プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

今朝は大急ぎでみて、
録画をしたので
午後ゆっくり見ようと思っていたら
また録画出来ていませんでした(ガクッ)

今朝大急ぎでいろいろしながら見ただけですが・・・
勘助のお話の続きはなかったですね。
安岡のおばちゃんは
余命半年と言われていたけれど、
2年以上、元気で、食欲もあり、
穏やかに亡くなりましたね。
勘助と泰造兄ちゃんのところにいって、
今頃は、楽しくしているでしょうね。
あとは、見れなかったので・・・
土曜日に見ます(グスン)

でも、スタジオパークは見ました!
オノマチ、涙でしたね。
麻生祐未さん、穏やかで温かくて
素敵ですね。
ウィキペディアでみてびっくりしたのが、
麻生祐未さん、奥村チヨさんの
姪ごさんなんですね。
といって、奥村チヨをご存じない方
多いとは思いますが・・・。
カーネーションにかけていたから、
オノマチ、
燃え尽き症候群になりそうなくらいですね。

糸子ではなく、
オノマチ自身が一番好きな男性は?
と聞かれて
なんて答えるかなあと思ったら、


なんと北村!
でしたね!
残りあと少し。楽しみたいと思います♪


http://blogs.yahoo.co.jp/bai03252003/66151976.htmlに、
中村美津子さんのブログに
カーネーション、打ち上げの様子が
書かれてました♪




ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
糸ちゃん涙
クリックしたら、全部が見れます♪
打ち上げ糸ちゃん
打ち上げ

亡くなったのは
周防さんの奥さんでした。
出演者の名前の中に
周防さん(写真)の名前があったので、
ああああああ、
やはり周防さんがなくなったのだあああああ
と、心臓バクバクしながらお話がはじまり・・・
周防さんの奥さんだということを、
組合長さんからきいたのでした。
「周防のなあ、カミさんや」
周防さんとの思い出が
走馬灯のように(使い古された言いまわし。お許しください)
糸ちゃんの心のなかを駆け巡ります。
周防さん、
この先、また糸ちゃんと会うことはあるのかな?
あるなら今週中にしてほしい。
綾野周防と、夏木マリ。
この組み合わせは別に見たくないから、
糸ちゃんと周防さんを会わせてあげるなら
今週中にたのんまっせ、NHK.


で場面は変わり、
聡子は頑張ってはおるけれど、
まだまだ看板を
継がせるくらいの器はないみたい。
「そんなら、婿とろか」
昌ちゃんも、
「男前の婿とろう」
と意見が一致。
小原家はホンマに、都合さえよければ
どんなんでもエエという感じ。

そんときに安岡美容室のおばちゃんが
余命半年という知らせ。
ああ、時代がどんどん変わっていく。
さみしくて悲しい・・・やんけ!
しかし、そのあと、宇宙人の怒りが爆発!
糸ちゃんはお母さんが
作ってくれたお弁当をもって
お見舞いに行っている。
それは非常にいいことだ。
しかしである。
安岡のおばちゃん・・・

「戦争行って
日本軍が悪いことしたらしい。
勘助はやられてあないなってしもたんや
と思っていたが
あの子がやったんや・・・」
というセリフ。
戦争は殺し合い。
殺すか殺されるか。
あの当時、赤紙一枚で戦争に行かされて
命をささげたというのに、
これではまるで、
勘助が悪いみたいではあ~~~りませんか!
勘助や平吉の犠牲のもとで
今ある平和。
おい!
安岡のおばちゃんよ~~~!
勘助をほめてやってくれ!
手を合わせて、辛かったやろけど、
おまえのおかげで、
戦後、幸せにくらせたよって、
言ってやってくれ~~~~!




ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

直子が結婚しました。
優子も直子も、
いつの間にか、
優しげで、都合のいい男を見つけてきて
さっさとと結婚。
小原家って、優しくて、
影の薄い男と結婚し、
女はバリバリ働く・・・という図式。
でも、優子も直子も
デザインの才能はあっても、
商才はあまりないようで、
余った生地は糸ちゃんに送りつけ、
糸ちゃんが売りさばくのです。
ここで、優子や直子の亭主が
よっこらしょっと生地をかつぎ、
売りさばいてきたら株があがり、
一躍脚光を浴びるのでしょうが、
なかなかそんなこと、できませんからねえ。
でも。聡子には商売の才能もあるみたい。

