プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

「あのう、すいません」
内科病棟にいくと、
そこには松岡がいました。
「梅子さん昼食食べる時間ありますか?」
「あります!
もちろん、そちらのおごりならね!」


自己中的に書いている感想であり、
ところどころ、内容を変更しておりますので、
気分を害される恐れがあります。
ご注意ください。

続きを読む>>

梅子が夢にまで見た日替わり定食をついに
食べることが出来ることになりました。

アジフライに、キャベツ、煮物、青菜、香のもの
わかめの味噌汁にどうもこれは麦飯みたい。
かなりのごちそうじゃ~~ん!

「これが日替わり定食かあ!!!」
喜びに満面笑みの梅子。
一緒に食べるのは、弥生に松岡、
山倉です。山倉はしばらく見かけないから、
肥えダメにでも落ちて
どうにかなったかと思っていたら、
ちゃんと元気にしてました。

山倉は雪子にふられたみたい・・・。

一緒にご飯を食べると、食欲減退するほど、
やっぱ、濃いヮ、山倉の顔・・・

「そのうち検査室に行くと思いますが、
その時は注意してください。
体調を万全のときに行くほうがいいですよ」

何かあるのかな?た・の・し・み・や~~ん!
食後は山倉と弥生は
お仕事に行ったのか、
いなくなり、松岡とふたりで
食後の会話を楽しむ?梅子。
「あのときは、あのままになってしまって
すいませんでした」
あのままって、どのままやった?
忘れた宇宙人。

恋愛小説を読むようになって、
今はトルストイを読んでいるという松岡。
カチューシャ恋し、ってやつでおますか?

午後は下村教授・・・
つまり梅子の父ちゃんの回診です



「財前教授の総回診です!]

こんなアナウンスはどこからも流れませんが、
梅子の父ちゃんはエラそうに歩いて行きます。
そのずっと後ろに松岡。
自分の父親を尊敬している
という男と結婚したら、
マスオさん状態にして、
梅子はしたい放題の
一生苦労知らずでありましょう。
トリビアが頑固だから苦労といっても、
自分の親ですからね、
梅子、松岡が多少変わり者でもいいから、
結婚しなさい。結婚生活の苦労は
最小限で済みますよ。

耳鼻科の実習。
綿棒で鼻ん中をぐりぐりされる役者さん。
次はもっといい役が回ってくること、
祈っております。
そのお隣では、
誤飲の子供がはきだしたおもちゃのようなもの、
耳鼻科の指導教官は
コレクションにしているみたいですが、
普通、返すべきではないですか?
泥棒ですね。

一方、松子はまた見合いをすすめられています。
「君もいい年だろ?」
肩たたきってやつですかね?
家のほうではまた
あの気持ちの悪い顔の工務店の営業マンが
饅頭を持ってやっています。
松子に惚れてるのは確実です。
「いいかたいたら紹介してくださいな」
母ちゃんに言われてキモイ顔をゆがめて苦笑い。
「お隣は家を建てるご予定はあるのでしょうか」
これが第一の目的の営業マン。
建てるわけないでしょ、鶴太郎一家が家なんて・・・。
松子はモテるが、
キモイのばっかり・・・・。

優秀だった松子も会社ではお局状態。
居づらいでありましょう。
弱音も出て、お気の毒。

梅子は今度は外科に配属。
麻酔なしで縫われる患者。
「いたたたた!!!!」
担当医師は「痛くない!」
というけれど、痛くないはずがねえ!
痛くないってなら、
テメエが縫われてみやがれ!ばっかも==ん!

包帯巻きも研修の一つ。
そこにやって来ました!
「これ、検査室にもっていってくれ」
山倉が言ってましたね、
検査室に行くときは注意するようにって。
さて何があるのか、誰がいるもか、
楽しみじゃ==ん!
梅子が検査室に行くと、そこにいたのは・・・・


大河内教授ではありませんか!
同じく病理学教室の教授として
浪速大学医学部から、
帝都大学医学部に
ご栄転されていたとは!



そんなわけ、ね===よ!
梅ちゃん先生なんだから!
帝都大学医学部
インターン試験の面接です。
「この病院にはすばらしい先生が
そろっておいでです。
いい環境で学ぶことが出来ると思い
志望しました」
模範解答をする梅子。
すると試験官の一人である
梅子の父ちゃんが言いました。
「いい先生なら他の大学にもいます。
それだけではこの大学を
希望した理由にはなりません」
言葉に詰まった梅子・・・・。
しばらく考えて笑顔で答えました。
「この大学の日替わり定食がよ~、
どえりゃあ、うみゃあて、訊いたでよ~
毎日の生活には
日替わりの変化が必要なんやヮ。
父ちゃんが勤めとるし、
父ちゃんの給料から、
天引きしてもろうて、
腹、いっぴゃあ、
食いてゃあと思っとるん。
食べるだけが楽しみだなも。」
梅子の答えに、試験官一同は、
顔を見合わました。


放送とはほんの少しだけ、
変更しているところがあります。

続きを読む>>

日替わり定食のことは
食い意地がはっているので
つい、言ってしまったけれど、
ヒロシ君を助けた立派な医者が
この病院にはいるから、
その先生の教えを乞いたい、
と切々と語り真摯な姿勢もみせる梅子。
試験官たちは梅子の父ちゃんのほうを
ちらっと見ています。
梅子が建三(トリビア)の娘だってこと、
全然顔は似てないが、知ってるみたい・・・
同僚の娘を
落とすわけにはいかんでしょう、

梅子は、
帝都大学のインターン試験に合格。
医専も無事卒業できて、めでたしめでたし。
卒業証書を持った帰り道、
ノブオと出会った梅子。
「これからまだまだ研修が続くのよ~」
と話すと、
「それなら追い越せるな」
と答えるノブオ。
ノブオ、がんばれよ!
タケオが急に老けたので、
あっさりノブオに乗り換えた宇宙人。
輝く未来を祈ってるよ!

昭和26年4月。
帝都大学医学部に梅子は今日から
インターンとして研修するのです。
梅子は、最初は耳鼻咽喉科に
配属が決まっていました。
「耳鼻科はどこですか?」
尋ねる梅子に、
「耳鼻科の外来は~」と
外来を教えそうとする美人の看護婦さん。
「いえ、私、インターンなんです」
梅子が言ったら、
「インターンなら医局でしょ。
ここは病棟ですよ」
豹変して、冷たい対応。
医局に行けば、指導の看護婦さんに
「初日から遅刻!」
と、怒られ、
「これからは一番早くに来て、
一番遅くに帰る。
それがインターンです!」
と、厳しいお言葉。
ま、職場にいじめは付き物ですから、
負けずに頑張らなければね、う・め・こ!
指導医も変な人です・・・。

最初の仕事は、綿棒を作るお仕事です。
今はみんな使い捨てだろうけど、
昔は手造りなのね。
梅子の作った綿棒で、
患者さんが細菌感染しないことを
祈りましょう・・・。

弥生は外科に配属されて、
清潔一番、手洗いのおけいこです。
ああ、大忙し・・・みたいですが、

梅子はのんびり、
お年寄りの患者さんを
内科病棟にご案内業務です。
やっと内科に辿り着いた梅子。
そこには医者の格好をした
松岡がおりました。
3年ぶりの再会です。

松岡はここにいました。
さて、山倉はどこにいるのでしょう?




ドラマ ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問してくださり、ありがとうございました。
昭和26年の年が明け、
下村家の新築工事が終わりました。
隣の安岡家との境界線の問題は、
安岡家が命と引き換えに
境界線を譲ったので、
問題は一応終結したようです。
でかい家が出来た下村家。
その家のまえで歯を磨く鶴太郎。
「人の家の前をうろうろするな!」
とトリビア。
「ホントは俺んちの土地だ」
「誰のおかげで
病気を治して貰ったと思ってる?」
「外科医のおかげだ、ぼけ!」
鶴太郎は心の中で言いました。


一部、放送と内容が違うところがあります。

続きを読む>>

卒業の年になり、
インターン先を
探さなきゃならん梅子たち。
帝都大学は
食堂の定食が美味しいと聞き、
よだれが止まらなくなる梅子。

一方、安岡家は仕事が途切れがち。
貧乏のどん底の一歩手前あたり。
仕方がないから
ノブオも鶴太郎も昼間っから
ふて寝しています。
「梅子んちはいいなあ。
家も新しくなって。
ウチの親父は頭が古すぎんだから」
ノブオはずっと
鶴太郎父ちゃんに
仕事を教えてもらってきている。
自分もトリビア父ちゃんに
教えてもらってもいいかも?

梅子は思うのですが、
ノブオは父ちゃんに
教えてもらったために、
ずっと貧乏なんだけど・・・・。

そこに下村家の窓から
タケオが顔を見せます、。
急に老けておっさんになったタケオ。
その上、今日は、右ほほに
米粒付けてんのかと思ったら、
吹き出物をくっつけている。
明らかにブサになったタケオ。
家を飛び出したのに、
昔のことは水に流したように、
仲良くご飯を食べてるから不思議。

松子は今年28歳。
当時にしたら年増である。

「インターンはどうする?」
タケオに訊かれ、
「帝都大学に行きます」
と答える梅子。
しかし、試験があるときき、驚愕。
でも受験するんだそうで・・・・。

面接試験の日になりました。
居並ぶ面接官の中に
トリビア父さんも並んでいます。
「なぜ、この大学を選んだのですか?」
梅子は答えます。
「お父さんに指導してもらったら、
患者さんに誰のおかげで
病気が治ったと思っていやがる!
感謝しろ!というドスの利いた
立派な医者になれるからです」
本心を心の中で呟き、しかし、
二番目の理由を言いました。
「大学の定食をお腹いっぱい、
学生割引で、食べたいからです!
それだけの理由です!」
さて、梅子は帝都大学で
インターンが出来るでしょうか?



ご訪問ありがとうございました。
梅の木を移動させて、
敷地を拡大しようとしていた、
安岡家のおやっさんが、
ぶっ倒れてしまいました。
梅子はうめき声を聞きつけ、
外に出てきます。
苦しむ安岡鶴太郎。
梅子はお父さんを呼びに行きます。
「お父さん、大変よ!
お隣のおっさんが
梅の木を移動、してしまったわよ!


