プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリス映画です。
ノーベル賞作家ゴールズワージーの
「林檎の木」を映画化したものですが、
教養欠如の私は、
25年前この作品をみて
はじめてこの小説を知りました。
見た後、原作を読みましたが、
映画のほうがより感動です。
あまり知られていませんが、
これは超おすすめの作品です!!

まず、イングランドの風景が美しい!
そして、役者が美しい!
フランク役はジェームス・ウィルビー、
ミーガン役はイモジェン・スタブス。
超美人なのに、
日本でブレイクしなかったのは、
名前の「イモ」と、「ブス」の発音が、
日本人には、
受け入れがたかったのでしょうか・・・。
ジェームス・ウィルビーは、
モーリスに出ていたので、
ご存知の方も多いでしょう。

以下、少し、ネタバレあります。
スポンサーサイト

続きを読む>>

さて、物語です。
初老の男性が丘に腰をかけ、
かつての自分の
若かりし頃を回想しています。
そして舞台は1902年に遡ります。

若い弁護士のフランクは、
友人とイングランド西部を旅行中、
足をねんざしてしまい、
そこで出会った美しい村娘、
ミーガンの家が営む民宿に
逗留することになります。
お約束のように二人は愛し合うのですが、
当時のイギリスは…もしかしたら今でも・・・
身分の差が立ちはだかって、
結ばれることができないのです。
フランクは遠く離れたトーキーという町まで
駆け落ち資金を
引き出しに行きます。

しかしなんど銀行に足を運んでも、
振りこまれているはずのお金は
入っていません。

やっとお金が届き、ミーガンを迎えに、
駅へと急ぎますが、
列車に寸でで間に合わず、
待ち合わせ場所へ行くことができません。
そうこうしているうちに、
再会した友人との関わりの中で、
上流社会の生活を思い出し、
ミーガンには悪いが、やはり、自分は
上流の生活のほうが合っている・・と、
ミーガンとの恋に迷いを感じはじめます。

一方、ミーガンは、待ち続けます。
しかしフランクは来ません。
携帯電話があれば一発で解決ですが、
この時代は携帯がないからこその
ラブストーリーです。
そしてついに、ミーガンは、家族や、
ミーガンを愛している田舎男の振り切って、
フランクをさがしに都会に出かけるのです。

田舎の田園の中では、
ミーガンの素朴な服装髪型は素敵でした。
でも都会の華やかで上流社会の中では、
田舎くさく野暮です。
大きな荷物を持ち、フランクを探すミーガン。
フランクはミーガンの姿を見つけます。
あれほど好きになったミーガンを前にして、
彼は都会の上流生活を選び、
隠れてしまうのです。
やがてミーガンはやつれ果て、
故郷に戻ります。

そこから冒頭の場面に戻ります。
そう、初老の男性はフランクです。
彼の視線の方向には
洗濯をする女が見えます。
ミーガンでしょうか?
フランクは友人の妹と結婚していました。
ミーガンは幸せになったのでしょうか?

原作とは別のラストが用意されています。
最後の最後、美しい景色、音楽のなか、
涙が止まらなくなります。
セリフはありません。
みたら全てがわかります。

一言で書けば、
身分違いの都会の上流階級の青年と、
田舎娘のひと夏の恋物語です。

ありふれた内容といえばそうなんですが、
名手がつくれば、
これほどの名作になるという
見本のような作品です。

是非、レンタル屋さんで借りてみてください。
意外と、小さなレンタル屋さんのほうが、
置いていたりします。
ラストの感動は、DVDで!

アマゾンの感想は読まないほうがいいです。
ラストのネタばれがのってます。





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ロンドンオリンピックで
女子卓球が初めてのメダル、
しかも銀メダルをとって、
ホント、よかったです。
急に、「ピンポン」を見たくなって、
DVDを借りてきました。

続きを読む>>

10年くらい前の映画で、
多くの方がごらんになったでしょう。

当時も一度、DVDで見ましたが、
その時はあまりにすごい
卓球の場面に驚き、
忙しいスケジュールの合間に、
よほど練習したんだろうなあ、
役者ってすごいなあ===!
純朴な私は思いました。

今回、CGだと初めて知り、
そらそうやろな・・・と思いました。

以前見たときは試合の場面ばかりに
感動してましたが、
10年たって、
私も大人になり(笑)
見方が変わりました。

ロケ地は湘南鎌倉だと
今回初めて知りました。

主人公のペコ(窪塚くん)と、
スマイル(ARATA、現、井浦新)が
七里ヶ浜の海岸を歩く場面で
江の島が見えて・・・
あっ!江の島だ!と思いました。
(江の島にこの10年で数回行ったので
江の島という島があることを知ったのです)

江ノ電が鎌倉高校前駅に近づくと、
海が現れるシーン・・・
行ったことのある場所を映像で見ると、
不思議な感覚になります。

和歌山の白浜海岸が舞台で、
登場人物が和歌山弁で、
「ほな、スマイル、そろそろ、いこら」
なんて会話をしていたら、
全く違う趣になっていたでしょうね。

やっぱ、湘南は都会やな、
と思いつつ見ました。

お話は、卓球に青春を掛ける、
高校生の青春友情物語です。
原作漫画を読んだら
もっと深くわかるのかもわかりませんが、
読んでません。

主人公はペコ(窪塚くん)ですが
今回はスマイル(ARATA、現、井浦新)に
気持ちのほとんどがいきました。

根暗で、内向的で、
子供のころはいじめられっ子で、
ペコにかばってもらっていたスマイル。

高校生になってからは、才能はあるのに、
卓球は暇つぶしと言い放つ。
暗くて内向的な登場人物なのに、
私の心をわしづかみにしました(@_@;)