時代はどんどこ変わり、
ジョニーやら、
白川なんちゃらいう女優が出てきましたが、
きっとモデルがいるんでしょうが、
宇宙人にはわかりませんでした。

楽しくテレビを見ている小原家に
やってきた北村ほっしゃん。
「死んだぞ」
「だれが?」
さっさと答えたらいいのに、
帰ってしまいました。
気になるやん!
誰が死んだの?
明日が楽しみとは、
不謹慎で今日は書けない。
ので、それではみなさん、また明日・・・
とだけ書いときます。



ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


アイビーやらローファーやら、
昭和40年代くらいから
流行りだしたんですかあ~~~。
ミニスカートも、
ツイッギーとかいう、
小枝ののように
細いモデルが来日して
そのころから
超ミニが大流行したような記憶があります・・・・。
昭和40年代って、
日本は高度経済成長で、
GNPが資本主義国のなかで
世界2位になったんですよね。
優子も直子も聡子も才能があったので、
世界をひっぱる
デザイナーになったのですが、
やはり、時代も景気もが
味方してくれたような気がします。
時代はどんどん移り変わり、
物語も、ついにオノマチ糸子、
最終週になりますね。
う~~~ん、さみしい・・・(@_@;)
「よう、台無しにしてくれたな!」
優子が心斎橋に店を出したいと言いだしたとき、
優子に言った糸子のセリフ。
糸ちゃんは、優子に看板を譲ろうと思っていたんだけど、
糸ちゃん、ヤ~~ちゃんみたいやん。
さみしい、むなしい・・・
わからなくはないが、
年とともに進むおっさん化。
「心斎橋の物件、おさえちゃ~~るんやったら、
さっさと出て行き」
言葉は激しく、ばばちいいが、
糸ちゃんなりのケジメらしい。
「娘の独立、見届けたで、お父ちゃん」
善作には報告するが、勝に報告はなし。
勝は本当に陰の薄いあわれな亭主でありました。

優子は独は立したけど、やっぱりなにかあれば泣きついてくる。
「こっちこの先、この店で飯、食っていきますンや!
こっちの言うとおりにやってもらわな、
かないませんえねん!」
内装業者を巻き舌でどやしつける糸ちゃん。
女が商売していくには、ここまで、
おっさんにならんといかんのか。

これからまだしばらくは看板は糸ちゃんが守る
ということで、落ち着いて・・・・
お正月には、家族全員で記念写真。
優子の亭主も参加させてもらって
仕事もなんか、やってるみたい。
あっという間に優子と直子は顔を合わせたらケンカばっかり。
直子はパリにいくらしい。
20代半ば以上になって、
みかんの皮を投げ合ってケンカするとはねえ、
元気やね~~~~~(^_-)-☆
今日のおひる、
FC2が繋がらないこと、
なかったですか?
わたしだけかな?
あれ?っと思って、
しばらくして開いたら、
いままで書いたものが全部消えていて、
あらあ、と思って・・・
今開けたら、また元通りでした。
なんか、キツネにつままれた感じです。
でもその時、じゃあ、しばらく
更新なしかあ、
と思うと、
なんか、ホッとする感情があったので、
自分でもびっくりしました。
すごく楽しんで書いているのに、
あらすじをまとめて、
好き勝手に書いているだけなのに、
なんでだろう、
毎日更新しよう!!
なんて思わず、
好き勝手にやっていくのが一番ですね。

去年からブログをはじめたばかりで、
使い方自体がわからず、
今もそうですが・・・・
いろんな方とネット上ではありますが
出会いがあって、
本当に、楽しくて、
ネットって、いいなあと思います。
ブログに、決まりごとはなく、
好きなこと、書いていきたいです。

明日あさってとちょっと休憩して、
28日、3日分の糸ちゃん、
感想書きたいと思っています♪
すっかり
昔を懐かしむ糸ちゃんになってしまって・・・・。
お母ちゃんは糸子、
どないしたんやと、心配してるようす。
感傷的になってる糸ちゃん。

一方、同じ店にいながら、
従業員を通して会話する直子と優子。
直子は、優子とはなしをするのに、
ほっしゃんがいてくれなきゃ、話しにくい。
直子は心斎橋に移るという。
「お客さんとか、従業員とかどうすんねん?」
怒る優子に、
「あんな店、どうでもええ。
うちはあんたが目障りやねん。
あんたのおらんとこで、店、やりたいねん」
「そんならうちが店やめる」
というわけで、
優子は東京の直子の店のお手伝いをやめて、
岸和田に帰ってきました。
直子、って、負けん気強すぎ。