ところどころ、宇宙人の創作がはいっています。

続きを読む>>

梅子は、そんなこと、
言いませんでしたから、
お父さんは鶴太郎を診察。
その結果、胃か胆のうが、
悪いかもしれない
ということになりました。
梅子のお父さんは
内科のお医者で、
外から診断するのですから、
~~かもしれない、
としか今の時点では言えません。
「明日、うちの病院で検査だ」
お父さんは言うけれど、
安岡のおっさんは、入院し、
退院してみたら、下村家が勝手に
敷地侵犯し、
でかい家を建てているかもしれない
と心配なんです。

江美はまだ学校に出てきません。
C班で、ノートだけは、写しておいて
あげることになりました。
高学年まできたのに、
やめてしまうのはもったいない。
梅子に勉強教えてあげるくらい
勉強できるのに・・・・。
「どの世界でも脱落していく奴がいる。
彼女がどれだけ強く
医者になりたいと
思っているかにかかっている」
梅子のお父さんは言います。

ところで、お隣のおっさんの病状です。
手術をしろと、梅子の父さんに言われます。
「退院までどれくらいかかる?」
おっさんが訊きます。
「三週間くらいだ」
三週間もあれば家が建つ。
人が入院している間に、
他人の土地に侵犯してきて、
家を建てるつもりだろ!
場合によっては殺すつもりだろ!
と安岡のおっさんは怒るのだけれど、

安岡のおっさんの心配はごもっとも。
退院したら、でかい下村家の家に、
安岡の家は押しつぶされてるかもしれん・・

それだけだったらまだマシで
どっか外国で、
事故で病院に運び込まれたある男。
そこにいたのが
昔捨てた恋人の女医。
復讐に狂った女医が、
切り取ってしまったという記事、
読んだことがあります。
ナニを切り取ったかは・・・
ああああ~~許してちょうだい・・・・
お下品で・・・・

しかし安岡のおっさんも
命にはかえられぬと一大決心。
境界線はどこでも
好きなようにしてくれていいから、
手術をしてほしい、
しかしこんな感情の
こじれがあったが、
手術の手を抜かないよう、殺さないよう、
好き勝手に、趣味で、
いろんなものを切り取らないよう、
梅子からお父さんに頼んで欲しいと、
サザエさんみたいな頭の
安岡のおばはんが
拝んでお願いするんです。

あれ?梅子の父ちゃんは外科医だったか?
内科だったような気がするが・・・・

しかしそんなこと、今はどうでもいい。
梅子は言います。
「ウチのお父さんは
個人的感情で治療の手を抜く、
そんなひとではありません。
父は医者なんですから」

心底、父親を信頼している梅子。
ノートのお礼を言いに来た江美。
梅子のお父さん賛美、
医者賛美を訊いて、
なにやら考えが変わった様子・・・
江美は大丈夫。
また学校に戻って来ましたよ。
江美はいい子。

梅子はファザコン。

そういえば、糸ちゃんもファザコンでしたがね・・・・

安岡のおっさんは
梅子の父ちゃんではなく、
外科医に手術をしてもらいに、
運ばれて行きました。
これで大丈夫・・・めでたしめでたし。

さて来週はどうなるか・・
松岡ではインターン先で再会するみたい。
山倉はどうしてんだろ・・
家は建てんのか?
少し、楽しみであります。




人気ブログランキングへ
一本の境界線をめぐり、下村家と安岡家の
争いは激化しています。
自分の土地をとられたら、
そりゃあ悔しいです。
断固、戦うべきです。
しかし、江美の悲しみは
もっと深刻でした。

続きを読む>>

江美が心配な梅子。
やすこさんのお店で
勉強を教えてもらうことを口実に会って、
なぜ元気がないか聞き出そうと思いました。

「わたす、もすかすたら、
医専、やめるかもしんねえ」
梅子たちが臨床実習したときに、
江美の小学校時代の友達が
入院していました。
クマザワトいう男性ですが・・・
江美はお見舞いに行き、
昔話に花が咲き、
楽しく過ごした後のことです。
「あの人はもう長くないんだってさ。
余命半年だ」
廊下で、他の患者さんが話す、
いい加減な噂話を聞いたのでした。
しかしその後、
大学の先生に検査の結果見せてもらったら、
ホントに重病であることが分かったらしい・・・

普通は学生に病人の検査結果なんか、
見せないですが・・・
まあ、そこはスルーするとして・・・

「あんなに楽しく笑ってても
死ぬんだな・・・・」


沈痛な江美に梅子は言います。
「今の医学で、治せないんだから、
しかたないじゃない」
まあ、その通りです・・・・。
「恐ろしくなったんだ・・・
医者になって自分の患者、
助けられねえってわかったら、
どうするんだろって・・・
何十年も医者をしてたら、
何人、人が死ぬのを
みなきゃ、ならねえんだろうっと思って・・・
おら、医者をやってく、ずすんねえ」
江美は純粋でいい子だね。
ボクトツと話すから余計胸に迫り、
涙・・・・出たヮ。
こんなに優しい子は
医者には向いてないかも。
江美は学校にもう出てきません。

医者に向いてるお嬢様の雪子は
「そんなに人が死ぬのが嫌なら
内科や外科でなくて、
耳鼻科にしたら」
というけれど、耳鼻科も厳しい病気、
いっぱいあるよ。

勉強不足!
それでも最高学年か!!


お醸様たちはそれぞれ、
この先どの科にすすむか、
もう決めていて、将来が決まらないのは梅子だけ。

下村家に連日来る、
気持ちの悪い顔の工務店の営業マン。
ここの工務店は設計士は来ないで、
営業マンに設計の打ち合わせをさせている!
いい加減やな!!
まあ、そんなことはどうでもいいが・・・
その加藤だったか
気持ちの悪い営業マンに梅子は訊きます。
「少しお話してもいいですか?
吉岡さんのことです」
智司のことが訊きたいのです。
「軍医はけがや病気を治しても、
また死の待っている戦場に
送り出さなくてはいけない。
しかし平和な時代のお医者さんは
幸せじゃないですか。
患者さんの幸せを願って
治療できるんだから」

戦場に送りだすために
治療する・・・のではなく
生きるため、元気になるための
治療ができる・・
顔はキモイですが、
この営業マン、
いいこと言います。



梅子の心にポッと
灯りがともったような気がします。

で、安岡鶴太郎であります。
梅の木の位置を自分の都合のいいように、
移動させたら、自分の土地が広くなる・・
スコップで掘り起こして
移動させてやる!
と、スコップで掘り起こしていたら、
突然苦しみ出して倒れてしまいました。
天罰ですね!
と、笑っていられない重篤な雰囲気・・・。
鶴太郎、危機一髪!

家を新築する希望を胸に
梅子は患者さんを相手にした
臨床実習をしています。

横たわる
若い男性入院患者(不細工です)
女医の卵にのぞき込まれて困惑。
病気について質問する江美。
その声に、患者が反応。

「おお!江美でねえか?
久しぶりだなあ」
江美の小学校の同級生でした。
「おらが医者になって治してやる」

おびえる患者~~~。
担当指導員。
さすがに医者です。
患者を安心させる言葉をかけます。

「大丈夫。彼女が医者になる前に
治ってますから」

続きを読む>>

町内はだんだんをきれいな家が建ち始め、
梅子の顔を見ていると、
「3丁目の夕日」と混同する宇宙人。

トリビア父さんは大黒柱として、
家を建てる気になっています。

が!安岡家との境界線が曖昧なもので、
またひと悶着。

空襲で役場の台帳が焼けてしまったから、
どこが境界線かわかりません。

こうなったら一刻も早く
家を建てたもん勝ちです!


ということで、
梅子一家は家を建てることに・・・。
一方、安岡家は貧乏だから、
家を建てられないと言ってます。
「家、建てるのか?
ガキの頃はわからなかったが、
やっぱりうちとは違うんだ。
梅子も来月には医者か・・・」
ノブオは言うけど、違いなんかない。
ノブオは工場を大きくして、
これから頑張ったらいいねん!
好景気が来るってノブオは知らないだけ。
日本が一番
元気のいい時代に突入なんだよ!

のりこは結婚したみたい。
江美は今日はお休み。
江美に大きな問題が起こるらしいけど、
実家の牛が脱走でもしたんやろか?

「そうか、家を建てるのか。
お父さんとお隣の戦いか。面白い。
焼けなかった、梅の木を基準にして
家を建てたらいい」

タケオに会いに行った梅子。
タケオからいいことを聞きました。
「そうだ、梅の木を
基準にしたらいいんだ!」

てなことで、
梅の木を基準にすることにしたけど、
木と土地の境目がわからない。
昔の写真を持ってきたおかあさん。
「この写真を見たらわかるわ」
土地の境界線が
わかったつもりになったトリビア。
安岡家の主、鶴太郎に言います。
しかし、そんなことで
納得するわけない鶴太郎。
終戦直後は台帳がないから、
厚かましい者勝ち。

でかい家に住んでいる人は
厚かましかったのかもしれん・・・
ということは、宇宙人の一家は、
非常に慎ましやかな一家であったと
いうことでありましょう。

下村家と安岡家。
お互い、境界線を譲らない。
争いは続くのだ~~~~~~




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。
昭和25年。
だんだん、日本は発展してきて、
家を建て替える人も多くなりました。
バラックの家を建て直したい梅子たち。
しかしお父さんは
絶対に建て直さないと言い張ります。
「ずっと清貧のままでいく」のだそうです。



清らかな貧乏。
醜い金持ち。
人生は一度きり。
どっちがいい?

続きを読む>>

梅子は医学専門学校の5年生。
最終学年です。
実験中に、ビーカーを倒したり、
相変わらずドジで間抜けでアホです。

タケオはフロンティア貿易会社を設立。
どうしてるかと、涙を流していたら、
もう社長さんとは・・・

髪を横分けにして、
急に大人になって、
かわいくなくなったと思う宇宙人。
あかねと別れた時の回想シーン。
やっぱりあの頃はかわいいヮ。

社員のいない社長さんでありますが、
ともかく、頑張っているみたい。
梅子はタケオの会社
・・というか、事務所を訪ねます。
そこに置いてあった雑誌に
あかねが載っていました。
中島の本妻が亡くなり、
あかねは最近正式な奥さんになったらしい。
中島の本妻も哀れでした~~~
若い妾がいて、
自分が死ねば、亭主が喜ぶ・・・。
死んでも死にきれない心境だったでしょう。
化けて出てくるかも~~~~

この先、あかねとタケオがかかわることって
あるかしらん?
仕事がらみであるかも・・・。
先日の宇宙人の予想は大外れでした^^;


一方、梅子一家のバラック屋敷。
そこに加藤正和という、
気持ちの悪い男がやって来ました。
気持ち悪さでは今回、
最上級クラスです。

戦争中、智司の世話になったと加藤は話し、
そのはなしでは、やはり、
智司が戦死したのは、
本当なのかもしれないです。
加藤は次の週もやって来ました。
この男が松子を好きで
プロポーズしに来たと、
すっかり勘違いの
梅子のお母さんとおばあちゃん。
この男、お父さんに会いたがるんです。
お父さんに「松子を下さい」
と、言うに違いない、
松子にぞっこんだと
思い込むおばあちゃん。


こういう年寄りが
詐欺商法に
引っかかるんですね。


この男は、工務店の営業マンでした。
「この家には大黒柱がありませんね」
言われてお母さんは
今にも折れそうな柱を
「これが・・」と指さしますが、
「それでは細すぎます!」と却下されます。
「このご家族を物理的、
精神的に支えてきたのも、
一家の大黒柱であるご主人さまでしょう。
しかし、このバラック小屋にはそれがない。
どっしりとした大黒柱のある家で、
ご主人さまを中心にご家族が集う。
本来あるべき姿が私には見えます」


「お父さんは大黒柱」

これぞ、トリビア父さんの
琴線にふれるフレーズです。
さすが、営業マン!
トリビア父さんは少し、
家の建築に心が傾き始めましたよ。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございました。
「あかねさん、結婚するって嘘なんでしょ?
ホントはお妾さんになるんでしょ?」
「そうよ。
先月、私の父が帰って来たの。
戦争の前に私たちを残して出ていって、
たくさん借金をつくって
こないだ帰って来たの。

そんな時このお話があって
中島さんが借金を肩代わりしてくれるって」


勝手に出て行って、
借金背負って帰って来る
サイテーの親父なんか、
叩き出せ!
大バカも==ん!