インターハイの決勝戦で
ペコとスマイルが対戦することになります。
さあ、どっちが勝つのか・・
と思ったら場面は変わり、

スマイルは
ネクタイ姿で町の卓球練習場で、
子供に指導している。
ペコは
もっと上を目指す選手になっている。

ネクタイ姿のスマイルが映って、
涙が出てきたんですが・・・
なんでなんかよくわかりません。

スマイルに惚れたのか、
ARATAに惚れたのか、
物語に惚れたのか、よくわかりませんが、
ラストを思い出すと、今も、涙が出ます。


お知らせ

いつも宇宙人主婦日記に
ご訪問して下さって
本当にありがとうございます。

目の調子が悪くなり、
突然ですが、梅ちゃん先生の
あらすじと感想の更新を
中止することにしました。

PCとにらめっこしながらの、
毎日のブログ更新は
自分では気づかないうちに、
とても目に負担を掛けていたようです。

夜遅くに何度も録画を見直し、
あらすじと感想を絡めて書く作業は、
カーネーションのときは、
すらすら自然にできましたが、
「梅ちゃん先生」になってからは、
できなくなりました。

何年にもわたって、いろんなドラマの感想を
一話も欠かさず、あらすじ感想を面白おかしく
書いておられるブロガーの方々は
本当にすごいと思います。


芸能人は歯が命、
ライターは目が命


というそうです。

私はライターではありませんが、
まだまだ観たい映画やDVD,
読みたい小説があります。

これからは、目を大切にしながら、
今後は時々みたDVDや、
映画などの感想を
このブログをはじめた本来の目的である、
ストレス発散や、楽しみを、
つぶやくように、
そっと書いていこうと思います。

いままで、梅ちゃん先生の
あらすじ感想を楽しみにしてくださった方々、
ありがとうございました。
朝の体操をする安岡製作所のみなさん。
梅子が10歩ほど離れた診療所に
行こうとしたら、
「あの~昨夜はありがとうございました。
ありがたい言葉、身にしみました」
光男が駆け寄ってきて梅子にお礼。

気持ち悪いほど・・・・
いやいや、光男は非常にいい子ですね。

続きを読む>>

診療が始まってすぐに、
早野さん宅からすぐ来てほしいと電話。
今日は診療所は臨時休診にして
駆け付ける梅子と婦長。

早野さんが亡くなりました。

亡くなったのは15時45分。
朝一で呼ばれ、梅子と婦長は、
ずっと枕元に座っていたのだろうか。
昼飯は・・・食ったのだろうか・・・。

早野さんが亡くなり、
ガックリ悲しい梅子。
その晩、下村家にやってきたマツコ。
子供が出来たと報告。


人類誕生から約20万年。
人はどこからきて
どこに行くのでしょう?


早野さんの死が悲しくて
梅子は早々に安岡家に帰り、
ノブとしっかり抱き合うのでありました。
ノブは背が高い!かっこいい!


しかし、
この時すでに光男は、
押し入れで寝ているのだ==!
15歳の少年に、
刺激が強すぎないか==!


翌日、仕事に出かける梅パパと
診療所に行く梅子が出会います。

梅パパは大学病院まで行くので、
距離もあるだろうし、
早く家を出なくてはならんだろう。
その同じ時刻に、梅子が診療所に行っても、
診療開始時間まで、
2時間近くあるのではないか?
一体ひとりで何をしてるのか・・・・

それはさておき、出勤前の梅パパ。
安岡製作所にいる光男をみて
まじめそうないい子だなと言えば、
梅子も、そうなのよ、イビキさえなけりゃね、
と褒めたつもり・・・
しかし、なんでおまえが
あの子がいびきをかくことを知ってるんだ?
ということになっちゃったよ~

鶴太郎に文句を言いに行く梅パパ。
梅子の父親だとノブに訊いた光男は
早速、腰を折って丁寧なごあいさつ。
「梅子さんには大変お世話になっております


「いったい
どんなお世話だ===!」


仕方ないよ・・・
安岡家の嫁なんだから・・・
ここは雑魚寝が基本なんでしょ・・・



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございました!
ぶったおれて、寝込んでしまった梅子。
新しい生活で、気を使って、
慣れない家事もして、
お疲れですね・・・。

続きを読む>>

朝目が覚めたらノブがいない。
お布団はあげられて、
もうとっくに起きたみたいね~
大急ぎで起きていったら、
ノブ母ちゃんが
朝ごはんの支度をしてくれていたよ☆

「いいのよ、
梅ちゃん、最近疲れてるでしょ。
今日は日曜日だし、まだ寝てなさいよ」
と、言ってくれるノブ母ちゃん。
やさしいや~~ん!!

忙しいんだし、無理しないでね、
料理の味付けが、
日に日に味が濃くなってるのよ。
疲れてるから
濃い味がたべたくなるのよ。
・・・だって。

汗をかく重労働なら、
塩分不足になるだろうけど、
梅子は診療所ですわってお仕事、
往診だって、
全力疾走で行くわけじゃないし、
汗かいてないのに・・・
なんで、濃くなるのだろうか?


単に、料理が
下手なだけではないのか?


「私は娘の心配が出来て嬉しいのよ。
居てくれるだけで十分」

医者は何もしなくていい、
そこにいるだけでいい。
梅ちゃんは、何もしなくてもいい。
いてくれるだけで嬉しい。


なんて梅子は
幸せ者なんや==!


そんなある日のことである・・。
集団就職で、佐藤光男という名の
少年がやってきた。


ロクちゃんと同じ青森出身です☆

早速その夜は歓迎会。
「こったら立派な工場に就職出来てうれしい」
なんといい心持ちでしょう!


ロクちゃんは確か、
こんなしょうもねえ、
ちっこい工場は嫌だべ!
もっとデカイ会社だと思ったから、
集団就職したのに、
こんなボロイ工場、
オラは嫌だべ!


って、言ってましたよね。

(名作、ALWAYS 三丁目の夕日より)

もっと立派な工場でなきゃいやだ~~って
言うかと思って心配していたと言う鶴太郎。

光男君は六人兄弟・・・
青森にはまだまだ産業がない・・・
日本の経済成長に貢献したい==!
高校に進学する余裕はなかったが、
一生懸命働くから宜しく!
と挨拶する光男。
驚くほどしっかりしてる!!


ところで、この子どこで寝るの?