一方、糸ちゃんは優子を店のカシラにして、
小原の看板を譲る決意をします。
「そんなん、早すぎませんか?
先生がそんなん言うの、いやです」と言う昌ちゃん。
時代は変わって、若い人にバトンタッチ。
今日のお話はさみしすぎ。
糸ちゃん、ほうれい線もない、若い顔して、
なんで、引退すんの!
見てて、泣けてくるやんか!
その上、悲しげに音楽が流れ
いややあああああああ!
その上、優子が
「はなしがあんねんけど」
と言ってきて。なんやろ、話って。

しかし、優子のヘコタレご亭主、どこ行ったん?
優子が東京に子供を連れて行ってる間、
どこでなにしてたん?
仕事はしてんの?
謎や。


ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
なんでえらいこちゃの巻かというと・・・
いつもはカーネーションを朝見て、元気を出して、
昼も見れる時はまた見て、
自分の好き勝手な時間に録画しているのを
また見ながら、
独断と偏見に満ちた
自分勝手な感想を書いて
楽しんでいるのですが、
今、録画を見直そう思ったら、
入ってない・・・・なんでかな?
悲しいヮと思いつつ・・・・
でも今日もおもしろかった!
トリヤマさん。
超ミニスカートを破廉恥って大激怒。
「金輪際、この店には来ない」
って言ってましたね。
その後の糸ちゃんがまたいいですね。
「もうこれで来えへんようになる!」
って、大喜び。
ここで、聡子にどやしつけるんでなくて、
ここがホントにこのドラマのいいところ。
聡子のデザインは
トリヤマさんには受け入れられなかったけど、
ビートルズ大人気のロンドンでは、
みんな、超ミニスカートの時代になってる。
ミチコロンドンは、
もうここからはじまってたのか~~
と感じたのでした。
一方、ほっしゃんは
心斎橋にいい空き店舗があるとか何とか言いだして、
糸ちゃんにすすめます。
糸ちゃんは断るけど、
この時代に心斎橋に
ビルやら土地やら購入しとけば、
のちのち、大金持ちよ~~~(*^_^*)
直子は心斎橋の店のはなし、いいと思ってるみたい。

で、今日、印象的だったのは、
ほっしゃんと糸ちゃんとが
正絹と思ってた布を燃やす場面。
ほっしゃんの表情。
ほっしゃん、糸ちゃんにほれてるんだろうけど、
う~~~ん無理やね、やっぱり。糸ちゃんは面食いだから。
ごめんね、ほっしゃん(^_-)-☆





ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
昭和38年。
オーダーメードと既製服の割合は3:7になりました。
時代はすっかり洋服の時代です。
優子と直子が送ってくれるデザイン画を
糸ちゃんは勉強しているのです。
時代の流れは感じているし、
もう優子や直子の時代に
なっていることも感じているけど、
いくつになっても一生勉強。

聡子もデザイン画は
もう一人前にできるようになってきて・・・

と、そこに、洋菓子屋のトリヤマさん。
すごい個性的なおばちゃん。
大阪にはいるねん、、こんなタイプのおばちゃんが。
糸ちゃんの服は婆くさいといって、
聡子を指名。

糸ちゃんは、気がついたら51才。
自分でも驚いていることでしょう。
去年の9月は子供やったんやから。

数か月前までは善作父ちゃんもとっても元気。
怒りの頂点でケーキをたたきつけるシーン。
糸ちゃんの顔に、
パイ投げみたいに投げつけるのか・・・
と思ったら、さすがにそこはHNK。
ちゃぶ台にたたきつけました。
回想シーンが懐かしい・・・。

みている私も、
糸ちゃんと一緒に年取った気分。
聡子はトリヤマさんのデザインを、
糸ちゃんにではなく、優子に助言を求めます。

自分の時代は終わったのかも・・・・。
糸ちゃんは引退の時期を考えている様子。
でも、実際のコシノアヤコさん。
これからあと、40年も生きんねんけど・・・ね。




ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございました。
ほっしゃん

突然ほっしゃん出演のスタジオパークがはじまり、
おもしろく見ました。

オノマチとの掛け合い、おもしろいですね。

ツイッターにも、オノマチのお返事が書き込まれていて、笑っちゃいました♪


http://twitter.com/#!/hosshyan
「机にじい~っと座って勉強スンのは
ホンマにようせんねん」
聡子は洋裁学校に通い始めてすぐから、
やめたい、と言いだします。
「なんでも最初の基礎ちゅうもんは、
机に座って勉強するもんなんや!」
糸ちゃんは激怒。
しかし、だれでも、机の前に座ることはしても、
じいっ~~と机に座ることなんかできへんよ。