続きを読む>>

「タケオ兄さんは、
あかねさんのためなら・・・」
借金の肩代わりは無理でしょ・・・・。
「いつかぼくは、
地にしっかり足をつけて
人の役に立つ仕事がしたい」
あかねはタケオの言葉を思い出します。
「もう十分なの。
歌手をやれて幸せだった。
梅ちゃんや
タケオさんとも知り合えて楽しかった。
短い間だったけど、
梅ちゃんのおかげで夢を見れたわ。
タケオさんには、
夢が実現しますようにって、
伝えておいて」
あかねも可哀そう。
出来そこないの父ちゃんさえ
帰って来なければ、
こんなことにはならんかったのに。


中島が男好きなら、
あかねの父ちゃんを
借金のカタに差し出すのに、
あかね哀れ。


涙を流す梅子。
あかねのラストステージに、
タケオの姿はありません。
タバコをくゆらす
スケベー中島はいましたが・・・。

ステージ後、きれいに化粧をしたアカネは
お金持ちの車に中島と乗って、
行ってしまいました。
それを見ていたタケオ。
この二人、もう会うことがないのでしょうか。
いや、あると思う宇宙人。

金満金貸しになったタケオ。
肺を病み、中島から捨てられ、
ボロボロになったあかね。
そこで二人は再会し、
タケオの腕の中であかねは
息絶えるのであった~~

と、なるに決まっていると思う宇宙人。

「あかねさん、
タケオ兄さんの夢が実現できるように
祈ってるって」
梅子から聞かされ、雪降る中、
タケオはある決心をしたのでした。


しばらくして松岡から手紙がきました。
「あなたが何を
悲しんでいるのか分からないが、
次に会うときは
笑顔で会えるといいですね」
松岡って、いい人です。
梅子はこの人と結婚したら、
普通に幸せになれますね。

陽造叔父さんがきました。
タケオが、陽造叔父さんのところから、
出て行くというのです。
「家を出て行った人間が
どこに行こうと勝手だ」
予想通りのことを言うお父さん。
タケオは夢を実現するため、
新しい生活に入っていくつもりですが、
今夜、寝るところ、あるのかしらん?
出て行く日、梅子と、
何とお父さんも、
陽造叔父さんのところにやって来ました。
「どこに行くんだ?」お父さんが尋ねます。
「もっともっといろんなことを見てみたい。
自分にお何が出来るか試してみたい」
タケオ、宇宙人は心配やヮ。
「好きにすればいい。
ただし、母さんを心配させるな。
新しい住所は連絡しろ」
もっとめちゃくちゃ言うかと思ったら、
そうでもなくてよかった・・・・・。
「じゃあ、失礼します」
タケオは行ってしまいました。
「みんな変わっていくな」
陽造叔父さんが言う通りです。

やすこさんの店も新しくなりました。
「食事処みかみ」の看板をあげ、
梅子もお団子に結っていた髪を長くのばし、
梅子の周囲はどんどん変わっていきます。
「最近悲しいことあっただろ」
心配してくれていたノブオ。
「俺は何もできないけど、
何かあったら言えよ」
ここにもこんなエエ男が・・・・
梅子は幸せです。



でも、これからしばらくは、
タケオは出ないでしょう。
悲し~~い!!
タケオちゃん、
早くお金持ちになって
帰ってきてね。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました。
昭和22年11月。
スマトラから三上和也が帰って来ました。
食堂の三上やすこさんのご亭主です。
みんな大喜び。
終戦後2年もして帰って来たんです。
子どものちえこも
お父さんの帰りをよろこんでいます。
何事もあきらめないことが大事です!

続きを読む>>

「タケオにいさんもあきらめないで」
梅子はお母さんからの、
マフラーをタケオに渡しに来ました。
「そんなことできない。
何か特別な関係があったわけではないし、
おれにどうこういう言う資格はないよ」
と、タケオ。

特別な関係ってなんや?
気持が通じてたら、
それだけで特別な関係やん。

「あかねさんは結婚するじゃない。
中島には女房がいる。
あかねさんは妾になるんだと思う」
陽造おじさんは、梅子が帰ったとも思い、
タケオに話します。
「なにか事情があるんだろうが・・」
陽造叔父さんが言うとおり、
あかねには病弱なお母さんと
小さな弟がいますから、
経済的なことを考え、
お妾さんになることを承諾したんでしょう。

タケオか、周防さんの妾ならOKな宇宙人。
おっさんはNG。
あかねの悲しみは痛いほどわかる宇宙人。
ただし、宇宙人の場合は、
向こうが絶対NGでありましょうが・・・。


「心配させないために、
結婚すると嘘をついたんだろう」
矢吹あかね
・・・・引退記念最後のショーのチラシ。
どうするか自分で考えろと、
陽造叔父さんはいうけれど、
どうしようもないタケオ。

しかし梅子は行動に移します。
「あかねさんい会いたいんです」
ニューオリンズ支配人にかけ合うが
会わせてはくれません。

一方、ロミオとジュリエットは大失敗。
ホーム・アローン2並みに、
ステージ大道具が崩壊し、
舞台はめちゃくちゃ。
アホらしいと思って笑っていましたが、
そうでもなかったことに気付いた宇宙人。

ロミオとジュリエットは、
恋愛の障害を描きたかった作者の
比喩であったのでしょう。
あまりにアホらしい場面が連続で、
どうでもいい感じでしたが、
見方によれば、
奥深くはないともいえないです。

舞台失敗を謝りにきた松岡。
松岡はすっかり梅子にLOVE。
いままで見たことのなかった
恋愛映画を見るようになったそうです。


松岡の恋愛分析では、
ロミオとジュリエットは
両家の対立外的要因。
お互いが自分の気持ちに
素直になれない場合は、
内的要因。


タケオとあかねは、

周囲の状況がお互いの恋の成就を
許さない、外的要因。
松子と真田は、糖が立ちすぎて、
お互いの気持ちに素直になれない、
内的要因でありましょう。

梅子はなんとしても、
あかねに会って、
中島の妾になるのを阻止したいです。
ニューオリンズの支配人に、
いつまでも待つからと、
あかねに伝えてくれと言い、
食堂で、サイダー一本で粘る梅子。

もう来ないと思った頃、
あかねは来ました。
支配人は、あかねに伝えてくれたのね



「あかねさん、結婚するって
うそなんでしょう?」
本当は妾になるんでしょ!
ダメよ!自分に正直になりなさい。
タケオ兄さんを好きなんでしょ?」


梅子は言うつもりのようです。


人気ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございました。

あかねを探す支配人。
松岡と会っていた梅子は
あかねを探します。
あかねは陽造おじさんの
バスの棲家に来ていました。
そこにちょうど、
タケオと陽造おじさんが
帰ってきました。
「わたし、結婚することになりました」
・・・・あかね
「誰と結婚するのですか」
・・・・タケオ
「中島さんです」・・・・あかね
「中島のやつ!」陽造おじさんは
苦々しく言いました。
「これまでいろいろとお世話になり、
ありがとうございました」
・・・・あかね
「おめでとうございます」
・・・・タケオ
「じゃあ・・・さようなら」
あかねは行ってしまいました。
「いいの?タケオ兄さん!」
いいわけありません。
しかし、タケオは答えました。
「彼女が幸せになるなら、
いいじゃないか」

続きを読む>>

タケオにさようならと言ってから、
あかねは雨の中、歩いていました。
不動産屋には、
「貸し家・夫婦用」
と貼り紙があります。
タケオが見た張り紙です。

タケオは下村家に
食べ物を持って来ていました。
お父さんが帰ってきました。
「何しに来た!」
お父さんは、タケオに期待していた反動で、
余計に冷たく厳しいです。
「お父さん、闇米を食べないそうですね。
闇米を食べずに亡くなった判事は、
法を守る立場の人だが、
あんたは医者でしょう?
医者は患者と家族のために
健康でなくてはいけないんです。
食べてください」
と、タケオはいうけれど、
お父さんは取り合いません。
「あんたは意地を張っているだけだ。
自分もわかるんです。意地を張って
引くに引けなくなっているだけだ」
というタケオ。
「あなたにはめしを食う義務があるんだ!」
激しい口調のタケオ。
その夜、お父さんは、
タケオが持ってきてくれた魚と、
闇米を食べたのでした。


タケオは一人でバスの外でまんじゅうを
食べています。
今のタケオにはあかねに結婚するな
と言えるだけの財力も権力もありません。
あかねは好きでもない中島に言い寄られ、
結婚する代わりに、病弱なお母さん、
小さい弟の面倒も見てもらうことに
なっているんでしょう。
もし、タケオがあかねと駆落ちでもしたら、
陽造おじさんは
今の仕事ができなくなるかもしれないし、
タケオも仕事がありません。
意地を張って、引くに引けなくなったのか・・・
と思うと、タケオが哀れで、かわいそうで、
たまりません。
梅子たちの恋物語なんか、お遊びで、
ちっぽけに感じてしまいます。

ああ、タケオ、かわいそう!
あかねといつの日か、時間はかかっても、
幸せになれる日がきますように!


それがだめなら、水川あさみがいる!

宇宙人はタケオが余りにかわいそうなので、
自分に、そう言いきかせています。


陽造おじさんからもらった牛肉で、
下村家の今夜の晩ご飯はすき焼きです。
「みんな、おもいっきり、美味しそうに食べるのよ!」
「そういうの、得意!」
美味しそうにほおばる梅子たち。
部屋中に、美味しそうな匂いが充満。
さあ、お父さんは、食べてくれるでしょうか。
 
この匂い、お隣の
安岡家にも漂っているでしょうね・・・。



続きを読む>>

美味しいおいしいと言いながら
すき焼きを食べる梅子たち。
苦虫をかみ締めるお父さん。
お父さんの前には、さつまいも。
「お前たち、こうやって旨そうに食べたら、
俺が意思を曲げると思ってるのか!」
                   
やせ我慢のお父さんであります。

一方、仕事帰りのタケオちゃん。
「貸間あり。夫婦用」
不動産屋さんの張り紙を見つめるタケオちゃん。
「あかねちゃんを嫁にもらって、
いい生活をするっていう、想像しろよ」
陽造おじさんの声が聞こえてきます。
ちょうどそのころかどうかは定かではないですがぁ、

あかねは
キャバレーの支配人に呼ばれました。
中島さまが、ご指名===!
例の成金ライター男です。
新しいキャバレーのハナシはなくなり、
ニューオリンズは中島に買収され、
合田も遠慮して
新しい店を出せないらしい。
陽造おじさんの計画は頓挫。
あかねはこの中島に
取られるんやあああ===!
タケオちゃんもスッカラカン。
あまりにカワイソやあああああ!


そんな深刻なタケオ、陽造と比べたら、
ロミオとジュリエットのジュリエット選びを
している雪子たちがアホに見える宇宙人。
伊藤には親が決めた婚約者いて、
結局雪子は失恋。
しかし、雪子はそんなことでへこたれる
やわいオナゴではありません。
「須藤医院の後継者にふさわしいのは、
帝都大卒だってお父様が言っていたの。
もし伊藤さんと結婚することになっていたら、
父とひと悶着あったわ」
だって・・・!
負け惜しみの性格ブスね!雪子って!
弥生は、雪子が羨ましくて、
張り合っていただけで、
伊藤のことはどうでもよかったそうで・・・・。
お互い謝り、仲直り・・・


ドアホ者めがああああ!!!

一方、お父さんのヤミ米拒否は続くのでした。
「亡くなった判事の苦しみをわかりたい」
とおっしゃる。



じゃあ、絶対、食うな!

しかし、どうしても食べさせたい梅子は、
「じゃあ、私もお父さんが食べるまで、
お父さんと同じものしか食べない」
と言うけれど、
その夜にはおなかがすいて
隠れて、芋を食う梅子。
しかし、ヤミ米ではなく、
お芋なんだから、
同じものといえば同じものを食べている・・


↑この人たちみんな、
陽造おじさんとタケオちゃん、
あかねの今後の苦難と比べたら、
遊んでいるのと同じ。
宇宙人は、タケオとあかね、
陽造おじさんの行く末を
大いに案じているのであります・・・。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました。
「私も伊藤さんの
相手役がやりたいの!!!」
弥生が突然、ジュリエット役に立候補!!
「わたし伊藤さんと同じ舞台に立ちたいの」
弥生と雪子は激しく対立。
どうする雪子!

でも、取り合うほど、
伊藤っていい男か?

続きを読む>>

弥生のジュリエット立候補に雪子は激怒。
「いまさら駄目ですよね!」
伊藤に同意を求める雪子。
しかし伊藤は、弥生の立候補を歓迎。
「いいんじゃないかな。
質の高い舞台を作るには、
立候補したい人は、どんどんしたらいい」
すると江美の手が
遠慮しがちに挙がります。江美も、
ジュリエット役がしたかったのね(^_-)-☆
しかし無視され話は、進行。
「今度、雪子さんと弥生さんに
お芝居をしてもらって、
それを見て、僕が相手役を決めたいな」
と言う伊藤。



伊藤って何様~~~!!