ということになって・・・
キノヤンの下宿は?・・・・

当然、あっさり断られる。
「オイラたちと寝るか、ノブたちと寝るか?
どっちと寝る?」


来た早々、
少年の光男には
刺激的な質問●~*
はたして==!光男は
梅子たちと寝ることになったよ~


お行儀よくおやすみなさいと、
三人で川に字で眠ったら、
光男、すざましいイビキだ===!

ノブも梅子も眠れない(~_~)
「眠れた?」
起きてきたノブに訊く梅子たちをよそに、
涼しげな表情で文庫本を読む光男(^O^)/

「私の家の人には言わないで。
光男君と三人で寝ていることがわかったら、
父が訊いたら
また何を言うかわからないから」


そりゃ、驚くだろ!
新婚夫婦が、
従業員と川の字で
寝ていると知ったら!


やる気満々で
工場のことを教えてもらう光男。
テキパキとしっかりしている光男。
イビキ以外は問題なしの少年である・・・。

一方、寝不足でも、
仕事はしなくてはいけません。

早野さん宅へ往診する梅子。
早野さんの病状が重い(;一_一)

「おいとまする時期だ」と言う早野。
そんなことは考えなくていいと
梅子は言うけれど・・・

「あの、主人は?」
あとは声には出せず、
これからどうなるのか?
表情で問いかける奥さん。
「いつでもお電話下さい」
暗黙の了解の梅子と妻。

人はいつか必ず天国に行くんだけど、
さみしいよ・・・

二階に上がってきたら、
光男が押し入れで寝ると言って、
ノブと押し問答。

「押し入れなんかで寝ることないよ」
「昨夜はおらのイビキで寝れなったでしょ。
だからここで寝ます。
石の上にも3年、艱難汝を玉にす、
じいちゃんに言われてきたので!」


艱難汝を玉にす・・・

人は苦労を乗り越えることで、
玉が磨かれるように
人格も立派になるという意味だそうで・・・

「ありがとう、光男君。
ノブと光男くんが言い合ってるのを見たら
ホッとするの。ここが自分の家だと思って
暮らしてちょうだい」

早野さんの病状が悪くなって、
気持ちが落ち込んでいる梅子にとって、
光男は心の安らぎ・・・か?

すでに、押し入れから、
もすごいイビキが聞こえてくるよ。


・・艱難辛苦
それは、イビキに耐える、
新婚夫婦にこそピッタリの
ことばではないでせうか?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました!
朝食の準備をする梅子。
ホントに4人で
寝たみたいですよ~

続きを読む>>

早起きして朝ごはんを作る梅子。
「梅ちゃんが
朝ごはん作ってくれるなんてねえ」
ノブ母ちゃんもご機嫌。
ノブ母ちゃん、厳しいかと思ったけど、
優しいよ~ (^O^)/

玉子焼とか、めざしとか
鶴父ちゃんも、朝からからごちそうだと
喜んでくれて、ノブもお味噌汁、
美味しいって言ってくれて、よかったね。

こんなに一生懸命朝ごはん作って、
梅子エライ!

時々、我が家にきて、
造ってほしい宇宙人(@_@;)

朝ごはん作って貰っただけで、
泣くほど喜ぶ姑(^_-)-☆
みんな、優しくてよかったね(^_-)-☆

下村医院の看板を、
院長の名前を下村梅子から、
安岡梅子に変える鶴親子。

大量の嫁入り道具を
実家に預かっててもらうため
搬入した鶴親子。

「下村医院を安岡医院にするべき」
と梅パパに言う鶴。

「あの医院はオレの土地に建っている。
だから下村医院だ!
いやなら土地を買い上げろ!」

梅パパが言えば、
「工場でかくして買い取ってやる==!
下村なんて・・・しもなんて==!

鶴に言われて梅パパも応戦。
「安岡は安物の安だ・・」


やっと二階で、二人で休めるノブと梅。
「これからよろしく」
って、あいさつしあって、
なんかいいと思ったよ。

一方タケオは、
従業員に梅子の結婚式のことを報告。
「社長のご両親も
お二人のことを認めてくれたんですか?」
従業員はみんな、
静子とタケオを応援してくれていたんだね。
みんな、静子を認めて、受け入れていて、
この二人、きっと幸せになるね。

よかった!タケオちゃま!

「とにかく今は仕事」
とタケオは言うけれど、
早く結婚しろ!結婚は勢い!

夜中、寝ている梅子を
起こしに来るノブ母ちゃん。

意地悪で覗きに来たんじゃないよ
急患が来たって知らせにきたんだよ。

でも朝はちゃんと起きて朝食作り。
でも仕事中に居眠りの梅子。

梅ママは子供みんなが巣立っていって、
寂しくてたまんないんだって。
年代物のアイロンでアイロンしながらも、
「梅子はちゃんとやってるかしら?
お昼ごはんくらい一緒に食べたい」
と言うけれど、梅子は
嫁に行ったんだから
そういうわけにはいかない、
これからはもっと
自分の人生を楽しまなきゃ。

梅婆に言われるけど、
この時代に女性に
自分の人生を楽しむって、
感覚なかっただろうから、
寂しいんでしょね。

翌日、マツコが来たと言ったら、
実家で食べていいと
言ってく入れるノブ母ちゃん。
めっちゃ、いい人やん!

「お母さんに呼ばれてきたの。
お母さん、寂しいみたい。
なるたけ用事を作って甘えてあげなさい」

マツコ、たまに姑来るけれど、
気を使うのに、
梅子はエライと言うところを見たら、
あの、加藤の母ちゃん、マツコのとこに、
ときどき来てんだな・・・・。


大変ヤナ~~

で、気が付くと、梅子が倒れている
と思ったら、寝てました・・・

みんな、うまくいって
朝からちょっといい気分よ。

やっぱ、ケンカしたり、
いじわるしたり、されたり、
嫉妬したり、されたりするより、
みんな丸く収まってるのは、見てて、
いいと思ったのでありました。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございました。
今日は梅子とノブの結婚式。
きれいだ==!花嫁姿の梅子☆
9頭身のカッコイイ新郎ノブオ☆
梅パパはマツコの結婚式の時と同じく、
また汲み取り便所に籠って、
シブキを浴びてます==(@_@)