ふつう、座んのは椅子やからね!
という、突っ込みのないまま、物語は進行。

中学時代の学校の先生が
小原洋裁店の前を通りかかった時です。
思わず呼び止め、
洋裁学校をやめたがっている
聡子のことを話す糸ちゃん。
「聡子さんは根性がある。
がむしゃらに洋裁がしたいだけとちゃいますか」
先生の言葉にピ~~ンときた糸ちゃんは、
自分が描いてきたデザイン画を
ド~~ンと聡子に渡します。
「おんなじように書けるようになったら、
洋裁学校、やめてもええよ」
と、いうことです。
聡子もやっぱり才能があるんですね。
夢中になって、デザインがを描き続けます。

一方、東京の直子のお店。
直子は東京に馴染んで、東京弁になってます。
取材は来るし、いい感じ。

岸和田に月一で帰ってくる優子。
直子の嫌がる仕事を優子が引き受けているうちに、
優子の服も売れだします。

デザイン画の勉強をする聡子に、
優子と直子が昔、描いたデザイン画が届きます。
みんなちがって、みんないい・・・
天才のデザイン画ですもんね。

そこで、驚きなのが、娘たちのデザイン画をみて、
ライバル心を燃やす糸子です。

いくつになっても勉強。
その気合がすごいですね。



ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
こんなかわいい時代がありました(^_-)-☆
子供の時の糸子

子供時代の奈津。究極のお嬢様の雰囲気が絶妙でした。
幼少時の奈津

朝寝坊ばっかりしてました。
朝寝坊の糸ちゃん

洋裁を仕込んでくれた根岸先生。
お元気でしょうか。


根岸先生

駒ちゃんにお洋服つくってあげたら、
涙を流して、喜んでくれました。
でも、お金をもらわなかったから、
善作父ちゃんが激怒したのでした。


駒ちゃん

糸ちゃんが働いた紳士服店。忘れられない店主です。
この店で、勝さんと出会いました。


ロイヤル店主  団時朗

勝さんとの結婚式。

陰の薄い、ツルベの息子、勝さん。

子供も次々生まれ、
おじいちゃん、おばあちゃんたちも
みんな元気でにぎやかでした。


おじいいちゃん、おばあちゃんたち。

忘れられない勘助。天国で幸せでいてほしいぞ!

勘助

善作父ちゃん。

善作父ちゃん

さあ、これからは、優子、直子、聡子の時代ですね。
突然写真がちっこくなっちゃたああああ●~*


優子と直子

これらの写真は、パソコンのカーネーションの写真集からお借りしました。
ぜん~~ぜん、
糸ちゃんは気にとめてやらないけれど、
聡子はテニスで全国優勝をはたします。
いったいどこまで才能に恵まれてんねん、この姉妹。
そんで、やれるとこまでやったよって、
と今日限りでテニスはやめると宣言。
「これからなにすんの?」
驚くおばあちゃんに聡子は言います。
「洋裁や」
そう、おとなしくて、
感情を外を出さなかった聡子だけれど、
お母ちゃんと、お姉ちゃんたちは仲間で、
自分だけ
離れているような気がしてさみしかったんです。
お姉ちゃんたちが
取っ組み合いのけんかをしていても、
ヘラヘラ笑っている
ちょっとたよんない子と思われていた聡子。
「さみしいから」
聡子の言葉は糸子の心にも沁み入ります。
試合で訪れていた東京。
試合会場近くにホテルをとればいいものを、
聡子はお姉ちゃんたちのアパートに泊まりました。
部屋の中の、いろんなデザイン関係の品々。
聡子の心は、この時には、決まっていたのです。

一方、直子は
優子が店を手伝ってくれるようになって
ちょっとはお客さんが、
店の中にはいってきてくれるようになります。
「こんなカラスみたいな服・・・」
と言うお客さんに対しても、
優子は愛想よく、対応してくれます。
やっぱり優子は一番上のお姉ちゃん。
優しい子と書いて、優子のとおり、
やさしいおねえちゃん。
実のきょうだい、
姉妹ってやっぱりかけがえない。

でも来週はその優しい優子が何やら激怒。
聡子も、時代を先取る洋服作って、
お客を怒らせている様子。
またまたひと波乱もふた波乱もありそな予感。
オノマチ糸ちゃんもあと2週でおわり。
心して、毎日みようと思います。