「お父さんごはんですよ~~~」
下村家の晩ごはんです。
しかしトリビアは元気がありません。
トリビアは新聞記事を読んでいました。
記事には、裁判所の判事さんが
ヤミ米を食べずに
餓死した記事が載ってます。
配給だけではとても足りず、
法律違反とは知っていても、
生きるため、
闇市で買うことは常識だった時代・・・
食卓に並ぶ、闇市晩ごはん。

苦々しく見つめるお父さん。
法律を守って餓死した判事がいる。
しかし目の前のメシは食いたい。
トリビアは空腹と法律遵守のせめぎ合いに
苦悶していたのであります。


一方、松子です。
真田の片づけを手伝う松子。
無言の二人。
素直じゃないですね、この二人・・・。
やっぱ、糖が立ってくると、
当たって砕けろ!が、
出来なくなるんでしょうかね

安岡家のノブオくん。
松岡と梅子がやすこさんの店で
楽しそうに話しているのを目撃。
「ノブも少しは本を読んだら?
同じ本も読む人で
感想が違って面白いのよ。
松岡さんの感想って
変わってて面白いのよ・・ウフフフフ」
梅子に言われたばかりのノブオ。
そのウフフフフの相手と
梅子が楽しそうにしている!
気が気じゃないです。

そんでノブオも読書することにしました。
安岡家で読書する人間はいない模様。
読んでる本は「猿蟹合戦」
鶴太郎は馬鹿にするけれど、
絵本ならまだしも、
字で読んだら、難解かもしれん名作。
ノブオは梅子が手の届かない人に
なるようでさみしい。
ノブオが、な~~んか哀れ。
いつもボロを着ているノブオ。
ビシッと学ラン姿の松岡のほうが
立派に見えるのは仕方がない。
しかし、着々と工場の技術は身につけている。


がんばれ!ノブオ!
巨匠と呼ばれるその日まで!


で、松岡と梅子は、
脚本作りにがんばってます。
松岡の脚本は恋心がわかっていないから
めちゃくちゃみたい。
二人が命を投げ出してもいい
と思わせなきゃと梅子。
恋愛で命を投げ出すのは下らんと松岡。
「医者は人間相手なんだから
もっと人間の心を知るべきでしょ」と梅子。
ケンケンガクガクしながらも、
時間はあっとすぎ、
「おっと、こんな時間か。残りは明日に」
と、いうことに。
その時、松岡はある分析をします。
楽しい時間は早く過ぎる。
ロミオが窓の下で過ごせたのは、
楽しかったからではないか。
「今、楽しかったんですか?」
「楽しかったですよ・・・意外に」
目撃しているのはやすこさん。
でもやすこさんは、平吉みたいに、
ご近所に店で見聞きしたことを、
触れまわる人ではなさそうだから、
松岡と梅子・・・
じっくり恋を熟成させていく・・のかな?
松岡は梅子を送って下村家を訪れます。
「お~、来てたのか」と、トリビア。
来てたのかって、松岡、今来たばかりです。
晩ごはんを食べて行くことになる松岡。


「私は食べないからその分を食べなさい」
空腹と法律遵守の
せめぎ合いの末、トリビアは、
「裁判所の判事さんが
ヤミ米を食べずに死んだ。
お父さんも人の上に立つ人間だ。
ヤミ米は食わん」
と、結論を出したトリビア。

でも「私は食べないからその分をどうぞ」
と、言われて、松岡、のど、通る?

「下村先生が自分の父親だったらいいのにな」
帰り際、見送りの梅子に言って、
松岡は帰って行きました。
さて、松岡は食べたんでしょうか?


翌日から、トリビアだけ、配給だけの食事。
芋少々とみそ汁だけ。
梅子まで食欲が出なくなり、
授業中に腹の虫がなる始末・・・。
なんとか闇食料を食べさせたい梅子は
タケオちゃん(LOVE)に相談。
「お父さんが嫌う
闇の仕事をしてんだから、
俺が何か言っても
火に油を注ぐようなもんだろ」
食べないって人は
食べなくていいと思う宇宙人。

でも、火に油、
注いでみるのもおもしろい (^_-)-☆

陽造叔父さんが飼っているシェパードは
素直だから、栄養たっぷり
エサ、もらっていると思う宇宙人。

「法律破らなきゃ
生きていけない法律のほうが悪い」
陽造叔父さんは言います。

ふと見ると何やら設計図。
新しいキャバレーの設計図です。
「これを機会にあかねちゃんを嫁にもらって
今よりもっといい暮らしをさせて・・・
そういう想像をしろよ」
陽造叔父さんの言うとおり。
タケオちゃんは、
まだそんな身分じゃないというけれど、
立派になってから結婚しようと思ったら、
人間、一生、誰も結婚、出来ないよ。
「お前はもう一人前だよ」
叔父さんは言うのだから、かなり、
しっかりやっているのでありましょう。
「あかねさん、お嫁にもらえば?」
梅子の言うことは正しい!
ああ、早く早く!
早くしなきゃ、取られちゃうのよ!

「兄貴に飯を食わせる方法思いついたぞ」
陽造叔父さんは、牛肉に卵、
上等なものばかりをたくさんくれました。
いい匂いをさせて家族が食べていたら、
トリビアだって
我慢できずに食べるはず・・という計画。
「みんな、おもいっきり、
美味しそうに食べるのよ」
お母さんが言えば、
「そういうの、得意!」
と、喜ぶ梅子。


明日の下村家の晩ごはんは、
すき焼きです。
さあ、トリビア、
すき焼きの匂いに勝てるか??




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうござました。
授業を欠席した弥生が
薬品を調合しています。
まさか、自殺するつもりじゃ?
それとも~~~?

続きを読む>>

「なにしてるの!」
梅子はビーカーを取り上げました。
弥生はアルコールを、
飲むつもりだったのです。
やけ酒ってやつですね。
「大丈夫、メチルアルコールじゃないから」
「メチル」を飲んだら「目~散る」って、
小学校の理科の時間に習ったことを、
思い出した宇宙人。

「どうしてそんなにムキになってんの?」
長い首を突っ込む梅子。
ふてくされる弥生。
「私恋愛なんかできないの。
雪子みたいな子を見ると、
羨ましくて、憎たらしいの」

なんで、恋愛できないでしょう?
梅子も同じ疑問を持ちました。
「私は不細工だから」
弥生は話しだしました。
両親、祖父母から
お前は器量がよくない、
性格もかわいくない、
だから医者になって医院を付継ぐしかない。
よってたかって言われて、育ったらしい。

「お前はブス」
製造元に言われたら、
あいた口が閉まらんヮ。
40歳以上の顔は本人の責任。
しかし10代の顔は親の責任。


それに、弥生がブスなら、
江美の立場はどうなる??
江美はアゴを売り物に、
飄々と生きてるぞ!


梅子は、お前はアホだから、
誰か適当な人と早く結婚しろと
言われていたと話します。
「家族はわざと嘘をついてるのよ。
後を継がそうと、嘘ついたのよ。
きっといいところを
気に入ってくれる人がいるわ。
弥生さんは
消しゴム貸してくれたじゃない?
やさしいじゃない。
私、弥生さんがいなかったら
医専に入れてなかったと思う」
励ます梅子。


「私のいいところって、
勉強が出来るくらいしかない」

当たり前のようにいう弥生。

ナンか、むかつく宇宙人。

突然、「私は損した!!」と叫び出す弥生。
「男と知り合っても、わざと避けてきたのよ。
どうせ私なんかと思って・・・。
私、たぶん、伊藤さんが好きなのよ」
ということで、アンチ恋愛同盟は解消。
ほっとする梅子でした。

一方、今度はタケオちゃんです(LOVE)
闇市でまんじゅう買ってます。
そこに陽造叔父さん、やって来ます。
「運が向いてきたぞ。
合田さんが、ニューオリンズに対抗して、
新しいキャバレーを作るらしい。
その店を俺に任せてくれるらしい」
・・・と、叔父さん。
合田って、進駐軍の手入れを
前もって知らせてくれた
闇市の帝王ですよね。
進駐軍の手入れのとき、
突然、名前だけ出てきたので、
何かあるかも?と思っていたら、
もしやして、この合田ってのが、
あかねの結婚相手?

ニューオリンズで歌うあかね。
成金趣味のライターを
カチャカチャカチャさせるおっさん。
顔は映らぬが、エロおやじの予感。
あかねを見つめています。
もし、あかねの相手が合田なら、
タケオちゃんがどんなにあがいても、
勝てる相手ではありません。
陽造叔父さんでさえ、
一目置いているのだから。


ああ、可哀そうなタケオちゃん!

一方、松子です。
真田と松子は喫茶店にいます。
「お汁粉おごるよ」
当時は、喫茶店に
お汁粉のメニューがあったのね。
真田は新潟の営業所に、
所長として行かないかと、
言われてるらしい。
心機一転頑張るつもりだそうで。
お汁粉を食べてる松子を見つめる真田。
「一緒に新潟に、行ってほしい」
拒否されるのが怖くて言えない真田。
真田が言わなきゃ、松子のほうから、
「新潟に着いて行きますわ」
とは、言えないじゃ、あ~~りませぬか!
さっさと言えよ、さ・な・だ!
じれったいねえ!

松子が家に帰ると、
梅子が井戸におりました。
「命を掛けて愛し合うってことがわからない」
ロミオとジュリエットを読んで
どう思ったか、感想を求める梅子。
「さあ、今は思い出したくない」
松子、元気がありません。
そりゃ、そうでしょ。
真田が新潟に行っちゃうんだもん。


松子!
思い切って、
真田に付いて行きなさい。
幸せになる保証は・・・・
あんまり、ないが・・・。


そのほうが、ドラマが面白くなるからね!



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました。
松子に松岡のことを冷やかされて
ちょっとドキドキの梅子。
好きになっちゃったみたいね。
ちょっと変わってるけど、
いい人やと思うよ。

続きを読む>>

松子から「ロミオとジュリエット」の、
本を譲り受けた梅子。
そういえば、タケオが読んでいたのは
「ハムレット」
関係ないですけど・・・
宇宙人は、タケオちゃんLOVEだから、
思い出しただけで・・・オホホホホ!
梅子はロミオとジュリエットの世界に
のめり込んでいってるみたい・・。
自分がジュリエットの場面を空想し、
そこにトリビアが特別参加・・・。
「教科書は声を出して読んで覚えなさい」
興ざめする梅子。

松子といえば、真田が無事、退院してきて、
仕事に復帰したことが嬉しいみたい。
ちょっと真面目になったかと思ったけど、
やっぱり真田は真田。
不真面目な人間性は変わらないみたい・・・。

自分たちの肥やしで作った畑が実りました。
畑係の梅子が収穫していたら、
松岡がやって来ました。
今日はトリビアに用事ではなく、
梅子に折り入って話があるらしい。
ドキドキする梅子。初恋だからね(^_-)-☆
急いで家に入り、鏡をみて髪をなおして、
かわいいね、いじらしいね、梅子(*^_^*)
梅子が好きなら、宇宙人も賛成よ。
待ち合わせのやすこさんの店に
急ごうとする梅子。


ああ!飛び出せ青春!