続きを読む>>

仲人は康子さんと和也。
新郎新婦の紹介文すら、
ろくに読めないテイノーの和也。
こんなバカに、よくも仲人、
たのんだもんだヮ。

医専時代の友人も
結婚式に出席してくれました。

弥生は梅子を、
馬子にも衣装というけれど、
そんなことはない、きれいだよ。

雪子と弥生はまだ独身だが、
江美は妊娠中…メンコイ仔牛が
生まれることでしょう。

のり子さんは
心配な患者がいるから欠席。

医者だから仕方ないヮと、梅子は言うけど、
だれかに代わってもらえるし、
開業してるなら、
急患は病院に
行ってもらえばいいだけのこと・・・。
めんど臭かったんかもしれん
・・・子供がいるし、忙しくて・・・。

岡部さんと相沢婦長も出席。
「まだ、屈伸運動のデータを
とってらっしゃるのですね」

屈伸運動は相沢婦長の提案だったとか・・・
一体何の意味があるのかわからんが・・・

岡部は相沢婦長が好きだったん?

陽造叔父さんも元気に出席。
神崎珠代を今度は上海リリーに仕立て、
マジックショーを興行。

立ち直ってよかったじゃ==ん!


タケオは静子と出席。
梅パパに静子さんを会わせたら、
よさそうな人じゃないかって、
言ったんだって!!


ノブ母ちゃんの兄貴
・・・シゲル伯父さんてのが出席していて・・
鶴父ちゃんは、昔、借金したことあって、
頭が上がらないらしいのだが・・・

「嫁さん、医者だって?
医者やりながら
工場のおかみさんが務まるのか?」
おめでとうと言いつつ、
難癖付ける伯父さん。

「カミさんが外で仕事していて、
て大丈夫なのか?」
「伯父さんに関係ないよ」
ノブが言っても、関係ないことないと
執拗に嫌がらせを言い続ける・・・

「あんたはどうなんだ」
梅子はいつもの調子で、
「なんとかなるかな」と、答えれば、
「なんだそれは?」と、
嫌がらせはヒートアップ。

見かねた弥生が立ちあがり、
「梅子は頑張り屋です。
人より理解が遅く、パーだけど、
今まで、何とかなってきました」
と精一杯の擁護。

雪子も、医専時代、
医薬品を横浜まで取りに行き、
梅子がリヤカーを引き、
力だけはあるから、
正月の餅つきは任せて安心だと、
必死に褒めるが・・・・

嫌がらせは続くのだ~~
すると、ノブ、やったよ!

「僕の嫁さんを
悪く言わないでください===!
欠点の数なら僕も、梅子といい勝負です。
うちの親父とお袋だって、
欠点だらけでもうまくやってきている。
親父たちを見習って、
ふたりで補っていくって決めたんです。
だから、俺たちは大丈夫です!」


よく言った!ノブ!しかし、
将来、ノブ母ちゃんと
梅子が対立しても、
こうやって、言えるかな?


ところが、ノブの伯父さんの嫌がらせは
おさまらない・・・。
みかねた鶴太郎親父が

「もういいだろう・・
今日はめでたい日なんだ・・・」
と、間に入るがダメ・・・。

ついに、鶴父ちゃん、
「言う相手が違ってないか?」
と反撃。

「これだけ言っても、
せがれは帰って来ないよ」

鶴のことばに、梅パパ反応。

「息子さんがどうかしたのか?」
すると、

「ウチのセガレは私に反発して
家をとび出してまして
私より、ずっと出来の悪い
鶴太郎の子供がこんなにすくすく育って、
親に似ても似つかぬ9頭身になって、
美人のいい嫁さんもらって、
悔しかっただけのことです・・」

いままで、
見下していた鶴太郎が幸せになり、
自分のほうが、
不幸せで悔しかったそうな・・・

よほど、今まで、
バカにしてきたんでしょうなあ。

「心配ないでしょう」

梅パパが立ちあがって言いだしたよ~。

「ウチの息子も一時は
家を飛び出してましたが
今ではそれなりの者になっております」

今日のタケオは静子さんと出席。

「息子は、
こんないい女性とご縁が出来て
何とかやっております。
梅子も反対を押し切って、
開業医になりましたが、
何とかやっております。

親からみれば、
子供はいつまでも子供ですが、
いつの間にか、
一人前になっているものです。
だから、あなたの息子さんもきっと!!
大丈夫!!」


梅パパが
初めてタケオを認めたよ!
ああ、タケオ、よかったね!!


でも、ノブ伯父さんの息子が、
帰って来くるかどうかは、
わからないけどね・・・。


さて、
その夜は、ショヤであります。


二階に行こうと思ったら、
「おい、どこに行く?」
ノブに呼び止められた梅子。

「二階は荷物でいっぱいだから、
ここで寝る」
と言われて入ったその部屋に、
鶴太郎夫婦が寝ているよ(@_@)

梅パパが、
荷物をあづかると言ってるらしいけど、
肝心のショヤは鶴親父たちと雑魚寝・・・・。

もとはと言えば、
梅パパが見栄を張り、
嫁入り道具を搬入させたから・・・


まあ、人生は長い・・・
これからいくらでも・・・・・・・

楽しい生活は
始まったばかりだ===!



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました。
今日のお昼、
BS放送で、「少女たちの日記帳」を観ました。
ヒロシマで被ばくし、
亡くなった少女たちが
昭和20年4月6日から8月6日まで
書いていた日記を元にした
ドキュメンタリーです。


亡くなった少女のご遺族に、
50年たって、一枚の絵が届いたそうです。
ある男性からで、
50年前のことを思い出し、
描いたという、少女の似顔絵でした。

その似顔絵は、
残されている少女の写真とよく似ていて、
生前の少女をよく知っていた人が
送ってこられたのでしょう。
しかし、ご遺族にも、
贈り主は誰なのかは分からないそうです。

同級生で生き残った方は
みな、疎開していた人です。
その同級生の方が仰ってました。

短い人生の中で、
ほんのひと時、
お互いに心を通わせた人がいたのなら、
本当によかったって・・・。

涙が出て、止まりませんでした。

梅子の結婚のご祝儀のつもりで、
検診に来てくれた康子と和也。
そばには相沢婦長。
製薬会社重役息子との見合いでは
顔に泥を塗るようなことを
梅子にされているのに、
まだ勤めてくれているとは、
器の大きな人ですね・・・(―_―)!!