ドラマ ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございました。

聡子は気がよくて手がかからず、
勝手にテニスの大阪府大会で優勝。
優子は子供をおばあちゃんに世話させたらかわいそうと、
子供と離れてお仕事。
問題は直子。
芸術的な作品と、芸術的な気質がなかなか受け入れてもらえません。
直子を助けてやらんとアカン。
みんなの反対を押し切って、優子は直子のために東京へ。
やっぱり、姉妹やね。
どんなに喧嘩しても、姉妹ってやっぱりええね。
そしておばあちゃんの優しさ。
「これ、あんただけとちゃうよって、遠慮せんでええで。
なおちゃんに、うなぎでも食べさせてあげて」
そっと、お金を優子のカバンに入れてくれます。
それに比べて糸ちゃんは、
ますます善作化してる。
するめをかじって、冷酒飲んで。
よっぱらって聡子にからむ姿はおっさんそのもの。
直子の作品はあまりに時代の先取りしてて理解されない。
現代人の宇宙人にもわからない。
だから昭和30年代の人には絶対わからんだろう(@_@;)
わかっているのは優子と直子と聡子と、
のちの天才たちだけ。
糸ちゃんは幸せな人だなあ。
こんなに想いあう、いい娘たちがいて。




ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
SMAPがNHK連続テレビ小説の主題歌を初めて担当する。
女優堀北真希(23)が主演する「梅ちゃん先生」(4月2日スタート、月~土曜午前8時)の主題歌に、
SMAPの新曲「さかさまの空」(発売未定)が決定したことを15日、同局が発表した。
同枠の主題歌を担当するのは、ジャニーズ事務所タレントとしても初めて。
国民的グループは意欲的に新しい仕事に取り組んでいる。

NHK岩谷可奈子プロデューサーはSMAPの起用理由を
「デビューから20年、日本のエンターテインメント界をけん引し、
多くのファンを笑顔にしてきた彼らの歌声が1日のスタートを笑顔にしてくれると確信し、
お願いすることになりました」と説明した。
「梅ちゃん先生」は主人公(堀北)が町の医者として
戦後の激動の中を生き抜いていく姿を描く。

作詞はSMAPのヒット曲「Dear WOMAN」を手掛けた作詞家麻生哲朗氏が担当。
同曲は女性への応援歌だったが、
今回もドラマの内容から、頑張る女性を応援する内容の歌詞になる予定。
また、朝のドラマにふさわしく、
ミディアムテンポの明るくさわやかな楽曲になりそうだ。


日刊スポーツ記事からの抜粋です。
昭和36年。
東京の百貨店で店をはじめた直子。
苦戦しているみたいです。
糸ちゃんが7時間かけて東京の店に行ったら、
火星人みたいなデザインの
服を着た直子が
百貨店のエライさんに怒られています。
デザイナー仲間の
じゃがいもゲンタが制作した
凡人がみたら
ガラクタにしかみえないオブジェを
片づけろ!と言われているのです。
女性客は奇抜なデザインのパンタロン
(なつかしい呼び名だあああ)
を、はきにくい!作り直せ!
と文句言ってきますしねええ・・・。
直子の店の従業員も
直子への忠誠心が全くなさそう。
直子は直子でお客に
「ありがとうございました」
が、ちゃんと言えないし、
商売って才能だけではアカンのですね。

しかし今日の糸ちゃん。やっぱり親でしたね。
「若い子のやることは、自分にわからんでも、
間違ってるとは限らんということおぼえた」
糸ちゃんも若い子たちの世界を目指す夢のお手伝い。
せっせと食料を直子や友達の分も送ってやります。

次は、聡子です。
ほっしゃんから聡子をプレタのデザイナーに育てちゃる
という申し出。もちろん、受けるのでしょう。
さあ、いよいよ、小原三姉妹、
大活躍の時代が近づいてきました!





ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございました。
NHK朝ドラ「カーネーション」が
月、火、水曜と連続で20・7%をマークした。
土曜にも20・4%と、週4度の20%超。
木曜には東京の服飾専門学校から帰省した次女が
コシノジュンコそのまんまのスタイルで登場するという
意表を突いた演出で19・6%。
金曜には主演の尾野真千子が続いて
8時15分からの情報番組「あさイチ」のプレミアムトークにゲスト出演し、
「朝ドラ秘話」を披露。
こちらも16・2%
(前4週平均より4・5ポイント増)に押し上げた。

(1)連続テレビ小説・カーネーション
     (6、7、8日)NHK 20.7%


やっぱり、
関西だけでなく、
全国的に高視聴率!
だって、
おもしろいですもんね!