しかしそこに弥生と江美が来たのです。
威圧感のある、深刻な表情です。
「急いでるから」と、言いそびれる梅子。
松岡は待ちぼうけです。
「私たちは医学生で、
今は勉強が何より大切よね。
私たち、恋愛なんかしないって決めない?」
弥生が言います。
あんたが恋愛しないのは勝手だけれど、
「アンチ恋愛同盟を作りましょ」
とまで、言い出すのは、勘弁してほしい・・
と梅子は思っているに違いない。
「おひさま」では便所同盟だったか、
同盟結んでましたね。
主人公たち。
こちらは、アンチ恋愛同盟です。
「好きな人でもいるの?」
弥生に詰問されて、
「いいえ」と答えてしまう梅子。
「最近の雪子さんに腹が立ってるの。
口を開けば
中央医大の伊藤さんのことばっかりで、
勉強そっちのけで、
おしゃれのことばっかりで」
ええやん、ひとそれぞれ、勝手やん。

大きなお世話ちゃう?
自分も伊藤が好きなんでしょ~が!

「勉強だってしてるよ」
江美は言うけど、不十分だと断罪。
だれがどんだけ勉強しようが、
伊藤を好きだろうが、勝手や~ん!
伊藤を好きでない者にとっては・・・。
弥生は伊藤が好きで、
大接近している雪子に
嫉妬に歯ぎしりギリギリなんでしょう。
とばっちりを受ける梅子と江美。
アンチ恋愛同盟を結ばされたのです。
カワイソやヮ・・・う・め・こ。

そんな同盟を
結ばされてるとは知らない松岡。
大急ぎで走ってきた梅子に、
松岡は言います。
「恋についてどう思いますか?」
ドキドキの梅子だが、ロミオとジュリエットの
脚本を書くことになったので、
協力してほしいというだけのこと。
そしてロミオは変な奴だという理論を展開。
「まだ宵の内から庭にはいりこんで、
ずっとそのまま
窓の下にへばりついているんです。
相当変な奴だと思いませんか?」
有名なバルコニーの場面も、
松岡が読めばロミオは、
変態ストーカーとなるのです。
「お話だからじゃないですか」
梅子の答えは大正解。
お話だから変な奴だと思っても、
松岡が梅子と結婚してもいい・・・
と思っている視聴者が、いるのだから。
ホントにいたら変人よ、ま・つ・お・か。
そんなわけで、梅子は、
脚本を手伝わされることになりました。

一方、女子医専です。
今日も、新しいお洋服の雪子。
その後ろになんと、
新しいワンピース姿の江美です。
雪子に生理学のノートを貸してあげたお礼に
作ってもらったというのです。
その上、アンチ恋愛同盟を結んだことまで
ばらしている江美。

ワンピース一着で、
江美はあっさり買収され、
怒髪天を衝く弥生。

「弥生さんは男性、
恋愛を怖がってるのよ!」
雪子のこの言葉に
表情がこわばる弥生。


次の授業から、弥生がお休みします。
いままで休んだことはないのに・・・。
弥生の実家はでかい病院。
父親には妾がたんまりいて、
男性不信なんです、弥生は。

梅子が探すと、
実験室で何やら薬品を調合している弥生を発見。
これを飲んで、自殺しようとしてる?

明日、みればわかるので、見ます。

明日は、タケオちゃんが出ますように。
宇宙人のお願い(^_-)-☆
しかし、江美の裏切りには笑ったなあ~~!
罪悪感がないだけに、
始末がわる~ございます。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございました。
城南女子医専にようやっと
窓ガラスが入ったそうな。
梅子たち主催の
ダンスパーティーの売り上げを
寄付したからだそうで、
C班の結束はますます強固になる・・・
わけないですヮ・・・
わがままなお嬢様たちなんですも~ん!

続きを読む>>

雪子は、C班は全員、制服を着ようと
言っていたくせに、
派手なワンピを学校に着てきて、
弥生が怒っています。
弥生でなくても、腹たつわ!
自分から言っときながら、
派手な洋服、着てきて。
これは伊藤を狙う、武器なのです。
それに比べて、
梅子は全くそんな気配はなし。
モンペを着て平気。
松岡に勉強を教えてもらう時も、モンペ。
入試前は山倉に
勉強を教えてもらっていたのに、
山倉はもうご用済み?
哀れやね・・・・。
しかも梅子達はダンスパーティーのあと、
ときどき中央医大の伊藤達と
会っていたのです。ますます山倉哀れ。
雪子は伊藤にぞっこん。
また違うワンピを着てます。
伊藤「似あいますね、その服」
雪子「そうですか、うふふ」
それを恨めしそうに見ている弥生。
弥生も伊藤が好きみたい。
でもなんでこの不細工な男が好きなのか、
いくらドラマの設定としても
合点がいかぬ宇宙人。
多くの男が戦死し、
残った男は、ジジイや子供だけ。
若い男が珍しいか?
勉強が終わって、
松岡と、C班と中央医大生が
集まる甘み処に行く梅子。
途中、「よお!ご両人!」
声を掛けられる梅子と松岡。
「別々に行きましょう。
へんな噂を立てられたら困りますから」
梅子を思いやってのことと言うけれど、
梅子はまだまだ子供。
そんなこと全く何とも思ってないけど。
松岡は律義な人なのか、
変な人なのか、よくわかりません。

さて集合場所の甘み処に着いた梅子。
外で何やら騒動です。
進駐軍からの横流しを受けている、
ブローカーの手入れらしいです。
それって、タケオ兄さん、
危うしではないですか!!
梅子は走ります。
陽造叔父さんのところに走ります。
陽造叔父さんの自宅、
改造バスのドアを何度も
ノックするけれど、返事はありません。
タケオも陽造叔父さんも、
しょっ引かれたのか?
と思ったら、二人が気楽そうに現れました。
陽造叔父さんは、
ネットワークを貼りめぐらし、
助けたり助けられたりして、
危機をすり抜けていたようです。
それにしても、タケオ。
法律すれすれの仕事してんのね。
そこにあかねもやって来ました。
「手入れがあったって聞いたから」
タケオを心配して駆け付けたのでした。
「また新しい英語の歌詞、
教えてもらえませんか?」
タケオとあかねは好き同士。
でもきっとこれから先、あかねの
おかあさんの病気が悪化するとかして、
成金のおっさんと
結婚するしかなくなるのね!
ああ、かわいそうなあかねとタケオ。

そんな未来は知る由もなく、お気楽に、
梅子は今日も、ドラム缶風呂に
入ってます。まるで、しずかちゃんみたいね。
でも、外から丸見えよ。
ノブオはのぞきに来ないのかしらん。
井戸で、食器を洗う松子に、
「松岡さんとお似合いよ」
と言われてちょっと胸がドキドキする梅子。
宇宙人は全くドキドキしませんが・・・。
松岡、タイプじゃないもん。

学校の帰り道、
雪子はロミオとジュリエットを
上演すると言いだします。
もちろん、自分が主役、伊藤がロミオ。
勝手にやってくださいよ。


今週いっぱい、
ロミオとジュリエットですか・・。
あ~~あ。つまらね~~!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございます。
「ダンスパーティーに、
みんなも来てほしいの」
梅子は晩ごはんの後、
家族に話します。
お母さん、おばあちゃんは
喜んで、行くと言ってくれました。
松子も喜んでくれました。
でも、お父さんだけは、
そんなもん、誰が行くか!と言います。
そりゃそうでしょ。
トリビアが踊れるとは、思えんですもん。

続きを読む>>

さて、下村家の人たちも出発。
「もうちょっとおしゃれしたらどうなの?」
そう言う家族の皆さんは、(トリビアを除く)
もんぺ姿であります。
梅子は制服。まだ、一番マシです。
途中、やすこさんと、
やすこさんのお父さんに出会い、
言葉を交わす下村家の面々。
梅子はトリビアへの情がわきあがるのです。
一人、家に戻る梅子。
「お父さんも一緒に、
ダンスパーティーに行って」
だ・か・ら!
トリビアにダンスは似合わないんだって!
梅子はわかってないね。

梅子は、子供のころ、
(今も十分子供だが)
木登りしていたら、いつも、
お父さん、お母さんが心配してくれた。
お父さんが心配してくれるから
タケオ兄さんも松子姉さんも自分も、
安心して、好きなことができるのと言います。
お母さんのダンスを教えたのは
なすび顔の
お母さんのいとこだと言うと、
父さんは、ほっと安心。


「いつもありがとう、
心配してくれて。
今日はお父さんと踊りたいの」
梅子って、なんて素直で
気持ちの悪い娘なんでしょう!


河内音頭でも踊ってろ! ボケ!

宇宙人は思います。

ノブオは仕事を頑張っている。
ダンスパーティーに
行かないと言っていたが、
やっぱり来ちゃいました。
梅子のことが好きなんだもん。
ジルバは、踊れない梅子たち。
練習していたダンスとは違うのだそうで。
「踊りなんか、音楽に合わせて体、
動かしてたらいいんだべ。行くべ」
江美が一番正しいですね。

みんながぎこちなくも、ともかく踊る中、
山倉とノブオは壁の花ならぬ、
壁にとまるセミ状態。
途中、停電になるけれど、
梅子はろうそくをともし、
ダンスパーティーは続行。
その頃、お父さんが到着。
あかねが下手な歌を歌い、
場を盛り上げます。
お父さん母さんが踊り、
そのあと、驚いたことに、
松子も父親と踊る。
父親と体を密着して踊るか?
気持ち悪くないのか?ま・つ・こ!

ノブオは梅子と踊りたい。
しかし、松岡にとられました。
哀れなノブオ。
山倉はどうしてたんでしょうね。
チラシを配らされて、利用だけされて、
当日は、ほったらかし。
若くて、
自分は美人だと思い込んでいる女って、
ほんと残酷ですね!


さて来週は、
あかねが成金男と結婚するみたい。
病気のお母さんや小さな弟のために、
人身御供になるのでしょうか?

奈津もラサール石井と結婚しました。
お金のためではあったけど、
いい人だったからまあいいかもしれないが、
あかねが成金男と結婚するのは、
あかねはもちろん、タケオがかわいそう!

好きな女性を
お金のために取られたとなると、
タケオは金儲けに走る、
強欲な商売人に
なっていく可能性があるかも。
タケオの今後の人生に大きな影響を及ぼす
「あかねの結婚」と思う宇宙人。

タケオ、大声で叫んでいたよ。

梅子のシーンは心底、退屈だから、
タケオと山倉を中心に、
お願いしたいものですね。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました。
親が、松岡と結婚させようとしていると、
ノブオから聞いた梅子。
「私、松岡さんと、結婚しませんから」
まだまだ青春だもんね。
「何言ってんの?
松岡さんは、松子にいいんじゃないかって
言ってたのよ」
松岡と結婚したら、松子は、
松岡松子になるんですね。

続きを読む>>

「戦争が終わって2年だ。もうそろそろ
結婚を考えてもいいんじゃないか?」
まあそうです。
「毎晩、残業で、会社に今度、意見してやる」
トリビアが言うので、松子は困りました。
会社の同僚のお見舞いに
毎晩行っていると、白状しました。
トリビア
「毎嫁入り前の娘が、
毎晩、見舞いに行くのは、
普通じゃないだろう!!」
宇宙人も同意見。
好きだから見舞いに行くのよ。
嫌いだったら行かないよ。
「私はもう大人です。
自分のことは自分で判断できます」
「なにィ!!」
トリビアは頭から湯気。
お母さんも、
「いいじゃないですか。
松子はちゃんと
わかってやっているのでしょ」
と、応援の一言。
「またお前はたてつくのか!」
トリビアはお母さんが言い返したら、
腹が立つんです。
トリビア、えらそう。
「タケオが出て行ってからだ!
自由や権利と言って、
親に心配かけるのが自由か!」
トリビアはタケオに
帰ってきてほしいのですよね。
タケオも先行き厳しい仕事をするより、
また大学に戻れるものなら戻って、
お医者さんになればいいのに・・・。
松子は真田が好きなのに、
智司への想いもあって、
まだ心の整理がつかない様子。
梅子はタケオに相談しに行きます。
みかみ食堂で話し合う二人。
「ダンスパーティーなんかしてないで、
勉強しろよ」
タケオは梅子に行って、
自分は大丈夫だと言います。