以下、番組の内容とは、
一部、変更しておりますので、
信じないように・・・・。

続きを読む>>

結婚を控えたノブ。
工場は忙しく、めでたい!
忙しいのはありがたいが、
人手が足りない・・・
集団就職の子を雇おうか・・という相談。
そういえば梅子も以前は、
青森から小さな自動車工場に
集団就職してましたね・・・
あのころはかわいかったなあ~~☆

昼休みに梅子はノブに相談。
「料理はどうするの?
食事は誰が作るの?」
「そりゃあ、母ちゃんだろ。
一人分くらい増えたって、
どうってことないだろ」

料理ができないことを心配する梅子。



「私が作んなきゃ、
マズイんじゃない
かしら~~~~?」
とんでもない!

そんなことね~~よ!
梅子が作ったら、
ほんとに不味いんだよ==!


梅パパは仕事に復帰・・・
大学病院では医局員たちが、
下村教授に、お嬢様の結婚のお祝いを
申し上げているよ。

「僕がプロポーズしてから10年!」
感慨深げな山倉である。

松岡からも、
お祝いのメッセージが届いています。


「まずは下村先生のご快癒、
お祝い申し上げます。
そして、お嬢様と、僕が別れて数か月。
ノブくんと結婚することに
決まっていたんですね。

そんなこととはつゆ知らず、
僕は、弄ばれ、楽しかったです。

僕が勉強を教えて差し上げたおかげで、
梅子さんが落第せずに済み、
僕が、論文の
ゴーストライターをして差し上げたから、
論文を発表できたこと、
誇りに思っております。

僕は数年したら、日本に帰ります。
僕のポジションのご用意、
よろしくお願いします」By松岡


梅パパも医局員たちも、
みんなお祝いムードです☆

半年たって梅子の結婚式は近づきました。
梅子が料理の練習をしています。

「得意料理の一つや二つなきゃね」
と梅ママ。

梅子の料理の毒味も、あと少しの期間・・・
「何とか食える程度だ」
お父さんの最大の褒め言葉で、
梅婆もたべてくれています。

鶴太郎オヤジに食わせる料理なんか
手抜きでいいと、梅パパは料理の指南。

そこに、陽造おじさんが来たよ。
梅子と梅パパの奔走で、釈放されたんだって。


そんなことで、
釈放になっていいのか!
法治国家日本!


てか、初犯だからね・・・

お酒を持ってやってきた叔父さん。
遠慮して帰ろうとするけど、
梅パパの許可で家に入れてもらって
何事もなかったように
機嫌のいい叔父さん。
「実はね、梅子とノブを
くっつけようと思ってたんだ」

どうやって梅子とノブがくっついたか
叔父さんは知りたいけれど、
・・梅パパは聞きたくない・・・

庭に出たら鶴パパが顔を出す・・・
鶴太郎が梅子を嫁に頂く・・・
と言うものだから、

お前にやるんじゃないと梅パパ応戦。

安岡家の嫁ってことは、安岡家に頂くことだと
これまた応戦。

梅子たちの新居が四畳半だと知った梅パパ。
「釣ったった魚に
エサは与えぬつもりだな==!!
建て増しでもしろ」
「じゃ、おまえが金出せ」と鶴太郎。
「なんでおまえんちの建て増しに、
うちが金ださなきゃならんのだ!!===!」
と言い合いばっかり・・・。

ケンカするほど仲がいい…と言いますから、
仲良しなんでしょうか・・・・

早野さんの往診に付き合うノブ。
ふつうは付き合わないが・・・・

早野さんはずいぶん具合が悪いみたい。
ノブに、くれぐれもよろしく
おねがいしますよという、早野。

梅子はみんなに心配してもらって
幸せだね。

嫁入り道具
おくところがないのに・・・

梅パパは狭い安岡家に送り付け・・・
安岡家の二階は足の踏み場もない・・・。
お父さんには散々お世話になって
あんな立派な嫁入り道具を用意してもらって
感謝してるんだって…梅子☆


めでたい!
ほんとにめでたい
おはなしです!!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました。
梅子はちょっと前に振られた
松岡のことなんか
最初からなかったことのように・・・

ノブはちょっと前に振られた
咲江のことなんか
最初からなかったことのように・・・

ノブと梅子は、
結婚、することになりましたよ~~(@_@)

続きを読む>>

「お父さん!」
梅子が勢い込んで
居間に入って来ました。


「私、ノブと結婚するの!」

と言うのかと思ったら、違ったよ●~*

「あした、叔父さんと面会出来るって、
やっと警察の人が許可してくれたの。
明日面会に行って!!」

「なんで俺が行かなきゃならんのだ!!」
梅パパは拒否するけれど、
尚も、梅子は食らいつく・・・

「反省して、
相手に謝ってお金を返せば、
刑務所に行かなくて
済むかもしれないって」

そもそも、返す金があれば、
最初から、詐欺はしないし・・・・
詐欺の初犯なら、
執行猶予が付くだろさ・・・・。

「叔父さん、刑務所に行ってもいいって、
開き直ってるの。
ホリエモンが、かの名作「おひさま」を
とても楽しみにして観てるって


ホリエモン著書、「刑務所なう。」

に書いてるんだって。
よほど、特殊な環境だと思うって、
興味を持ってるのよ。

お父さん!
叔父さんが刑務所に入らなくてすむように、
みんなが心配してるって言ってきて」

梅子に指図されて、不機嫌な梅パパ。
「親に指示する気か!!」
と言えば、
「必要な時はします!」
と、医者になってからエラソーになった梅子。

「叔父さんがいろいろ世話してくれたのは、
お父さんの子供だからでしょ」
梅子は言うけど、今まで散々、
迷惑を掛けられてきたらしい梅パパは、
面会行く気なし・・・。