産経エンタメニュースより
サンローランは言ったそうです。
「極度にシンプルにする事こそ
明日へのシルエット」
シンプルもシルエットも
糸ちゃんにはナンのことかわかりません。
テニスで秩父宮賞をとって、
親おもいの、やさしい聡子も頑張っている。
時代は大きく変化している。
糸ちゃんは
自分が何を追い求めているのか、
わからなくなってきています。
47歳の糸子。ちょっとしんみりして・・。
イヤヤああああ、
しんみりカーネーションは!

と、そこへ、サエちゃんが来てくれます。
サエちゃんは今、
高級クラブのママをやっていて、
時々糸ちゃんの店に
従業員をつれて来てくれます。
流行を追わず
「はやっちゃったら、ええんと違う」
といいます。
「欲は出さない。
ほしいもんはただのいっこだけ・・・・男だけ」
サエちゃんは実に明快です。
糸ちゃんは欲張りすぎだったのか。
悩みの種はそれやったのか。
糸ちゃんが本当にほしいものって何なのか。
「人生っちゅうもんはやさしいもんで、
何がほしいか、よういわん人間の手にも
急にぽこっと宝物をくれることがあります」
優子が生んだ初孫を抱いて
満面の笑みの糸ちゃん。
もっともっとと頑張るのもいい人生。
今の幸せに気づいて、
幸せを喜ぶのも、いい人生。
走り過ぎてきた糸ちゃん。
ちょっと速度を落として、
ゆっくり楽しみながら生きるのもいいですね。
でも、ずっとゆっくり楽しみながら・・・
の、はずはないですけど・・・ね、
この糸ちゃんが(^_-)-☆




ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

ご訪問、ありがとうございました。もしよければ、クリックをお願いいたします。
「とっととウチを追い越して、
前走ってくれんと困る」
一生にいっぺんしか言わないことを
せっかく直子が言ったのに、
小原洋装店はほっしゃん逮捕で大騒ぎ。
糸ちゃんデザインの既製服。
売れ残りの洋服に、
組合長さんの話では、
「でおーる」の
チャッチイタグ付けて売ったらしい・・・アカンヤン
「勢いはあっても、
信用も人望も薄い」・・・ほっしゃんカワイソス
「かんにんしたってや」
組合長さんはホント、温かいひとですね。
優子は小原洋裁店を
盛り立てていこうとう気になって、
大喜びのはずの糸ちゃんですが、
完全に善作化して、
素直に喜びを表せません・・・・テレやね。
直子の友人も大きな賞をとって、
めでたいことが続き、
いつの間にか、優子の結婚式。
「初犯やからぶちこまれることはないやろ」
組合長さんの言った通り、
ほっしゃんは出てきてました。
祝いをもって
小原洋装店前をウロウロウロウロ。
「おっちゃんも式に出てや」
と言ってもらえたら出るつもりで、
ちゃ~~んと紋付袴の正装です。
「おれなんか出たら迷惑かける」
といいつつも、
「おっちゃんが出てくれへんかったら、うち、いやや」
優子に言われて感動しきり。
新山千春とヒシッと抱き合うほっしゃん。
こんないい役、
今後絶対ないよ、
ほっしゃん、よかったね!
でも、優子、
あんなへこたれ坊やと結婚して大丈夫?
明日も楽しみ!




ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
優子をかわいそうにおもうのは私だけでしょうか?
失敗しながらも、
一歩ずつ
がんばっていこうとしている矢先に、
直子が大きな賞をとったと連絡が入ります。
優子がとれなかった賞です。
「おめでとう」
と直子に伝えるけれど、
優子の心は悔しさや、
今の自分の不甲斐なさでいっぱいです。
春太郎も、中村冬蔵を襲名し、
まわりは着実に進歩している。
なんとかしたい。
もっと羽ばたきたい。
でも、どうしたらいいのか分らない焦り。
「東京まで学校いかさせてもろて、
何不自由なく暮らさせてもろて
何が不満やねん!」
という感じの糸ちゃんですが、
つらいときはつらい。
元気が出ないときは出ない。
学校を出してもらって、
食べて、屋根のある部屋で寝て・・・
それだけでも幸せだし、恵まれてはいるけれど、
それだけではないのが人間です。
もっと上を目指したいという気持があるのです。
直子も優子の才能を認めていて、
広い世界でがんばればいいと、
直子なりのエールを送っているけれど、
今の優子には伝わりません。
そんなところに警察が!
北村ほっしゃんが逮捕されたらしい。
そういえば、
以前の失敗作が売れたといって
糸ちゃんにお金を持ってきてました。
なんのお金やったん????