でも、商売は、海千山千のなかで、
騙されることもあるし、大変。

タケオとあかね。
みかみ食堂でときどき会ってるみたい。
いつか闇市も役割を終えるときが来る。
自分は人の役にたつ仕事をしたい。
タケオはあかねに言います。
タケオなら、
人の役に立つ仕事が出来るはず。

一方、入院中の真田。
トリビアに怒られてから
お見舞いに来なくなった松子。
事情を知らない真田。
しかし、真田は何の病気で
入院してんでしょうかね?
肉付きもいいし、
元気そうだけど・・・。

みかみ食堂に
ご近所みんなが集まっています。
みかみ食堂のやすこさんのお父さんが
一人で食堂を切り盛りするやすこさんを
田舎に帰ろうと、迎えに来たのです

やすこさんのご主人は、
もう帰って来ないのでしょうか。
やすこさんは、ずっと待つと言います。
健気です(涙)

ふと見ると、トリビアが立っています。
トリビアも子供のことが心配なんです。
優秀だったタケオに松子。
期待していた子どもたちは
思い通りにならず、
闇市で働いたり、
変な男に引っかかったり、
梅子は相変わらずアホだし・・・。

無言で立ち去るトリビアに
おっさんの哀愁を感じる梅子姉妹。

でも、子供三人、戦争で死なず、
人生、はじまったばかりですもんね。
ごはんのおかずも
以前は雑炊ばかりだったのが、
今は、一汁二菜になったし、
確実にいろいろ良くなっているよ。
だから、悲しがったり、
残念がることはないと思う宇宙人。

一日に何食も
食べるシーンを撮影しているそうな。
そっちの方が大変よ




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問してくださって、ありがとうございました。
「学生は勉強だけしてたらいいんだ!
ダンスパーティーなんか許さんぞ!」
トリビアが怒ってます。
困ったねえ、梅ちゃん。

続きを読む>>

「ダンスパーティー、いいじゃない」
「私もいいと思います」
おばあちゃん、お母さんは、
賛成してくれます。
「なんだと!」
トリビアは怒っているけど、
お母さんは平気。
こないだちょっと口答えしたら、
すっきりしたんだそうで・・・(@_@;)
「ダンスパーティー、やりなさい!
新しい憲法で男女同権なんだから」
おばあちゃんが言うと、
トリビアも黙るしかない様子。
「ダンス、懐かしいわ」
若かりし頃、お母さんは
ダンスをしたことがあったらしい。
お母さんは、従兄のヨシオさんに、
教えてもらったそうで・・
ナスビみたいな顔をした人らしい・・・
会ってみたいと思う宇宙人。
でも、トリビアは、
自分の知らない妻の過去を知り、狼狽。
“自分と出会う前、男と身体を密着させて、
ダンスをしていたのか!“
焼きもちで顔がますます硬直。

C班はお母さんに教えてもらって、
ダンスの練習です。
学校でも、人体ガイコツ模型を相手に、
ダンスの手順を確認し合あうC班。
夜遅くまでけいこしたのか、
夜道を帰る梅子達。
「ぎゃーああああ」
叫び声とともに江美が消えました。
戦時中、
金属供出でマンッホールのふたまで
持ってかれたらしく、
そのままのなっているところもまだ多く、
ときどき人が落ちてたそうです。
柵をするとか、板でふたをするとか、
なんとかすりゃいいのに、ひどくない?
夜道を歩けば落とし穴・・・ってか?
普通は骨折するか、最悪死ぬでしょ、
マンホールに落ちたら。
しかし江美は途中、あごが引っ掛かって、
足のねんざですんだのです。
人間、何が幸いするかわかりませんね。
ダンスは出来ませんが、大ごとにならずに、
あごに感謝です。~~んてホント?


キャバレーの下見をする梅子と
中央医科大の学生たち。
「いままで敵だったアメリカの音楽を、
よく平気で演奏出来るものだ。
日本人って、変わっている」
戦後の急激な変わりように、
ついていけない松岡です。
それもそのはず、
お勉強ばかりしているだもん。
松岡「下村梅子さんのお父様は
帝都大の下村健三先生ですか」
梅子「はああ、そうですううう」
というわけでトリビアに会いに来た松岡。
新しい結核の特効薬がきたとか、
話がとっても合う二人。
松岡は3年間結核の療養経験があり、
医者と患者の人間関係についても、
含蓄があります。
「医者が患者への言動で
腹が立つものが50種類あります」
その50種類、知りたい宇宙人。
でも、その場面はなし。
さて帰る松岡を送って行く梅子。
送らなくても、
勝手に帰れそうに思うのだが・・・。
その後ろ姿を見ながら、
お母さんが言います。
「梅子の結婚相手にどうかしら?」
松岡は25歳。
梅子は医専に入ったばかりだから、
多分、15~16歳。
17歳にもなっていないはず。
当時の医専は中学を出てすぐ入ったから、
梅子はまだ子供なんです。
肉体的より、精神年齢に
差がありすぎるとは思うが、
お似合いかも。
それをノブオは聞いてました。
ノブオは梅子が大好きだから、
気が気でありません。
「梅子、お前結婚すんのか?」
両親が結婚させようとしていると聞き、
そんなの絶対いやだと困惑の梅子。

一方、松子は、連日、真田のお見舞い。
洗濯までしてやって、
きれいにたたんでやっている。
好きでたまらんのやないか!

やがて真田と心が通じ合い、結婚直前、
智司に似た人を見たという町の噂。
「智司さんだわ!」でも、智司は
松子と過ごした時間だけ、
忘れていたのでした・・・
(一部、宇宙人の創作が混ざっています)




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問してくださって、ありがとうございました。
忘れ物のノートを取りに、
地下の解剖室に、ひとりで行く梅子。
中に入るとご遺体が並んでいます。
ノートはありました。
振り返るとそこに!
ギャー、梅子の運命は如何に!

続きを読む>>

解剖学の先生が立っておられました。
ご遺体とはいえ、同じ人間。
少し前まで生きておられたのだから、
何も怖いことなどない、
先生はおっしゃいます。
待ってくれていたC班の人たち。
そこに先生が通りかかり、
「解剖に慣れてくると、
人が、モノに見えてくる。
医者になれば、人の死に何度も直面する。
いちいち感情に、
とらわれていてはいけないが、
人を人と見る気持ちも、忘れてはいけない」
含蓄のあることを話されました。
そんなこと、当然なんですが・・・。
そして、こうもおっしゃいました。
「風呂に入りなさい。君たち、臭うよ」
解剖をして、ご遺体の臭いがついたと、
C班は思ったみたいだけど、
ホントは、畑仕事をしている
梅子のあ・の・臭いなのかも知れん
と思う宇宙人。
家に帰ると、ノブオが話しかけてきます。
「なんか臭うぞ」
ノブオにも言われるとはよほど、
臭うのかしらん?
カエルではなく人の解剖をしていると
平然と話す梅子に
ノブオはびっくり、かわいい梅ちゃんが
ずいぶん変わったものだと思ったようです。

場面は変わり、闇市のど真ん中の食堂で
C班は、中央大学医学生と
ダンスパーティーの相談です。
場所も押さえてあるそうで、楽しそう。
雪子は
伊藤という学生がお気に入りの様子

雪子
「伊藤さんのお父様は
お医者様なんですか?」

伊藤
「いえ。うちは代々の土地持ちで、
僕は次男ですから
好きな道を歩んでいいんです」

大地主の次男!
次男なら須藤家の養子にぴったりや~ん!
雪子はともかくこれはキープ!
と思っているみたい。
そこに、他の学生が血相をかえてきました。
銀座の会場がダメになったそうです。
急に貸してくれなくなったらしくて・・
そんでもって梅子はあかねが歌手をしている
ホールにかけ合います。
あかねの顔で、貸してくれることになって、
一件落着!
あとはダンスの練習ですが、
雪子は、ダンスはできると言っていたのに、
実は子供のころ、
ちょっとワルツを踊ったことがあるだけで、
社交ダンスは出来ないのです。
宇宙人だって、子供のころ、
ダンスしましたよ。
フォークダンスを運動会で。
雪子も宇宙人もおんなじね。
「だれかダンスを教えてくれないかしら」
と思ったら、濃い顔が登場しました。

山倉です。
雪子

「私たちダンスパーティーやるの。山倉さんの大学でも人集めして下さらない?」
山倉
「任せておいて下さい。
僕にできる事なら何でも」

伊藤が好きなのに、
山倉を利用する雪子。
もてあそばれているとは知らずに、
嬉しそうにサイダーを飲む山倉。
哀れです。初めて哀れと思いました。

一方、松子です。
今日も真田のお見舞いです。
「イヤよイヤよも、好きのうち」
まさにこれですね。
昨日の女性は、真田の住んでる、
ボロボロの今にも崩れ落ちそうな
長屋の(これは宇宙人の妄想)大家の娘で、
着替えを
もってきてもらっただけだったそうで、
ちょっと嬉しい松子。
大家の娘は結婚もしていると聞いて、
ますます安心。
大家の娘の持ってきた花瓶を持って
廊下に出て、大家の娘の花は捨て、
自分の持ってきた
スイセンを生けたのでした。
(放送はされていませんが、絶対そうよ)

スイセンの花言葉はエゴイスト。
松子、真田が好きなら、素直におなり~~~。

さて、山倉は人集めをしてくれるし、
会場は決まったし、
めでたしめでたしと思ったら、
山倉が大学でダンスパーティーの
チラシをまいたため、
トリビアにばれてしまいました。
トリビアに何のチラシだと問われて、
あっさり白状した山倉。
トリビア、頭から湯気だして
怒っていたから、
さあ、困りましたよ~~




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問してくださって、ありがとうございました。
「どうも、こんにちは」
イケメン軍団が
城南女子医専にやって来ました。
「僕たち中央医科大学の者です。
山西教授にお会いしたくてきました」
ええ男たちやヮ~
いくらでも案内、しちゃるで~と思ったら、
イケズな上級生が登場。
「私たちがご案内しますよ」だって。
横取りされちゃいましたよ、イケメンを。
そんで、彼らが去りかけたとき、
一人の学生、松岡でありますが、
あるものを拾いました。
梅ちゃんの35点の
ドイツ語のテストでありました~アチャアアア~
こんな恥なモノ、
厳重に保管しとかんとアカンやん。
う・め・子!

続きを読む>>

2年生になって、
医学の専門科目の授業が始まり、
ますます梅子は窮地。
授業が終終わってからも、
カニみその詰まった頭を
ギュウギュウにしぼって、
黒板を写している梅子。
そこへ、
先ほどの学生の一人が入って来ました。
松岡です。
「便所はどこですか」
ハンサムな顔のまま、言います。
梅子の35点の答案を拾った、
かなりのイケメンであります。
「男性用はそこ曲がって突き当りです~」
男性用に決まっているのだが、
純で鈍な梅子は、
真面目に教えてあげました。
「ありがとうございます」
大急ぎでトイレに行くかと思ったら、
松岡は、梅子が板書している黒板の内容に
興味を持ったみたい・・・。
「クル-プ性肺炎の治療法ですか」
黒板に近寄り、
「これは古い治療法だ、
ペニシリンが出来ましたから」
黒板に勝手に線を引いたり、
消したり始めました。
「ああ、そこ、まだ写してないんです」
狼狽する梅子。
「ああ、消さないで」
梅子が駆け寄ると、
「あっ!今書いている論文に使える」
手帳に書きだす松岡。
トイレ・・大丈夫なんですかね。
「それで用事は終わったんですか」
ため息交じりに言う梅子。
「ああ、
山西教授に会いに来たのは、口実です。
ダンスパーティーを
いっしょにやる女の子を
ハントしに来たんですよ」
窓の外では
須藤雪子たちと男子学生が見えます。
雪子がどうも、狙われているみたいです。
山倉に、
強烈なライバル、現れる!ですね。
松岡はその頃やっと
トイレに行きたかったことを思い出し
出て行きました。
松岡、答案用紙を拾った縁で、
梅子の名前を覚えて、
この先、かなり、絡んできそうな予感。

一方、松子の会社では、
真田はお休みです。
病気で倒れて、入院中。
心配なのか、お見舞いに行く松子。

嫌いだとか何とか、
不機嫌な態度を真田にしておきながら、
お見舞いに行くってことは、
多いに脈ありじゃ、あ~~りませんかああ!
虫唾が走るくらい大嫌いだったら、
お見舞いに行かないですもん、
「このまま帰って来るな!」
と思うだけでしょう。
松子はやはり、真田に惚れてます。
しかし、
真田には、だれか女がいる様子ですよ。
さて、誰なんでしょうね?

