プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年が小学校で
盗みの嫌疑をかけられ
靴を脱がされ、
服を脱がされた揚句、
嫌疑ははれますが、
お話の最後母親の言葉が
たまらない気持にさせます。

美智子皇后陛下が
子ども時代の読書の思い出という
NHK特集で紹介された
世界名作選の中に
入っているとても悲しい童話です。



世界名作選〈1〉 (日本少国民文庫)

スポンサーサイト

続きを読む>>

シューラは貧しい家の少年です。
下着が破れていても
お母さんは仕事が忙しく
繕ってくれません。

お母さんに無理を言って
新しいシャツを着て
登校しました。

朝、学校でお祈りの前に
新しい歌の本が
どこに入れたのかわからなくなり、
シューラは自分の外套の
ポケットに手を入れて
探しました。

なかなか見つからなくて、
探して探してしているうちに
間違って他の人の外套の
ポケットに手を入れてしまいました。

それを他の子が見ていましたが
本が見つかったので、
シューラにとって、
いつもと変わらぬ朝でした。

しかしお祈りの後、
2年生の男の子が
ナイフと1リーブリ銀貨を
失くしたと大騒ぎをはじめ
他の子のポケットに手を入れていた
シューラが疑われます。

先生に追及され、靴を脱がされ、
順番に服を脱がされ、
最後はシャツ姿にされます。

そのときのシューラの心理が
興味深いです。

悲しみ悔しさ恥ずかしさ
それに新しいシャツを着て来た
嬉しさが交錯するのです。

そうこうしているうちに
お金がなくなったと騒いでいた子は
ポケットからこぼれおち
靴に入っていたということがわかります。

そしてこれらをきいた
母親の反応がこれまた興味深いです。

母親は学校に一応文句を言いに行きます。

大騒ぎしたうえ、
訴えてやろうと思います。
しかし実際はできませんでした。

貧しい家なので授業料を
免除してもらっている事などから
母親は厳しく言えませんでした。

給食費を払わず
タダ食いさせて文句をいっている
現代のモンスター親とは違います。

そして最後に言います。

「何にもいえないんだからね。
大きくなったらこんなことどころじゃない。
まだまだひといめにあうかもしれないんだよ。
この世にはいろんなことがあるからね」

このお話を読んだのは
美智子皇后陛下が
紹介されたあとですから、
私はもうおばさんになっていました。

人生、悔しいこと悲しいこと満載です。

何であんな意地悪で嫌な奴が
みんなに好かれて
自分は理解されないのだろう?

世の中は理不尽に満ちている。

それは子供のころ、
特に小学校の先生に教えられました。

私が子供のころ40年前の学校の先生ほど、
理不尽でめちゃくちゃな人たちは
いなかったと思います。

それでも親は文句を言いませんでした。

最近の親は違います。
間違いなく慰謝料請求になり
マスコミは連日報道、
週刊誌は書きたて

先生方は揃って謝罪会見、
担任は自宅待機ということに
なるでしょう。

先生を訴えて
溜飲を下げたいところですが

小学校時代、
人間関係や理不尽な先生に
苦しめられたことで、
私のような鈍感な人間が
出来あがったのでしょう。

鈍感というアホみたいなものも、
永年の努力の末に
出来あがったものなんでございます!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
スポンサードリンク