↓で、ちょっとここからネタバレ・・・
といっても
だれでも知っていることでしょうが


あの売れなかった
糸ちゃんデザインの既製服に、
フランスのメーカーのタグを縫いつけて
ほっしゃん、
売りさばいちゃったんだそうです。
それは詐欺ですわね。
しかしタグがフランス製なら売れてしまうって、
本当にいいものってなに?
と不思議な気持ちになりますね。

今日の15分もあっという間でした。
これだけいつまでも
おもしろい朝ドラってはじめてですよね!


北村ほっしゃん

ほしゃん、わろてる場合とちゃうで~~~●~*



ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございました。お帰りに愛のクリックをお願いいたします。
昌ちゃんこと玄覺悠子(ゲンカクユウコ)さん。

同一人物とは思えない・・・

かなりの美人では

あ~~りませんか!!





日記・雑談(50歳代) ブログランキングへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
直子が出会った三人の友達たち。

天才だと直子は言います。

「きっとええ洋裁士なるんやろな」

おばあちゃんが言います。

冒頭の写真の人たちがその後、

世界で活躍デザイナーたちだ、

と思うと、すごい写真だと思いますねえ。

一方優子は岸和田の小原洋装店で修業中。

なんでも気まじめな優子は

妊婦のお客さんの仮縫いに時間をかけすぎて、

お客さんは倒れてしまいます。

原作にも書いてましたよねえ。

まじめすぎて、まだ臨機応変、

悪くいうなら適当ということが出来なくて、

一生懸命すぎて痛々しい。

才能もあるし、やる気もあるし、

がんばりすぎるほどがんばっているのに、

思うようにはいかなくて・・・・

というところに、

直子が大きな賞をとったという連絡が入ります。

ああ、なんとなく~~優子がかわいそう・・・。

来週は北村逮捕!!!???

またまたすごくおもしろそうで楽しみ!




ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
ご訪問してくださって、ありがとうございました。
もしよければ、お帰り前にクリックをお願いいたします。
風邪ひいちゃいました~~~●~*

今、インフルエンザ、大流行ですよね。

インフルではないけれど、

昨日夜から咳鼻水喉のイガイガ、微熱にお腹がぐるぐる~~~(@_@;)

昨日の綾野くんの映画情報の画面をみて愕然!

ちゃんと見直ししないでUPしてしまって、

すごい画像に変な文字が乱れ飛び、

ちょっと修正。

綾野くんの映画情報として残しました。





9日、都内にて映画「ヘルタースケルター」撮影現場会見が行われ、主演の沢尻エリカ、監督の蜷川実花らが登壇した。

同作が約5年ぶりの映画主演となる沢尻エリカは「今この瞬間を笑顔で迎えられて嬉しいです」と感激のあまり瞳を潤ませながらコメント。劇中に多数登場する濡れ場を演じる際には、共演の寺島しのぶも「思い切りがすごい」と驚くほどの潔い“脱ぎっぷり”を披露しているいい「私ラテン系だから。大人の事情でR指定とかあってめんどくさいんだよね。原作をリスペクトしてるので、腹くくってます」と語気を強めた。

◆エリカ「その質問自体おかしい」と一蹴

映画「ヘルタースケルター」は第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した岡崎京子の同名コミックを実写映画化。世界的フォトグラファー・蜷川実花がメガホンを握り、全身整形でトップスターへ上り詰めた主人公・りりこ(沢尻エリカ)が次々と事件を巻き起こしながら「美・名声・金・愛」の欲が入り乱れる芸能界を疾走するパワフルな生命力を描く。

劇中のりりこの衣装で報道陣の前に現れた沢尻エリカは「何でも聞いてください」と終始ご機嫌で「現場では私自身も戦ってる感じ。支えてくれるスタッフとキャストのみんなのおかげでやってこれて、ありがたいです」とにっこり。撮影は和気あいあいと進んでいるようで「まだまだ先だけど、打ち上げが楽しみです」と茶目っ気たっぷりに語った。

原作の大ファンであり、実現までに約7年の歳月を要してもなお「絶対に映画化したい」との思いを叶えた蜷川実花監督は「前日のシーンのことを何も覚えてないくらい完全燃焼してます」と手応えをアピール。りりこの後輩モデル・吉川こずえを演じる水原希子は「豪華なキャストの皆さんの中で緊張して固まってました。蜷川さんとはモデルの時に会ってるので、やさしく声をかけていただいてます」と話した。

報道陣から「原作の過激なシーンはどう表現している?」との質問が飛んだ際には、沢尻エリカが「作品がそもそも過激じゃないですか。その質問自体おかしいですよ」と一蹴し笑いを誘う場面も。かねてより同作の映画化を熱望していた彼女は「原作の世界観にどこまで近づけるか。乞うご期待です」と揺るぎない自信を見せた。