「建造さん(梅パパ)も
陽造さんも私の息子よ」
梅婆が言えば、梅子も言います。
「叔父さんは私たちの家族よ」


「世界はひとつ、人類みな兄弟」

って、やつですね☆

というわけで、梅パパは面会に
行く気になったのか、行きました。

梅パパ「どうしてなんだ?」
初っ端から直球の質問。

「あのコンサート、
途中まではうまくいってたが
ぽしゃってしまって・・・」
資金繰りに困ったらしいよ。
「仕返ししたかったのかな・・・
あんただけ裕福な家に養子にいって、
学問させてもらって・・・」

こんな方法で仕返ししたら
自分に返って来るだけよ。それに、
梅パパは10歳で養子にいってるから、
それなりに遠慮の生活で、
まあ、カワイソと思うのだが・・・

「あんたの子供はお人よしだな
心の優しい連中だ。うらやましいよ
あんないい子供たちに恵まれて
結局負けたよ。
俺にはあんないい子供たちはいない。
誰もいない・・・・」

「いるぞ。
家の子供たちがおまえを慕っているぞ。
梅子がどれだけオレとおまえを
仲直りさせようとしているか・・・
母だっておまえを、
本当の子供だと思っている・・・
たった一人に兄貴のことも忘れるな・・
ひとりじゃない・・・
心から反省するんだ・・・
でてきたら、いつでも家に来い・・・」
「すまない」


いい臭いがする、
清らかな場面ですね(@_@)


一方、ノブと梅子の結婚問題です。

ノブが招集してまた両家でお食事会。
お食事会はいつも下村家で・・・
安岡家はただ飯ぐらい・・・
しかも、食卓のど真ん中には
数々のおかずにまじって、
饅頭が置いてあります。


梅パパは糖尿病なのに?
目の前に饅頭!===!
梅ママの
梅パパへの嫌がらせか?


「梅子とおれ、結婚する!」
「え!!いつの間に?」

そりゃあ、驚きますね。
ついこないだまで、松岡やら咲江と
付き合っていたんだから・・・。

料理がうまい嫁に家事をさせて
こき使おうと目論んでいた、
ノブ母ちゃんの顔はこわばってるよ~

ノブは梅パパの前で、
「梅子を幸せにします」と宣言。

「梅子には、医者として
町の人の役にたちたいという夢があります。
オレも工場を大きくする夢がある・・・
お互い忙しいと思うけど、
夢を持ってる者同士、
支え合って行けると思います」


オレも
工場を大きくする夢がある。


ここに魅かれたのか
思いかけず、梅パパが
「宜しくたのむ」と言ったよ(^_-)-☆

鶴太郎父ちゃん、


ちゃぶ台返しか====!

と、期待したら、好きにしろ…と、鶴太郎

「乾杯しよう!」
と、みんなで乾杯!
めでたすぎて、アホらし・・・
と思わなくはないけれど、



「いいんじゃないですか・・・・
お話なんだから」by咲江



刑務所なう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました。
陽造叔父さんが詐欺罪で・・・
逮捕されちゃったYO!

「帝都大学医学部教授の実弟、
教授の通報で逮捕!」

今ならレポーターが下村家に押し寄せ、
週刊誌に書きたてられて、
大騒ぎになっただろうけど、
当時はそんなことなかったから、
安心して通報しちゃったんですね(@_@)


梅パパがあああああ====!

続きを読む>>

どうせすぐ釈放されるだろ、
と、宇宙人は他人事だから思うけど、
梅子は陽造叔父さんが
心配でたまらんのです。

警察署にまで駆けつける梅子。
「お願いします!叔父さんに会わせて!」

懇願するけれど、取り調べ中なんだもん、
会わせてくれるはずないじゃ==ん!

取り調べ中は弁護士でも
なかなか会えないのに、
梅子が会えるわけないや~~ん!

それに、
会ってどうにかなるわけでなし・・・

ガッカリして帰る途中で
ノブと会う梅子。

「面会したくても取り調べ中だから
会えなかったヮ。
私は、叔父さんはそんな
悪いことをするとは思えないの。
きっと何か事情があると思うの」

事情は・・・お金ないから・・でしょ。

梅子は自分に何かできることはないか、
梅婆に叔父さんと梅パパのことについて
尋ねてみたんだけど・・・

「お父さんはどうして陽造叔父さんを
目のカタキにするの?
陽造叔父さんには毛があって、
自分にはないから悔しいの?」

「陽造さんはお金のことで
梅パパにずいぶん迷惑掛けてきてるのよ」
と、梅婆。

長年の借金踏み倒しの仕返しか==?

梅婆の話では・・・・・
梅パパのお父さん、
梅子の祖父さんも、お金にだらしない人で、
梅パパは気の毒にも、
赤貧洗うがごとしの少年時代。

子供時代は仲が良かった、
梅パパと陽造叔父兄弟は、
薪を背負い、お手伝い。

勉強の出来た梅パパは
二宮金次郎のごとく、
のちに親孝行したのではなく、
下村家に10歳で養子に入り、
自分だけ医者になり、

一方陽造叔父さんは、
いい加減なジジイのもとで、
祖父さんそっくりな人間に成長し、
梅パパだけでなく、
梅婆にもお金を借りに来てたらしい(~_~)

梅婆は、梅パパだけを養子にしたので
陽造叔父さんとの間に、
溝を作ったような気がして、
それをわかってる梅パパが必要以上に、
陽造叔父さんにきつく当たるんだって・・さ。


じゃあ、梅婆さま、
今からでも、遅くない!
陽造叔父さんを下村家に、
養子として、
迎えてあげたらどうでしょう?


梅子はまたまた警察署に行って、
陽造叔父さんに会えるように
たのむのだけど、


会って、どうするの?
「叔父さん、詐欺だなんて、ウソよね!
ウソって言って」


って言うの?