tag : 身体検査 ソログーブ、美智子皇后陛下


トルストイが
子供向けに書いた本です。

子供の頃、
子供文学全集で読みました。

その子供文学全集は
姉の本で、
私は本なんて漫画以外読まない
頭の悪い子でしたが
なぜだか、
これだけは読み、
すっきり、溜飲を下げたのです。

しかし50歳を超えた今読見返すと、
全く違う感想となりました。

続きを読む>>

パホームという農民がおりました。

彼は地主から土地を借りて、
まじめに働きそれなりに満足する
暮らしを送っていました。

彼の妻の姉は街の商人と結婚していて
都会でいい暮らしをしてます。

ある日、パホームのところにやってきて
彼の妻に
豊かな暮らしぶりを自慢したのです。


自慢を聞いているうちに
パホームは
「自分にだって、土地さえあれば
悪魔だってどうもできやしないのに」

と、うそぶきます。

それを悪魔は聞き逃さず、
パホームは悪魔の虜になって
欲に欲を重ねて破滅するのです。

彼は少しずつ土地を手に入れ、
階段を上るように
お金持ちになっていきます。

もうここらへんで、充分でしょう、
というとこまで土地が手に入っても
満足できなくなり、

もっともっとと欲張りになります。

そして、
明け方から日没まで
歩いた分だけの土地を
もらえることとになり、張り切ります。

でも最初に
お金は支払っています。

しかも、
日没までに帰って来なければ、
土地はもらえないどころか、
お金も返ってきません。

日没まで帰ってこなくちゃ
ならないのだから、
日の入りの時刻を計算し、
Uターンしなくてはいけませんが、

パホームは欲張りになっているので、
どんどん先に進み、
このままだと、日没まで、
戻れないかもしれない状況になります。

必死に走って走って戻ったところで、
パホームは息絶えてしまいます。

下男がパホームのために、
きっかり足から頭までが入る長さの
墓穴を掘り、パホームは埋められます。

人に必要な土地の広さは
墓穴の広さだったという
お話です。

子供のころ読んだ時、
強欲ジジイ、ざま~~と

大笑いしました。

しかし今回読むと、
子供のころ、爺さんと思ってた
主人公はそれほど
爺さんではありません。

まじめに働いていたけれど、
妻の姉に挑発され、
もっともっとと
欲張りになるのですが

そうやって頑張って
土地を手に入れて、
何が悪いのでしょうか?

確かに足るを知る・・・

ということは大切なことです。

「現状に満足すれば精神的に豊かになれる」
のですが、
若い子が現状に満足ばかりしていては
羽生くんだって、
金メダルは取れなかったでしょう。

人間、生涯のうち、
うんと欲張りになって
頑張る時は必要なのです。
しかし問題は歳を取ってからです。

歳を重ねてからは
もう頑張ることはできません。

その時こそ、足るを知ることが
重要だと思うのです。

もっともっとと思っても、
自分の体はもう若いころのように
動きません。

お金だって使ったら減る・・
といって、全く使わなかったら、
ないのと同じです。

歳を重ねてからこれを読んだだら、
今あるモノ、今の現状を喜び、
いい老後になるんじゃないでしょうか。

この本は、子供の本じゃないです。
老人の童話です。


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
スポンサードリンク




tag : トルストイ、人はたくさんの土地がいるのか

新美南吉の童話では
ごんきつねが有名です。

私は「銭坊」という作品が
たまらなく悲しく、印象深いです。

夏休み、
担吉という少年が

お兄さんとおじさんの家に
避暑に来ていた時

一匹の狗(いぬ)に出会います。

その狗は痩せた小さなノラ犬で、
外で担吉がお兄さんと
口笛を吹いて遊んでいた時
足元にまきついてきたのです。

担吉はその狗を気に入り
銭坊と名付けました。

頭のてっぺんに
一銭銅貨ほどの黒いところがあり、
そこから名前が決まりました。

担吉はいっしょの床で
寝たいくらい可愛がりましたが、
あるとき、おじさんの
怒りをかういたずらをします。

そのおじさんは元々犬嫌いでしたので、
狩猟好きな友達に
銭坊をやってしまうのです。

担吉がどんなにお願いしても
ダメでした。

狩猟好きの男はいい人で、
「大事にするから」
と、言ってはくれたけれど、
しっぽをだらりとさせてひかれていく
銭坊の姿に担吉は悲しくてたまりません。

冬になり、担吉は
銭坊はどうしているだろうか、
思い続けていました。

そして二階の窓から外を見た時、
銭坊がいることに気づきます。

「銭坊!」

呼ぶと、銭坊は宙を仰ぎました。

銭坊の両目はつぶれてしまい、
見えなくなっていたのです。

でも担吉の声の方向に
長い尾をふり続けます。

大急ぎで担吉が一階に下りて行くと、
銭坊の姿はなく、
探しまわってももう、会えなかった・・

という悲しいおはなしです。


続きを読む>>

新美南吉の小説は、
読み終わってから
気持ちの持っていきようのない
悲しみを残すものがあります。

新美南吉は家庭環境が複雑で、
貧しく、その上、結核のため、
常に死と向き合っていました。

亡くなったのはわずか29歳です。

そういう状況だからこそ、
作品が研ぎ澄まされているのだと思います。

生きていると、楽しいことより、
苦しいことや、辛いこと、
絶望感にさいなまれることのほうが
多いのです。

そんな時、南吉の本を読むと、
自然と涙が流れ、
浄化されて行くような気がします。




「銭坊」は↑南吉大全で読みましたが、
大全というけれど、
南吉の作品全部は載ってません。



朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
スポンサードリンク


tag : 新美南吉


宮沢賢治の名作です。
辛く悲しい物語です。



よだかの星 (日本の童話名作選)


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒



続きを読む>>

よだかは醜い姿のため、
いじめられ、

鷹なんて名前はお前には似合わない、


市蔵に改名しろ!