梅子はダンスの本を回し読みして、
ダンスの予習であります。
ダンスの予習をした翌日は解剖実習。
実習の最中に停電になり、
大騒ぎになりつつも、どうにか終了。
しかし、ノートを忘れた梅子は解剖室に
一人、取りに行くことになります。
すると、遺体が起き上がり、
梅子は襲われます。
そこに、山倉と松岡が助けにきて、
鉢合わせになった二人は決闘となり、
二人とも亡くなり、
梅子達が解剖して、勉強させてもらう・・・
山倉と松岡は医学の発展に、
大きく貢献したのでした・・・・。
(後半、
一部、宇宙人の妄想が入ってますので、
信じないように)




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問してくださって、ありがとうございました。
戦争が終わり2年が過ぎても、
まだ物資は足りず、
窓ガラスのない寒い部屋で
梅子たち医専2年生は
解剖やら、医学専門課程を
勉強していました。

ってことは、
梅ちゃん、トリコン、合格だったんね。

続きを読む>>

解剖実習を前にして、
梅子は臓器の絵を書き勉強中です。
父「解剖学か?絵を書いたら
理解が早まる」
梅子「やってます」
父「これはなにだ?」
梅子「肝臓です」
父「ジャガイモにしか見えん。
解剖実習うまでに、
絵の勉強をしなさい」
というわけで、スケッチをして練習しますが、
絵の才能、梅子にはないみたいね。

一方、タケオは商売にも慣れて、
陽造叔父さんの片腕となりつつある・・
と思う宇宙人。
梅子はタケオに、
「解剖実習のための絵の練習は
どうやってやったの?」
ときくけれど、
「そんなもの、見たまんま書けばいいだろ」
とつれない返事。
「聞く相手を間違えたヮ」
梅子はがっかりするけど、
きく相手を間違えたって・・・
ほんじゃ、誰にきいたらいいのでしょう?

タケオはあかねのことを話します。
「あかねさんが、ニューオリンズって
キャバレーで歌手、やってるよ」
言いにくそうに、タケオは梅子に言いました。
あかねに惚れてるタケオです。

歌手採用の試験に
合格したことを知った梅子は大喜び。
他人のために喜んであげられる梅子。
勉強はできないけれど、
優しい性格で、医者に向いてるかも。
そんなわけで、
ニューオリンズにやってきた
陽造叔父さんと
タケオ、梅子の三人であります。

「私がここにいるのは、
梅子さんが私の背中を押してくれたから。
タケオさんにも、英語の歌詞、
おしえてもらってるし」
あかねは二人に感謝しています。
タケオ、誰も知らない間に、
あかねに急接近したいのですね!ウフフ
「君、もっと大きい店に移ったら?」
陽造叔父さんは言うけれど、
あかねもタケオも、ニューオリンズのほうが
近くて都合がいいですよね(^_-)-☆

で、松子です。
きれいなスーツ姿の松子。
「あらあ、すてきね、どこで買ったの?」
同僚に尋ねられる松子。
「オハラ洋裁店で、糸ちゃんに、
こさえてもらいましてん」
と答える松子。
てなワケないか・・・
とひとり、突っ込みを入れる宇宙人。

終戦直後のスーツの型って、今の時代でも、
時代遅れではなくて、すごく素敵であります。

仕事中にも、お酒を飲んで、
においプンプンの真田。
そんな真田が松子に言います。
「額縁ショーって知ってる?」

額縁ショーとは・・
終戦直後に流行した、
女性ヌードを売りにした見世物。
ストリップショーが規制されていたために、
約30秒ずつ額縁の中で
裸の女性が静止ポーズを取るという手法で
その規制をうまく逃れて興業的に成功した。
秦豊吉が昭和22年に始めたとされる。
BYはてなキーワードより。

だそうです。

小さな額縁を持ち出し、
「僕はこうして君を額縁ショーにして
見てるんですよ」
つまり、裸の松子を妄想しながら
酔っぱらった真田が楽しんでいるようです。
その日の夕食、おばあちゃんが
最近額縁ショーってのが流行っている
と話し、そこで、はじめて、
額縁ショーなるものが
何であるかを知った松子であります。

ドラム缶風呂に入っている松子。
額縁ショーやら、ドラム缶風呂やら、
やたらなまめかしい梅ちゃん先生。
木戸の間から、丸見えなんですけど、
終戦直後の人は気にしなかったの?

なにやら考えながら
ドラム缶につかってる松子。
外の井戸で食器を洗っている梅子。
「今日、タケオ兄さんたちに
キャバレーに連れて行ってもらったの」
タケオとあかねのことを話す梅子。
「生きる場所が違う人とは
わかりあえないと思うわよ」
松子は言います。
真田があまりにエッチで、
理解不能なんでしょうね、松子には。

さて、梅子たちはもうじき、
解剖実習がはじまります。
身を引き締めて頑張ろうと思っている所に、
またあの
意地悪先輩3人組みがやってきます。
まるで漫画のような3人組なんで、
笑ってしまう宇宙人。


解剖実習室には
お化けでも出そうな言い方をする
先輩のお姉さま方。
脅されたって梅子は動じません。
赤点を逆転して進級した強みですね、
そこに、学ランの青年たちが入ってきました。
松岡トシオ・・・
どうも、梅子の人生に
大きくかかわってくる人みたい・・・。


そんなら、山倉はどうなるん?




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問してくださって、ありがとうございました。
典子は結婚してほしいと言われたのに、
「そんなこと出来るわけないじゃない」
と言います。
なんで?結婚したらええのに!
宇宙人やったら、します!

続きを読む>>

ビーコンを前にして、
梅子は勉学にいそしんでいる・・・
だったらいいけれど、
典子のことが気になって、
なかなか、勉強に集中出来てない様子・・・。
受験勉強にも使った
犬小屋くらいの大きさの勉強部屋に
松子がお茶を持ってきて来てくれました。
「がんばって」松子は言ってくれます。
でも、梅子は、典子のことで頭がいっぱい!
「聞いてほしいことがあるの」
というわけで、勉強しないで、
みかみ食堂で、
松子に話を聞いてもらいます。
「典子さん、
ご主人がたった2年前に戦死して、
自分だけが幸せにはなれないって言うの」

典子さんって、本当にいい人ですね。


かつて、トイレットペーパーが無くなったら、
自分だけ、買占めようと、
多くの人が殺到したのに、
自分だけ幸せにはなれないなんて・・・
典子は、美しい心だと思う宇宙人。


「なにか言ってあげられないかな」
松子には典子の気持ちがわかるみたい。
「多分、その男の人がいい人だから、
その男の人が好きだから、
結婚できないって言うのよ」
そう~か~。

そんなこんなで、勉強していないのに、
次の日から梅子はビーコンです。
梅子がビーコンの間に、
沢田弥生たちは、その男の職場まで押し掛けたそうで・・・
相手の男性、びっくりしたでしょう。
「その人、田舎で見合いをススめられてるんだって」
田舎で見合いをススメられたら、断れないね・・・
親が勝手に決めるんだから。
そんなことになったら、典子の幸せが~~
と、梅子はビーコンをほっぽり出して、
典子のもとに走って行ってしまいます。
「医者は人の幸せを願う仕事でしょ。
自分が幸せになったら
いけないってことないわ」
典子は、戦死したご主人の言葉を思い出します。
「お前はいつも人のことばかり考えて、
少しは自分のことを考えろって」
きれいな心やね(@_@;)
「お前はいつも自分のことばかり考えて、
少しは家族のことを考えろって」
多くの亭主は思っていても、口チャック。
典子のご主人は、
一生分の幸せを短い時間で
経験したのでありましょう。

典子は彼氏が田舎に帰ってしまわないように、
走り出しました。列車の汽笛が聞こえ、
列車が出発するのでしょう。

たぶん、間に合わないよ、ボルトでも無理。
でも間に合うのが梅ちゃん先生であります。
彼氏は田舎のお見合いは断り、
典子をいつまでも待つと言ってくれたそうです。
ホント、いい人ですね!・・・シンジラレン

梅子は試験の途中で抜け出したけど、
弥生たちが先生にお願いしたから、
再々試をしてくれることになりましたとさ。

めでたいことは続きます。
江美の実家のはなちゃんも
元気になったそうで、
めんこい写真を見せてくれました。
毛並みのりっぱな、

さんの写真でありました~。
江美が、この牛のお見舞いに帰省するため、
梅子は、陽造叔父さんから、
お金を借りていたはず。
コーラが売れたらそれでいいよってことで。
コーラ、売れなかったじゃ、あ~~りませんか!


どうする?梅子!
陽造叔父さんに、
汽車賃、返せよ!



さて、来週は、ダンスパーティーがあるらしく
梅ちゃんに彼氏ができる?
松子は真田にキショク、気に入られ、
タケオはあかねといい感じ。
まったり、いいお話ね。
来週、楽しみ。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございます。
総集編だから仕方がないですが、
もともとテンポの速いお話が、
より速くなって、
なんだか違う感覚でした。


総集編、特に後半は、
元気でモリモリがんばる・・・
というより、
大切な人が亡くなったり、
年をとり、
世代交代の悲哀を感じさせられ、
切ない想いになりました。

周防さんの場面も、
少しずつ好きになっていく様子は
あまり感じられなかったです。

ちよ母さんにだけ
見えている善作父ちゃんに、
お酒をついで上げるシーン。
ここは、ホント、涙でありました。

夏木糸ばあちゃんの分は
本編でも、
30分でちょうどよかった感じですね!


