プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!



以前も書きましたが、クリスマスが近づいたこの季節。
やっぱりホームアローンです。

きょうはテレビをつけたらBS日テレで
ホームアローン2がやっていて
つい最後まで見ちゃいました。

続きを読む>>

誰もが知っている
マコーレン・カルキンの代表作です。

親戚一同でクリスマス旅行に行くとき
カルキン坊やだけ行き先を間違えて
ニューヨーク行の飛行機に乗るところから
話は始まります。

ともかく面白いドタバタコメディーですが、
話の中で、ホームレスの女性が出てきます。

この女優さんはダニエル・デイ・ルイスが
アカデミー賞主演男優賞を
初めてとった時の作品、マイレフト・フットで
ダニエル・デイ・ルイスの母親役で
アカデミー賞を取った名優です。



この作品も感動でした。
脳性まひで左足の数本だけが動く男性が
左足の指に絵筆をはさみ
絵を描いていくのです。

世話をしてくれる看護師に恋をして、
最後は・・・
まあ、見てくださいね。
感動です。

ダニエル・デイ・ルイスの迫真の演技に
私は初めてこの作品を見た時、
本当に脳性まひの男性が演じているのだと
思ってしまってました。

その後、あの有名な
「存在の耐えられない軽さ」を見ました。



同一人物が演じているとは
最後までみても気づかず、
ずっとあとになって
同一人物だと知った時の驚き!

この作品は私が今まで見た映画の中で
最高峰に入ります。

原作本も読みました。



原作は時間が行きつ戻りつして
かなり難解なんですが
映画を見ていたので
なんとか乗り切り、最後まで読み切り
最後は号泣でした。

ダニエル・デイ・ルイス演じる
トマシュは最高にカッコよく、
最高に哀れです。

お正月、ぜひ、ご覧ください。
大好きな作品ばかり、おすすめです。


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

tag : マコーレン・カルキン、ダニエル・デイ・ルイス、ホー

南極物語

俳優の高倉 健さんが、亡くなりました。

次回作準備中、体調不良により入院、容体急変にて、
11月10日午前3時49分、亡くなったそうです。

「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」

高倉さんの座右の銘だそうです。

比叡山延暦寺の僧侶から高倉さんに対して贈られ、
僧侶さんは、この言葉に背中を押されて、
困難を極める撮影現場の名作「南極物語」への
出演を決意されたそうです。

今日は南極物語が無性にみたくなり
見てみました。


続きを読む>>



1958年2月、日本の南極観測探検隊は
急遽(きゅうきょ)帰国の途に着くことになり、
そのときのアクシデントで
15匹の樺太犬を置き去りにせざるを得なくなります。

再び隊員たちが南極に戻って来れたのは、
それから1年後です。
当然、誰もが、犬たちは、
生きているはずがないと思っています。

見渡す限り真っ白な世界の中、
遠い雪の向こうに黒く動くものが見えます。

タロとジロでした。

高倉健さんの抑えた演技が胸にせまり、
本当に感動でした。

この映画は当時VHSで擦り切れるほど
特にラスト、見ました。

撮影は本当に過酷だったと思います。

「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」

この言葉を胸に撮影を乗り切られたこと、
今回初めて知りました。

亡くなる2か月前にはCMの撮影もされていて
とてもお元気だったそうです。

若い方はご存じないかもしれませんが、
高倉健さんの元奥さんは江利チエミさんで、
サザエさんの実写版が私の世代は思い出です。

元奥さんの命日には
お墓詣りを欠かさなかったそうです。

ホントに素敵な役者さんでした。
ご冥福をお祈りします。


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

tag : 南極物語、高倉健

最近日本エレキテル連合に
ハマっています。

ダメよ~ダメダメで大ブレークしている
この方たちです.


朱美ちゃん

続きを読む>>

細貝先生は寂しい独居老人。
中国で大量生産された
アンドロイドの
朱美ちゃん3号を購入し溺愛。

しかし時々壊れるという設定。

日本エレキテル連合のすごいところは
ネタが豊富であるところ。

朱美ちゃん3号だけだと思ったら
大間違い!

朱美ちゃんが壊れたら
仮出所妻さゆりちゃんが控えていて・・・

この仮出所妻さゆりちゃんは
夫の暴力に耐えかねて
夫を殺害、懲役ののち仮出所して
細貝先生のところにきたという設定です。



仮出所妻さゆりちゃん (2)

それだけのネタで飽きられると
思ったら大間違い。

不細工OLネタ。


日本エレキテル連合OL

ケンとクミ

クミケンと

死神プロモーションから受けに行く
死体役オーディション


死体役オーディション

YOUTUBEでも毎日更新されていますが


腹腹電気[DVD]


と、


シリアル電気 [DVD]



早速購入して
日々の憂さ晴らしをしています。
笑いのツボにすっぽりハマり、
辛い時悲しい時
このDVDを何度もみて、
生きかえっています☆


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
ロビン・ウイリアムズは
素敵な役者さんでした。

過去形で書くことになったのは
彼がうつ病で亡くなったのです。

苦しかっただろうと、
かわいそうでたまらなく
もう二度と、アカデミー賞での
彼のはにかんだような、
ユーモアのある表情が
見れないと思うと
ものすごく悲しい・・・

