プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

紅白見てたら
「おひさま」チームが出てきました。
流れる場面場面を今見ると、
なんかものすごく良かったような錯覚になりました。
おひさまは春樹が戦死するまでは本当におもしろくて、感動的で欠かさず見ました。
しかし!
春樹が亡くなり、急激に退屈になりました。
一体この主人公は何がしたいのかさっぱり分からず、
陽子の亭主が出征しても、全然悲しくなく、
帰ってきたら「帰ってこなくていいのに」と思ったものでした。
茂樹は亡き兄春樹の意思を受け継ぎ、医学部を目指しますが、
なぜか、ドイツ語や医学書を勉強しているのです。
受験にドイツ語も医学関係は出題されません。
当時は予備校がないので知らなかったのかもしれませんが、
一度受験すれば、自分が的外れなことを勉強していることに気づき、
勉強内容を修正するはずなのに、何年もずっとドイツ語や医書を勉強しているのです。
茂樹って、アホかもしれん、と思いました。
15分がこんなに長いとは信じられないという退屈さでした。
某掲示板では、アンチがあふれ、みんな同じことを感じているのだなと思ったものでした。
今も思うことは、春樹のマチコへの淡い恋心、
マチコも春樹が好きだと教えてあげたかった・・・。
マチコが待っていると思ったら、
どんなことをしても生きて帰ることへの執念が出ただろうに。

本当にかわいそうでした。

今年は大きな災害があり、本当に激動の一年でした。
来年は穏やかであってほしい。
心から願っています。
そして、被災者の方々が早く元気なれますように。
被災地が復興しますように。
さまざま、祈りながら今年は終わります。
また、来年!



スポンサードリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
家族や従業員を守るため働く糸ちゃんに
勝さんの戦死の知らせがきました。

小篠綾子さんの原作本では
「最後まで、ものすごく好きという感情は持てない人だった」そうで・・・

勝さん、気の毒すぎます

いったい何のため、この世に存在していたのか・・・・。
それは、天才、
小篠3姉妹をこの世に送り出すマシンとして存在したのでしょう。

小篠綾子さんが最後まで、好きでも何ともない存在であっても、

世界に認められるすごいデザイナーを3人もこの世に送り出したのですから、
ま、幸せな人生だったでしょう


スポンサードリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
とうとうついに、本土空襲がはじまりました。
3月10日の東京大空襲に続き名古屋、

糸ちゃんが暮らす大阪も空襲がはじまりました。

神戸で暮らすおばあちゃん。

神戸も焼け野原になるんですよね。

ああ、見ててつらいです。

でも、糸ちゃんのパワーなら大丈夫。


絶対死ぬもんか!うちは、家族や従業員を
絶対に飢えさせへん!


って、布を持って、叫びそうな予感がします。

これって、まるでスカーレット・オハラやん!

スポンサードリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
本当に激動の一月でした。
前回ブログを書いた12月8日の時点では、
まだ、善作父ちゃんは元気だったし、
勘助も、生きていました。

元気はなかったですけどね。

カーネーションは本当に展開が早く、
目が離せないですね。

私も当然毎朝、見ていたのですが、ちょっと・・・

ブログはさぼってました

今日の勘助。
以前のふっくらとした顔ではなく、
痩せこけて、死を覚悟した、悟りきった表情。

見ただけで涙が出ました。

支那事変に行かされてうつ病になって帰ってきた勘助。

今度こそ、生きては帰れないと、
誰でもがおもう、最悪の戦況のなかでの出征。

わずか一月で勘助の葬列が糸ちゃんの家の前を通ることになりました。

勘助は心が優しすぎて、本当に辛かっただろうと思います。

こうやって、亡くなっていった若い人たちが
たくさんいたのですね。

この人たちが今、靖国神社にお祀りされています。

国のため、家族を守るため、
命を落とした人に感謝して、

今の平和な世の中を守っていきたと思います


スポンサードリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
金糸の入った生地は贅沢品ということで、
引き取り手がなくて困っていた生地屋さん。

糸ちゃんは金糸を黒い生地で隠し、
おしゃれに作り上げました。

そこでド===ンと男らしく、
生地を全部仕入れ、大忙しになります。

しかし、そこで問題となるのが、
次女の直子を誰が子守するか・・・です。

生地を買ってあげた生地屋さんで
子守をしてもらっていたけれど、

その子守の女の子が着物を引き裂かれ、
コジキのような風体で、オハラ洋裁店に
直子を返しにやってきます。

この女の子、哀れがにじみ出ていて、
たまらなく、気の毒で・・・

でも笑ってしまう私は悪い人間です。

ホントにガキの世話ほど
しんどいものはありません。

特に直子のようなタイプの子は
本当に苦労させられます。

ついに糸ちゃんは勝の実家に預けることにします。

そんなん、かわいそうや・・・と糸ちゃんは言うけれど、

かわそうなのは、
世話させられるほうであって、

かわいそうと思うなら、
糸ちゃんが背負うなりして面倒みればいいのです。

糸ちゃんは働くばっかり。

しかし子育ての苦労も並大抵ではありません。

もしかしたら、それ以上かも・・・・・

なんか、糸ちゃんにむかついている私です。



スポンサードリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

 | BLOG TOP |