当然追い返された梅子。
ぼんやりベンチに座っていたら、
雨が降って来ましたよ。そして、
思った通り、ノブがやって来ましたよ。
ノブは傘差してます。

「なにやってんだ・・・こんなに濡れて、
しょうがねえ奴だ」

傘を梅子に持たせ、ノブはタオルで梅子の
服をふき始めたよ~~~

「梅子は叔父さんを助けたいだけじゃなく、
自分の親父さんや
他人のことを考えてんだよな。
梅子はそうやって
人の心配してるのが似合うよ」


しかし、こないだの
見合い相手に対する失礼を、
申し訳ないとは
全く思わない梅子である。


「梅子はいつも患者とか
周囲の人やみんなのことを心配してる。
自分も所詮、その中の一人の様な気がして、
結婚する気あるかと訊かれて、
そんなわけないって答えちまった」

「嫌われたと思ったわ」

「そんなわけないだろ。
梅子のやってる仕事の手伝いくらいできると思って。
梅子もオレのやること手伝ってくれるだろ?」

「うん」

「じゃあ、
またお見合いとか親が言いだす前に
結婚しよう」

というわけで、ノブは梅子を抱きしめて、
この二人は、めでたしめでたしとなりました。

オレのやること手伝ってくれるだろ?

これが曲者で、ノブババからこれから、
こき使われるのか?それとも結婚まで
両家がもめて大騒ぎになるのか?

ちゅらさんでは、ガジュマルの木の下で、
二人が抱き合った時、宇宙人は
ああ、よかった!と泣きました。

カーネーションでは周防さんと、糸ちゃんが
ミシン部屋で抱き合った時、
ドキドキしながら泣きました。

ああ、なんとしても、
二人がうまくいきますようにと
祈ったものでした・・・

が、今回初めて、


あ、結婚するの?あ、っそう、
という感じ・・・・


松岡君は結局、、
梅子が、医専で留年しないために、
大学病院で、論文を書くために、
踏み台にされただけのようで・・・・
イケメンなのに、気の毒です。

男はここぞという時、
ぎゅっと、抱きしめる度胸と勇気が
必要です。
野生動物はみんなそうやって、
相手をゲットしているのです。

松岡君は、アメリカで
医学の成果を上げて、
ノーベル賞をとりましょう。

まずは、梅子とノブ、
おめでとう。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございました。
陽造叔父さんが逮捕される!!
エライこっちゃ、
なにやってん!

続きを読む>>

と、その前に、梅子の見合いの続きです。

当然、見合いは大失敗。
自分は結婚に向かないとか、
安岡家に謝れとか、
梅子に言いたい放題されて、
製薬会社重役一家は
激怒、してるでしょうね・・・(@_@)

相沢婦長、顔に泥、
塗られちゃいましたね・・ヌフフフフ

よく朝、どこかに出かける梅パパ。
どうやら、リハビリを兼ねた、
お散歩みたいね。
そこに昨日のお見合いの失態を
謝りに来たノブ。

「君が謝ることではないよ」
と言い残し、梅パパは行っちゃいましたよ~

お互い見合いがダメになり、
というより断られ、
もう、見合いしろしろと
言われなくなると思うと
ホッとするノブと梅子である・・・・。


一方タケオの会社。
事務員として働いている静子が
タケオに怒られてますよ~~

「言い訳するな、やり直せ!」
会社の従業員の前だと、
厳しい口調のタケオ。

すると静子がへそを曲げて
出て行ってしまったよ(~_~)
いちいち、機嫌を損ねられても、
従業員の手前、タケオも困るやん。

ドアが開いたので、
帰って来たのかと思ったら、陽造叔父さん。
静子が泣きそうな顔で出てきたそうで、
陽造叔父さんが招き入れたら
不貞腐れた表情で入ってきたよ●~*

「すまん、きつく言いすぎた、
みんなに甘やかしている
と思われたくなくて・・・」
と、タケオちゃん。
「今晩、なにかおいしいもの食べたい~」
「わかった~~~」

従業員は、アホらし・・・
と思ってるでしょうね。


タケオちゃん、
さっさと結婚しましょうよ。


いや、その前に、
静子の過去があぶり出される事件が
勃発するのか??!!
ちょこっと楽しみや~~ん!

叔父さんが来たのは、
歌謡ショーのチケットを
売りに来たのですが・・
タケオは30枚買ってあげました。
1枚、500円。
蒲田の実家2階にマツコと梅子、
三人で集まって、叔父さんのため、
チケットを、買ってあげようと話し合い。
「じゃあ、私は5枚」
・・・マツコは、あんまりたくさん買うと、
無駄使いしてるって、
義母さんに、小言をいわれるらしい。


今まで、生死すら不明で、
義母の「義」の字もなかったくせに、
最近急に、加藤の母ちゃんが出てきて、
不自然なことやな。


「お姑さん、優しくないの?」
梅子が心配してあげると、
「結婚は甘くないのよ」
マツコは言うけれど、
それ以前に、加藤の母ちゃんは強敵なんよ。

「見合いはどうだった?」
タケオに訊かれて
「ダメだった」
と答える梅子に、きらわれたんだろ
と、爆笑気味のタケオ。

「医者は、たくさんの人を
大切に願う仕事なのに、
結婚して、一人の人を
大切に思っていけるかどうか・・・」
心配する梅子に、
「バカか!一人を大切に出来ない人間が、
たくさんの人を大切にできるか?」
正論のタケオ。


「コスプレ浮気がバレて、
一人の妻を激怒させた男が、
260万の市民を
幸せにできるか?」


と同じ論理ですね。

ともかく、見合い相手が
好きじゃなかっただけなんだから、
なんだかんだ理由をつけのは、やめようね、
う・め・こ!

「ノブオくんの見合いはどうだった?」
ノブも見合いはダメだったと知り、
じゃあ、結婚しろとタケオ。

「近すぎて意識したことなかったけど、
ノブがそばにいてくれたら嬉しい」

それはつまり、そういうことだね・・・
ということで、タケオとマツコは梅子を連れて
ノブの所へ。

「梅子と結婚する気はある?」
単刀直入に訊かれたノブは、
「そんなわけないでしょ。
おれが梅子と結婚するわけないでしょ」
断わられちゃいましたよ~(@_@)

「幼馴染みには、過去の数々の恥を
みられてるからなあ」
タケオは言うけど、そんなの序の口。


結婚したら100年の恋も冷める
人間の実態をお互いに、
目撃することに
なるんだよ(^_-)-☆


一方、ノブは初めて、梅子との結婚・・
を、意識し始めた様子よ~~


そして、
陽造叔父さんであります。


叔父さん逮捕の記事が新聞に掲載されて、

詐欺だって・・・。

すでに、公演中止になったチケットを
売りさばいていたらしいよ。

タケオに売りに来た時には、
すでに、公演中止を知っていたというから
甥を騙すとは、困った人だね・・・


しかもそれを、
警察に通報したのは、梅パパ!