アルコール中毒だと随分昔、
映画雑誌で読んだことがあり、
テンションの高いコメディーとは裏腹に
実生活では
苦しんでいると知り驚いたのでした。

最近もレナードの朝が衛星放送で
やっていて
最後まで見ました。




絶望的な話なのに
ラスト、看護師さんに誘われて
2人で去っていく場面、
救いのようなものを感じたのでした。




グッド・ウイル・ハンティングは
映画館で見ました。
まだ若かったのかなあ、
ラスト、車が走り去るシーンだったか・・
感動して映画館で一人で
泣きました。




グッド・モーニング・ベトナムには
チンタラ・スカパタナという
女優さんが出ていて
その名前が忘れられません。

作品全てを見てませんが、
特に印象的だったのが




アクターズ・スタジオ・インタビューという
インタビュー番組が日本でも
最近まで放送されていたような
気がします。

インタビュアーのジェームズ・リプトンは
10の質問をします。

最後はいつも
天国に着いたとき、
神になんと言われたいかと
質問します。

「前の席へどうぞ。
コンサートは5時開演。
今日はモーツァルトとプレスリーだ。
笑い声のあふれる天国もいいね。
神様が漫談をするんだ」

と、答えたそうです。

アクターズ・スタジオ・インタビューのラストは
静かな音楽が流れ
静かな感動に包まれて
番組が終わります。

彼は自ら人生を終わらせ、
今、静かな悲しみでいっぱいです。


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ



「わたしたちの教科書」を見ました。

テレビ放送している時は
見ておらず、
このドラマがあったことすら
知りませんでした。

深く悲しく暗いドラマです。

でも人はどんなに辛くても
生き続けなくてはいけないという
強いメッセージを受け取ることのできる
物語です。

続きを読む>>

主人公積木 珠子に菅野美穂、
大手法律事務所に所属する弁護士です。

法律事務所の経営者の息子
谷原章介演じる弁護士瀬里 直之とは
婚約しており
前途洋洋とした人生に見えます。

積木 珠子には藍沢 謙太郎との
結婚歴があります。

彼には女の子がいましたが
結婚してほどなくして
理由がわからないまま突然失踪。

夫の連れ子と共に積木 珠子は
取り残されます。

当時まだ若く弁護士でもなかった
珠子は彼の連れ子藍沢明日香に冷たく
愛情を感じることはありませんでした。

しかし明日香は珠子に愛されたくて
小学校での作文には
珠子との生活を生き生きと書きます。
その文章を
珠子が読むのはずっと後のことです。

児童養護施設に明日香を預けるのですが
明日香は「珠子さん、ありがとう」
と、手を振り続けます。

それを振り切り珠子は新しい人生に踏み出し
弁護士になります。

そんな中、かつて自分が捨てた
元夫の連れ子明日香が
学校の窓からの転落死をして、
それを契機として
学校のイジメ裁判に関わっていきます。

明日香を演じるのは志田未来。
中学校で同級生から
ひどいいじめを受けおり、
校舎4階から転落死亡します。

単なる事故なのか?
殺人なのか?
自殺なのか?

珠子は明日香への自責の念から
真相を明らかにしようと
奔走するうち、
かつて珠子の前から忽然と消えた
元夫は珠子と結婚直後に
若年性認知症を発症したため
姿を消したことが判明。

元夫の父親を原告として
訴訟を起こします。

学校側を顧客とする
法律事務所からは解雇され
婚約も破棄されます。

明日香死亡時クラス担任だった
伊藤淳史演じる加地 耕平が
当初は珠子に協力的だったのに
絶対に学校にイジメはないと
頑としてイジメをみとめない
風吹ジュン演じる
副校長雨木真澄に丸めこまれ
あっさりと体制側につき
孤立無援で珠子は学校と闘います。

ドラマに出てくる教師たちはみな
それぞれ問題を抱えており
それは副校長でさえ、
とてもじゃないが
エラそうに言えない状況です。

生徒たちは生徒たちで
イジメた者が次は苛められ・・
陰湿なイジメは綿々と続いていきます。

しかしこのドラマでは
一切陰湿ないじめの場面が
登場しません。

台詞の中だけなのに
陰湿さは伝わってきます。

第1話から伏線が張り巡らされていて
やがて最終話でひとつになります。

明日香が小学校で書いた作文、
明日香の愛らしさ、哀れさ、
そしてラスト、
明日香が自分にあてた手紙・・・

涙が出て止まりませんでした。

そして音楽がまたいいのです!
ラフマニノフのピアノ協奏曲
第2楽章も効果的に使用されています。



明日香はいじめを苦にして
自殺したのか?

同級生に突き落とされたのか?

もしお時間があれば
DVDをレンタルして
ご覧になってください。

人は生きててナンボのモンです。
ここで止まったら
明日の自分が悲しみます。

悩んでいたり苦しんでいる人、
これを見たら、少しだけでも
救われるかもしれません。


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

 | BLOG TOP |  NEXT»»