感動しつつ、
なんか、切ない気持になりました。
勉強を江美に教えてもらう梅子。
そこに雪子たちが集まってきます。
「雪子さんは、山倉さんのこと、
どう思う?」
「う~ん、うっとうしいヮ」
山倉の失恋、決定ですね(^_-)-☆

続きを読む>>

終戦から一年、
戦争の傷はまだ消えていません。
典子は子供の世話をしてくれている
お母さんが病気なので、
子供を連れてきています。
戦死した、お父さんは
遠いお空にいると信じているみたい・・・。

タケオは・・・・
商談が成立したご褒美に
キャバレーにつれてもらいます。
そこで、歌手になったあかねを
舞台下から観るのです。
複雑な表情で見上げるタケオ。
タケオがトイレから出てきたところで
あかねと出会いました。
「びっくりしました。いやしかしあの・・」
と言いかけて、
「今の歌はなんですか」
と話をかえるタケオ。
陽造叔父さんに呼ばれて話、途中で、
名残惜しそうなタケオ。
タケオとあかねを、
しあわせにしてあげたい!
宇宙人は心から願っているのです。

で、一方松子であります。
真田と喫茶店で話し合う二人。


真田「戦死した人に顔向け出来るかって
言いましたよね。
ご家族で戦死した人いるの?」

松子「軍医の婚約者が・・・」
真田「世話になった軍医さんがいたなあ」
と、命からがら
助けてもらったことを話します。
真田も苦労をしているのです。

助けてくれた軍医さんは
まだ生きているみたいで・・
もしやしてそれは、
智司ではないか?と宇宙人は妄想。

戦地での軍医の顔はモザイクかかってたし・・
世間って案外せまいもんですよ。
ということは、智司はやっぱり生きていて、
他の女と結婚してる?
九州で亡くなったというのは、
松子から逃げる口実だったのかもしれん。

頭はいいし、美人だが、
怖い女であることを知っていて・・
大学の恩師の娘だから、
断れなくて困り、
戦死したことにして、
トンズラしたのではないのか??
そうに違いないと
宇宙人は決定致しました。

「私の父は大学病院の医者なので、
元陸軍省に知り合いがいます。
探しましょう!」
松子は言います。
「今のテイタラクをみせてどうする?」
戦友はみんな戦死して、
生きる価値がない自分が
生き残ったと思い込んでる真田。
生きる価値は、人はみんな、あるし、
ないと言えば・・・みんな、ない。
人間なんてそんなモン。
価値がないと思っても、
それなりに楽しく生きたらいいや~ん。
なぜ、自分だけ生き残ったんだろうと
悩む必要はないと思うが、
まじめな人ほど、悩むから厄介です。

落第寸前でも悩みは浅く、
能天気な梅子を、見習いましょう。


梅子は、
典子にお勉強を教えてもらっています。
「じゃあ、ここの問題解いてみて」
梅子は悩まず、
典子のほうが何かに悩んでいる様子。
夏休みに引揚者の援護活動したときに、
向こうがまず典子を気に入って
何日かしてまた、会いにきたらしい。
そんで典子の子供もなついて、
結婚してくれということに・・・・。
C班とはいつも一緒に行動してるのに、
気付かれず、典子は素早い行動。
プロポーズもされたらしい。
結婚したら、
医専の授業料の心配もいらないしって・・・
相手の男は、太っ腹!

でも、「結婚なんかできるわけないわ」
典子は言います。

なんででしょう?結婚すればいいのに。
プロポーズしてくるということは、
既婚者ではないだろうし、
学費は払ってくれるし、
こんないい、はなしは、
またとないと思うのだが・・・。
それがわかるのは明日以降ですね。

カーネーションが特別で、

梅ちゃんもなかなか面白いと
思いはじめた今日この頃。
タケオとあかね。
松子と真田。
幸せになってほしいと願う宇宙人。
梅ちゃんは、願わなくても、幸せそうですね。
ほんわかしてるのも、
いいですヮ。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問してくださって、ありがとうございました。
林檎ちゃんの主題歌が流れただけで
涙が流れて困りましたよ~。
勘助も平吉も、奈津も、
泰蔵兄ちゃんも、善作父ちゃんも、
登場人物の運命を
知っているから、
子供時代の糸ちゃんが出てきてすぐから、
涙が出ました。

実在のモデルがいるのだから、
ストーリーは最初から
だいたいわかっていたはずなのに、
ハラハラドキドキさせてもらえたのは、
脚本の面白さと、
役者さんの芸達者さ!

今回初めてご覧になられた方は、
勘助が戦争が帰ってきたのに、
最後のところで、また出征するのが
わかりにくかったり、
総集編だから、大急ぎではあったけれど、
ああ、もう一度、最初から全部、みたいなあと
思わせてくれる名作です。

パッチ屋、ロイヤル店での修行、
百貨店に制服の売り込み。
どれもホントによかった!
女があの時代、ミシン一台で
男以上の働きをするって、
カッコよすぎて、痛快で、これ以上の作品は、
もう当分ないです。

カーネーションと比べて
梅ちゃんが詰まらんと言ったら、
梅ちゃんが気の毒だと、
今日、2作、続けてみて、思いました。
カーネーションは朝ドラなんかじゃない!
カーネーションは別格、
女一代、大河ドラマだったんです。

梅ちゃんはカーネーション以外の、
今までの朝ドラより、
ずっとおもしろいです、。
梅ちゃんがのび太みたいで、
朝からノホホンとして、
いいと思います。

明日は後篇。
周防さんとの場面は、
一時間くらいで、
夏木糸ババの場面は最後の1分で
お願いしたいと思っています♪
「試験さえ終われば
のんびりできる」
そ~はいかない梅子でありました。

英語、数学、ドイツ語、化学
梅子はビーコン。

再試験ビーコン
再々試験トリコン
再々々試験テトラコン
というんだそうで、
多分、再々々々試験はペンタコン。 
今80代前後の
医専ご出身の
おじい様おばあ様先生たちには、
懐かしい響きでありましょう。

梅子は、
えらいこっちゃでございます。

続きを読む>>

「今度こそ合格点取らなきゃ、
即退学よ」
梅子はC班のご学友たちに言われます。
制度が変わり、翌年からは
医専は廃止なので、
翌年も、一年生というわけには、
いかんのです。
C班は全員合格しているのだから、
多分簡単なんでしょうね。


全部、再試験の梅子って、
昭和初期の
「のび太」だったんですね!


トリビアに内緒にしておこうと思ったが
あっさりばれた梅子。
「夏休みにコーラなんか
作ってるからだ!」
頭から湯気出して怒るトリビア。

陽造叔父さんのところに
行ったりするから悪いのだと、
陽造叔父さんに文句を言いに行きます。

「どうも最近、梅子まで来てるらしいな。
おかげで赤点取って再テストだ!」

再テストは、
梅子の責任だと思うのだが・・・。


「タケオにもアコギな商売
させてるらしいじゃないか!
10円の商品を15円で
売ってるらしいじゃないか!」
そんなん、当然と思うけど。
10円のモノを5円で売るアホおらへんで。

一方、真田は顔に傷をつけて
会社に来ています。
飲み屋で「軍が不甲斐ないから
戦争に負けた」と言われ、
喧嘩したそうで・・・。
松子に「戦死した方に顔向けできるか」
と言われたことが、
心にぐさっときてたのよ。
松子ってちょっと、性格、きついヮ。

陽造叔父さんちで勉強しようと
梅子が行ったら山倉が・・・。
いつの間にか、タケオと打ち解け、楽しそう。
「雪子さん、
あの育ちのいい感じが魅力ですね」
てなことを言って、すっかり雪子LOVEです。
ああ、山倉が、
雪子に振られる濃い顔見てみたい(^_-)-☆

陽造叔父さんは、
家に帰って勉強し~と言ってくれます。
下村家のことを思いやってのことでしょう。

家で勉強する梅子。
トリビアが帰って来たので、ちょっと勉強の
質問をしてみます。
ちゃんと答えるトリビア。
「こんなこと、自分で調べろ!」
って言うけれど、
答えられる簡単な内容で、
心の中ではホッとしてるはず。

まあ、梅ちゃん、退学にならんように、
ガンバね。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました。
カーネーション総集編

カーネーション総集編です。

5月3日、4日

午前8:20~9:48まで。
山倉が梅子たちの
コーラ作りのお手伝いをしています。

山倉はどうやら、
雪子に鞍替えしたもようです(@_@;)

美人だったら、だれでもええのンね。
雪子はタケオに惚れたように
みえた宇宙人。

その気持ちわかるヮ(*^_^*)
山倉と梅子は
結婚すると思ったけど、違うみたい。
山倉が次々と梅子の同級生に
ストーカーして、
次々と振られるさまが見てみた~~い!

続きを読む>>

お隣の安岡家。
ノブオは鶴太郎を手伝い、ネジ作り。
「あきらめんな」
鶴太郎に言われるノブオ。
100倍にして返してやりたいね!
その言葉!
楽しそうな梅子を見て
ノブオは羨ましそうでありんす。
そんな頃、
あかねは歌手のオーディション。
直前に歌った人があまりに音痴だったから、
上手に聞こえたあかねの「リンゴの唄」
そんで合格です。
喜び勇んでの帰り道。
タケオと出会ったあかね。
「合格したって梅ちゃんに伝えてください!」
タケオには何に合格したかわかりません。

毎日コーラ作りに精を出す梅子。
江美を助けるためではなく、
梅子がコーラを飲みたい一心で
作っているように見える宇宙人。

帰り道、ノブオと出会い、
コーラをみせていると、
以前、梅子を誤認連行した、
警官にまた出会ってしまいます。
コーラを持って、
おとりとなって逃げてやったノブオは
捕まってしまいました。
「これはなんだ?」
と警官に尋問されるノブオ。
そこに梅子がやってきて、
「これはコーラです。飲んでみて」
と言われて飲む警官。
普通、飲みますかね?
もしかしたら劇薬かもしれないのに・・・。
アホちゃう?

またトリビアに迎えに来てもらい、
大目玉の梅子。

そこに江美(白鳥)が秋田から帰ってきて、
事情を話して一件落着。
アホらし~て、
あごが伸びてしまった宇宙人。
ああ、そういえば、
松子も出てきました。
真田に同情するのかと思ったら、
またまたきつい口調。
「あなたは戦死した方々に
顔向けが出来ますか」
頭の中に、
智司がちらついているのでしょうが、
なんか、意地悪や~ん!


本日、よかったのは、
あかねが、タケオと話すシーン。
ああ、あかねとタケオが
幸せになりますように!
山倉が雪子に、
えげつな~~い
振られ方をしますように!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問してくださって、ありがとうございました。

江美(白鳥)の元気がありません。
なんででしょう?

続きを読む>>

江美はお金が必要なのでした。
「秋田さいるはなちゃん。病気なんだ。
こないだ、あかんぼ、産んで
喜んでいてやったのに具合悪くて」
犬か猫のはなちゃんかと
思ってしまった宇宙人。
江美の小さいころからのお友達だそうです。
お見舞いに秋田まで帰りたいが、
汽車賃がない、
体温計を梅子が売っているから、
自分も・・・と思ったみたい。
てなわけで、梅子はコーラを作ればいいと
ひらめいたのでした。
「ちゃんとしたものが出来たら
俺が買い取ってやる」
陽造叔父さんが言ってくれました。
本当に陽造おじさんは、
たよりになる!!
で、友達と薬品で、コーラもどきが完成。
「コーラの味とは違うが、
日本人はコーラ自体を知らないから。
これがコーラだということにして、
売ろうではないか」
陽造叔父さんが言ってくれました。
その上、江美の汽車賃を
立て替えてくれたのです。
しかしタケオ兄さんは梅子が全然、
勉強していないことを心配しています。
「梅子、勉強させたほうがいいですよ」
スイカが手に入ったので、下村家に帰り、
お母さんに言うけれど、
お母さんは梅子は毎日、
学校で友達と勉強していると
思い込んでいる様子。
コーラのような黒々とした
液体を作っているだけなにのにね・・・
タケオが帰るところで、
あかねとばったり出会いました。
みかみ食堂で語り合う二人・・・。
通りかかった梅子を手招きするタケオ。
ぎくしゃくしながらも、
仲良くなればいいのにあ、
と思わせる二人に割り込む梅子。
ドアホですね。
「歌手演奏者募集」
タケオが帰ってからあかねは
梅子にチラシを見せます。
あかねは今も、歌手になりたいのです。
「人はみんな
自分の可能性を試す権利がある」
タケオ兄さんの受け売りを言う梅子。
まあ、そうやね・・・。
場面は変わり、松子姉さん。
真田に気がある感じだった女が
松子を待ち伏せしています。
「真田さんと別れてください」
「え???」
というわけで喫茶店で話を聞くと、
真田は戦争にいって、
心がねじくれたんだそうです。


それを聞いた松子の心には、
同情が芽生え、
やがてそれは、
愛へと変わっていくのです。
松子は真田の
閉ざされた暗い悲しみを癒し、
やがて二人は恋に落ち、
結婚する約束をするが
智司が生きている
という知らせが・・・!
迷う松子。さあ、どうなる?


↑赤文字の箇所は、
宇宙人の創作ですので、
当たってなくても、
あしからず。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問してくださって、ありがとうございました。

 | BLOG TOP |