「陽造がまっとうな仕事を
うまくしてるなんて怪しいと思って、
調べてみたら、案の定だ。
放置していたら、
見ず知らずの人がもっと被害に遭うんだ」

確かに正論である、梅パパ。

しかし、梅パパは陽造叔父さんに、
何か深い恨みでも、あるんだろうか?
ずっと嫌ってるよね・・・・。

「弟を警察に売るようなことをして!」
タケオは激怒。
帰っちゃいました。
せっかく、梅パパと少しずつ、
仲が良くなっていたのに・・・
これで、また元通りですね・・・。



人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました。
ついに梅子、ノブの、
お見合いの日がやって来ましたYO!

さて、どうなるか!!

続きを読む>>

と、その前に、
先日の指の怪我、消毒にやってきたノブ。
診療所には、相沢婦長が持ってきた、

「お見合いの心得」

のという本が置いてある。
相沢婦長も、大きなお世話の人である(~_~)

内容についていろいろ聞いてくるノブに
「読めば?」
気のない返事の梅子である。

一方、タケオちゃんはマツコに
会社から、仕事中に、
梅子が見合いをすることを電話で報告。

「どうなるか見ものですね」
タケオは、おもしろがってる感じだけど、
マツコは、梅子とノブのなんとな~くの
恋心を察しているから
これでいいのか===!という表情。

そこにタケオに仕事の電話。
「タケオさあああん、電話でええす」
と静子。


ギュッと抱き合ってから・・・
あのあと、どうしたのかしら~ん
と思ってはいたが、
ともかく、静子は、
事務員として働いているですね。


「タケオさんでなく、社長とよべ」
「すみません、しゃ・ちょ・う」
てな感じのふたり。

一方、梅子は早野宅。
この夫婦をいい夫婦だと思う梅子。
「お二人はどういういきさつで
ご結婚されたんですか?」
病気とは関係ない、
患者のプライバシーに立ち入る梅子。
「どうして?」
早野が訊くと、
「先生は今度、お見合いされるんです」
婦長が平然と、個人的情報の漏えい。

「私たちも見合いですよ」
早野さんの時代はだいたい、みんな、
お見合い結婚ですね。

見合い結婚も、幸せな人、
熱烈恋愛であっという間に飽きて別れる人、
さまざまです~~~☆

なんだかんだいって、ついに
お見合いの日がやって来ましたYO!

場所は、きれいな料亭です。
安岡家の三人は正装して待つが、
見合い相手はなかなか現れない。
ふすま一枚隔てた、お隣では梅子が見合い。


日時も同じ、場所も隣同士とは、
よほど、
ご縁があるのではあるまいか、
下村家と安岡家。


隣が下村家と気付いた鶴太郎。
家族三人、
ふすまに耳をつけて様子をうかがう。

お隣では、真っ赤なべべきた梅子と両親。
相手はいかにも金持ち風の嫌味な一家。

「どうして医者になりたかったのですか?」
「父が少年を助けるのをみて、
人を助ける仕事をしたいと思いました」
「どうして開業しようと思ったのですか?」
「昔からお世話になっている近所の人に
御恩返しがしたいからです」

模範解答の梅子である。

「お父様も鼻がたかいですね」
「いえいえ」
ありきたりな会話が続く・・・・。
が、うまく見合いが進行している様子に、
不安なノブ。

「国民の栄養事情がよくなり、
栄養が良すぎて
病気になる時代がくるんでしょうなあ」

製薬会社重役が言えば、
話しが合うと梅パパが応じ、
政略結婚の匂いがぷんぷんだと、
盗み聞きの鶴太郎は言うのだが・・・

ちょっとずつ雲行きが変わっていって・・

「私は結婚には
向いてないのかもしれません。
往診で患者さんと話して、結婚って、
一人の人を一生かけて大切にして、
愛していくものなんだなって思いました。
でも医者は、
患者さんみんなを大切に思って、
幸せを願う仕事です。
一人の大切な人が出来たときに、
患者さんを大切にしていけるかどうか、
なんだか、心配になってしまって・・・」

「あなたの考えでは
医者はみんな独身を通さねばなりませんな」
…と相手の父親。


つまり、あんたの息子とは
結婚する気にはなれないって、
言ってんだYO!



そこに食事が運ばれてきて・・・

しかし、一向に、
ノブのほうには相手が来ない。

あ!来たぞ!

と思ったら康子と和也がやってきて、
工場といったらデカイと思ってたら
小さいとわかって断ってきたそうで・・・

つまり、安岡製作所が
予想より貧乏だから、ノブは、
見合いの前に断わられちゃたのよね~~


カワイソス

当然、怒りを爆発させる鶴太郎。
酒飲んで、ふすまにフラフラ近づいたから、

やるだろうな・・・

と思った通り、ふすまをぶっ倒す鶴太郎。


ドリフ全員集合
大好きな宇宙人は大喜び☆


全く下品な人たちだ
・・見合い相手の言葉に、怒る梅子。


その通りなんだけど・・・・。

将来は、医院を山の手に医院を移したら
という重役パパの提案に
きっぱり、お断りします!と言い放つ梅子。

「みんなに謝って下さい」
とまで言う梅子。
相手の男、怒って帰るかと思ったら、
失礼しました・・・と謝罪したよ。

見合いの最中にふすまを押し倒し、
乱入されて、謝罪させられた見合い相手。


お気の毒~~~~(@_@)

ただ、「全く下品な人たちだ」・・ということは、
見合いが終わって
帰ってから言ったほうがよかったね☆


ホントだからこそ、
言ってはいけないことがある。


ま、梅子と製薬会社の重役の息子は、
ご縁がなかったということですね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
ご訪問、ありがとうございました。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。