぼっちゃま亭主だから、

なんだかんだと苦労はあるけど、

子供服卸しで成功し始め、

おしんに初めての子供も生まれ、

幸せいっぱいというのが今週のお話でした。

しかしみなさん、ご存知の如く、

商売が軌道に乗り始めた途端、


関東大震災が起きて、

何もかもを失います。失うだけでなく、

事業拡大資金の借金を返せなくなり、

亭主の故郷、佐賀に夜逃げ同然で帰り、

そこから橋田壽賀子の真骨頂、


嫁いびり物語が始まるのです。

30年前、宇宙人は、まさか関西に

大地震が起こるとは思いませんでした。

阪神大震災を発端に、

中越地震、東日本大震災と

次々と災害が起こり、今後、

確実に南海沖地震は発生するそうです。

おしんは積み上げたモノをすべて失い、

辛酸をなめることになるのですが、

阪神、中越、東日本大震災のため、

命はなんとか助かっても、人生計画を

大きく方向転換させられた方たちが

多いのではないでしょうか。

しかしおしんは負けずに、

人生を切りひらいていきます。

昔のドラマですが、

今見ても、違和感なく見ることができるのは、

すごいことだと思います。




スポンサードリンク


tag : おしん、田中裕子、乙羽信子、橋田壽賀子

こどものころから、日曜日の夜8時はNHK大河ドラマを家族で見ていました
一番よく覚えているのが「国盗り物語」です。
高橋英樹さん演じる織田信長、
近藤正臣さんの明智光秀を中心としたお話でした。
信長、秀吉、家康に、光秀の本能寺の変は、歴史を全く知らない私でも簡単で、
非常におもしろかったです。

「江」は大人気だった「篤姫」の脚本家が書いているので期待が大きく、
その反動で、江を演じる上野樹理ちゃんが、のだめにしか見えないし、内容が浅いと、批判の声もたくさんあり、
見るのをやめてしまった人もいるようです。

でも、秀吉が亡くなり、徳川の執拗なインネンと嫌がらせに、ついに冬の陣が勃発。
続いて夏の陣が始まり、ついに豊臣が消滅。
先週はクライマックスでした。
見ていてよかった、これを見るため、今まで我慢していたのだと思ったのでした。

初めて、淀君をかわいそうに思いました。
宮沢りえちゃんが演じているということもあります。
執拗な嫌がらせを繰り返す家康を、本当に根性の悪い狸と思いました。
どんなに淀君は悔しかったであろうかと思い、私の目から涙が出たのでした。

秀頼もりっぱでした。秀頼といえば、ボンボンのイメージでしたがすっかり変りました。
調べてみたら、秀頼はとても背が高く、頭のいい青年であったので、
家康は畏れ、自分が生きている間に何が何でも豊臣を滅ぼさなくてはならぬと思った、
という説もあるらしいです。

秀忠の命令で大阪城に火が放たれ、淀と秀頼は自害。
秀頼の側室との間にできた幼子も処刑され、豊臣は消滅しました。

これからは、お福との確執、世継ぎ争いに焦点が移っていきますね。

しかし、なぜ、豊臣は滅亡したのに、
織田家は存続できたのでしょうか。

家康は信長に、正妻と長男を殺されています。
うらみはあるでしょうし、
大きな勢力だから、消滅させておこう!
とは思わなかったのでしょうか。
当時すでに、織田家は弱小な地方大名だったんでしょうか。
歴史を知らないのでわかりませんが・・・・。
家康が織田家も滅亡させていたら、
信成くんは、いませんでした。
私たちが、信成くんのスケートを楽しく見れるのは、
家康のおかげかも知れません


スポンサードリンク



コシノ洋装店ものがたり (講談社プラスアルファ文庫)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。