会見には大森南朋、寺島しのぶ
綾野剛新井浩文、鈴木杏、哀川翔、寺島進、桃井かおりも同席。映画「ヘルタースケルター」は7月14日、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。(モデルプレス

綾野さんはどんな役でしょうね。

時はアイビールックの時代です。

でも、それをなかなか理解できない糸ちゃん。

東京の学校を首席で卒業して岸和田に帰ってきた優子。

もう彼氏が出来ていて、おばあちゃんは大喜び。

婿養子になってもいいという彼氏がやってきます。

仕事も世話してください、という彼氏。

なんか、胡散臭くない?????

演じる役者もなんとなく胡散臭い感じ・・・・がする。

「ねえ、好きよ」

「僕だってすき」

勝手にしていけれど、私だったらこんな男きらい。

糸ちゃんも好きではない見たい。

意見があって、ちょっとうれしい。

一方直子は、風邪・・いあやインフルエンザかも?

で寝込んでました。

そこへおばあちゃんが来てくれます。

年取ってんのに、といっても、

昔の人だからばあさんにみえるだけで、

たぶん、私とおんなじでくらいの年でしょう。

それでも、岸和田から東京は遠いですよ。

このおばあちゃんはホントにあったかい。

神戸のおばあちゃんはいつの間にか亡くなっていて、

おばあちゃんと並んで寝ながら、思い出話。

気の強い直子もおばあちゃんの前では涙も流す。

やさいいおばあちゃんの前でだけ、

直子は素直になれる(*^_^*)

このおばあちゃんがいてくれたから、

糸ちゃんは仕事一筋でこれたんでですね。

感謝せえよ!おい!糸子!




ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
尾野真千子さん

今、朝イチのオノマチのプレミアムトークを観終わって、

なんか今日のカーネーションが飛んでしまいました。

朝イチがはじまって次々と懐かしいシーンが出てきて、

もう胸がいっぱい(^.^)/~~~

「小原糸子じゃあああああ」

と勘助をいじめるやつらに飛びかかるシーン。

泣きながら

パッチ屋で働かせてほしいと

善作父ちゃんにたのむシーン。

善作父ちゃんに殴られるシーン。

結婚式のシーン。

勝が出征するシーン(なぜでしょう。ここだけは冷静に見れた)

勘助も善作父ちゃんもまだ元気なころで、

懐かしい・・・というほど時間はたっていないのに、

宇宙人の頬には涙が流れ、

人の一生の壮大なドラマを見ているのだなあ、

ああ、カーネーションはいいわあ、

と改めて感動したのでした。

そして、周防さんと抱き合うシーン(*^_^*)

オノマチはずっと岸和田弁で話してくれて、糸子のまんま。

本当は人見知りで、おとないいひとなんですね。

ほっしゃんや

善作父ちゃん、

お母ちゃんのインタビューもよかったですね!

勘助や周防さんのインタビューもあるかと期待したけど、

それはありませんでした(残念!)

でも、よかった!

いまはこの感動に酔いしれて、

午後からまた今日の感想を書くことにします。
コシノ三姉妹と糸ちゃん

さすが、
本物のコシノ三姉妹は迫力ありますね!
糸ちゃん

明日の朝イチは
尾野真千子さんですよ~♪


「うちは世の中に遅れとってしもてる」

100着、糸ちゃんデザインの服を作ってしまってから

糸ちゃんは気づきます。

北村ほっしゃんは大損害を受けているはずです。

「うちの責任や。残ったぶん、全部買いとっちゃら」

力なく言う糸ちゃんに、北村ほっしゃんは言います。

「お互いの損で痛み分けや」

ほっしゃん、ええとこあるやん!

「かんにん。悪いことしたな」

と頭を下げる糸ちゃん。

でも糸ちゃんは凹んでばかりはいません。

「また一から出直しや!」

そう、人はいくつになっても出直せるんです!

その糸ちゃんのDNAを受け継いだ直子。

ついに大変身をして始動です。

コシノジュンコさんにあまりにそっくりで、びっくりです(^。^)

未来の天才デザイナーとなる友人たちも

実家に遊びに来てくれます。

立体裁断の先駆者である糸ちゃんに

教えを請う未来の天才デザイナーたち。

糸ちゃんも負けてられないですよね!




ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございました。よろしければ、クリックをおねがいいたします。

 | BLOG TOP |  NEXT»»