みんなから言われ、
市蔵と書いた名前札を
ぶら下げられます。

子供の頃、この本を読んだとき、


ブサイクだと責められても
容姿はほとんど、
親から受け継ぐものなので、
仕方ないじゃないか!


と、思い、

市蔵という名前の人は、
この小説を読んで

そんなに自分の名前は変なのか?

と思っているだろうなあと
ちょっと笑ってしまいました。

それより一番心に残ったのが、
いじめられているよだかも、

生きている虫を食べて生きています。


つまり、自分も誰かを犠牲にして
生きている・・・


ということによだかが気づき
悩み苦しむ場面でした。

人間はもちろん全ての生き物は、
他の命をもらって生きているのです。


ベジタリアンだって、
植物という生き物を食べています。


最後、よだかは、
太陽に向かって飛び続け、
燃え尽きて星となります。


自殺したんだ・・・

子供の頃、思いました。

死んだら星になる・・・

といえば聞こえはいいですが、
こんなラストは許されません。

宮沢賢治の
真っ暗な人間性が出ています。

他の命をもらって生きているのだから、
悩む前に、残さず、無駄にせず、
皿を舐めるようにして、
感謝して食べたらいいのです。

残念ながら、
いじめはなくなりません。

外見とか、考えの違いとか、
いじめの理由はいっぱいあります。


みんな、仲良く・・・なんて幻想です。

いじめられたら、
このいじめはずっと続くものではなく、

いつかは終わる・・と思って、
自分を励ますしかありません。

学校の先生が助けてくれると、
期待しない方がいいです。

学校の先生も、親も、
助けにはなりません。

だからこういう類の本を読み、
苦しいのは自分だけではない・・・

ということを知り、
必ず、いじめた奴より
幸せになってやるという気概で
頑張って生き続けるのです。


幸せになること・・・

それが正しい100倍返しです


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク



tag : よだかの星、宮沢賢治

狐とぶどう

美味しそうな葡萄が実っているのを見て、
狐は食べたいと思いました。

しかしどんなにジャンプしても
葡萄には届かず、
腹を立てた狐は、

「この葡萄はきっと酸っぱいに違いない」

と捨て台詞を言って去って行きました。

子供の頃、この童話を読んだ時、


負け惜しみ言ってる~~

と思いましたが、
今はそうは思いません。


続きを読む>>


どんなに努力しても、
どんなに頑張っても、
人にはそれぞれ、
持って生まれた能力があり、
イカンともしがたいことなのです。

子供の頃、負け惜しみを言う狐を
悪者と捉えていて、

情けないやつだ~~
という感じでしたが、


「あの葡萄は
酸っぱいに違いない」

ということにしておいて、
心を落ち着かせたきつねを
今は賢く思います。


大きな家の前を通ると、

「掃除が大変に違いない」
「庭の手入れで毎年お金がかかるだろう」
「固定資産税がかかるだろう」
「相続税が莫大で、いずれは売って
支払うしかないだろう」

と悪魔のような意地悪を思い、、

宝くじで
大金を当てたひとのニュースを見ると、

「不労所得は身を滅ぼす元。
だから自分にはそんなあぶく銭は
必要ないのだ」

と自分を励まし、

ご近所で床暖房が入っていると知ると、

「ゴキブリが越冬して
巨大化するに違いない」

と希望的考えを思いめぐらし、

健康診断で結果のいい人が喜んでいたら、

「人はいつかみんな、死ぬんだよ~だ!」

と、心の中で密かに毒つく・・・

こうやって、わたくし・・・
心、平安に暮らす努力をしています・・。

だから、きつねを負け惜しみとか
悪くは思えません。
きつねは自分の心を守っているだけです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク



tag : きつねとぶどう、負け惜しみ、

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。