プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

紳士協定


初めて見ました。

1947年アメリカの作品です。
紳士協定とは、暗黙の了解の取り決めで、
お互いを信用し合って結ぶものです。

しかし映画の内容は、
紳士協定というより、
仲間はずれ協定というべき
重いものでした。

続きを読む>>

フィル・グリーンは
奥さんに先立たれ、
小さな男の子と、
年をとったお母さんと暮らす、
ジャーナリストです。

週刊誌の編集長から依頼され、
反ユダヤ主義の人たちの
実態を記事にするため
カルフォルニアから
ニューヨークに引っ越してきます。

フィルはプロテスタントの
クリスチャン。

アメリカでは
クリスチャンが1番
ということになっていて、

ユダヤ教を信じる
ユダヤの人達は阻害され、
差別されているのです。

フィルはクリスチャンの身分で
取材をするより、
自らがユダヤになりすまし、
実態をレポートしたほうが、
真実がわかるのではないかと考えます。

フィルはグリーンの名を
グリーンバーグとした途端、
周囲の人たちの態度は豹変するのです。

グリーンがクリスチャン、
グリーンバーグがユダヤだなんて、
宇宙人にはわからないのですが、
アメリカ人には
過剰反応が起こります。

まずアパートの家主が、
郵便の表札に
グリーンバーグなんて書くな、
迷惑すると言います。

息子はが小学校で
いじめられます。

フィルには編集長の娘と、
結婚の約束をしていて、
新婚旅行の予定で、
高級ホテルを予約していたけれど、
このホテルは、
紳士淑女の泊まるホテルで、
ほかの客に迷惑がかかる・・
と、一方的にキャンセルされます。

会社の昼食会で
自分はユダヤだと話すと、
ますます嫌がらせは
エスカレートします。

彼らは、
ユダヤ人を差別するという、
暗黙の了解、
紳士協定を結んでいるのですよ==!!

恋人とも意見の食い違いで
うまくいかなくなり、
八方塞がりのフィル。

唯一応援してくれるのは
お母さんだけです。

やがてユダヤ人差別の実態を伝える
記事が掲載され、
大反響になります。

やがてフィルは
恋人とも分かり合い、
もとのさやに戻るところで、
映画は終わりますが、

フィルは終わっても、
ユダヤの人達に終わりはないのです。

人間が住むところ、
いたるところ、
差別と偏見、
誤解がうずまいています。

人間三人よれば
派閥ができる?とか
聞いたことあります。

人よりちょっとでも
自分は上でありたい、
人より上になり、
エラそうにしたい・・

あるいは、
自分は公明正大な人間だ、
と言いつつ、
実際はそうではないということ・・

だらけですよ・・この世の中。

自分はえらい、
と思っている方々も、
昔々は猿でした。

ご先祖が猿でない人間はいません。
猿も格差社会ですよね。

猿の時代から続く
格差差別なんだから、
根は非常に深いです。

類人猿からやり直すしか
方法がないのか、
教育がしっかりしていれば
是正されるのか・・

わかりません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


エンターテインメント ブログランキングへ




スポンサードリンク



tag : グレゴリー・ペック、差別、紳士協定、ユダヤ人

ロミオとジュリエット

オリビア・ハッセー、
レナード・ホワイティングの
ロミオとジュリエットです。

1450年頃のヴェロナの街。
ともに名家のキャピュレット家と
モンタギュ-家。

古くから憎みあうカタキ同士です。

なぜ憎み合うようになったのか、
発端は何だったのか・・

そこんとこの説明がないから
わからないけど・・・


カタキ同士の家に
生まれ落ちた男女が一目惚れ。

障害が大きければ大きいほど、
燃え上がる悲恋の物語です。(´・_・`)



続きを読む>>

キャピュレットの娘ジュリエットに、
縁談が持ち上がっていました。

晩餐会で相手の男性を好きになれたら
結婚へ~という段取りです。

ジュリエットはまだ14歳です。

その舞踏会にモンタギュ-家のロミオも
仮装して出席します。

そこで運命の出会いとなるのですが・・・


「ひとは見かけが9割」

という本がありますが、
相手がどういう考え方をする人かを
知る間もなく、

ロミオとジュリエットは
外見だけで
お互いに夢中になります。

晩餐会が終われば、
有名なバルコニーの場面です。

そこで愛を誓いあった二人は、
翌日には修道士ロレンスのもとで、
結婚式を挙げます。

二人は結婚しましたが、
それはまだ誰も知りません。

そんなある日、
キャピュレット家と
モンタギュ-家の若者が街で
鉢合わせになります。

ロミオは親戚関係になるのだから、
丸く収めようとしますが、

モンタギュ-家の若者が
キャピュレット家の若者に
刺殺されてしまいます。

怒りに駆られたロミオは
剣を抜き、相手側の若者を
殺してしまいます。


原作ではロミオはそのほかに一人、
合計二人殺しています。

案外、血の気の多い、
短気な男ですよ、ロミオは・・。


この場面で我慢していれば、
ロミオとジュリエットの
人生は大きく変わっていたでしょうに・・・

仲間が先に殺されたのだから
向こうが悪いのだけど、

ロミオはヴェローナからの
追放の処分になります。

この頃の貴族は親からの遺産で
暮らしていたのだろうから、
追放になったら、
赤貧洗うが如しの文無し貧乏です。


神父の教えに従って、ロミオは
その夜、ジュリエットのもとを訪れ、


ヤルことはやって・・・・

朝になる前に遠くの街まで逃れ、
そこで連絡をとり合い、
事件のほとぼりがさめるまで
待つことにしたのでした。

ちょうどそのころです。
縁談話が進みだし、
その週の木曜日に
結婚式になってしまいます。

その相手、晩餐会でチラ見したけれど、
ブサイクでした・・・


絶対に結婚したくない!

ジュリエットは泣いて父親に
懇願するけれれど、
結婚しないなら出て行け
という無慈悲なお言葉・・・

ジュリエットは神父に相談。
48時間だけ死人になれる薬をもらい、
みんなに死んだと思わせて、
神父がロミオに連絡、

迎えに来たロミオと
逃走する計画を立てます。

恋は盲目。
親なんか、この際、
どうでもよくなるのです。


しかし
そうは問屋がおろしませんでした。


みんなは
ジュリエットが死んだと思い込み、
葬式も行われ、
計画通りではありましたが・・

ジュリエットが
死んだと聞きつけた
ロミオがやってきて・・・
絶望して服毒自殺。

目が覚めたジュリエットも
絶望して剣を胸にさし、自殺。

両家が憎み合っていたための
悲劇であるからと、
両家は和解!!

そんなにあっさり
和解するくらいなんだから、
紛争の理由は
大したことはなさそうです。

そんなら、もっと早く、
さっさと和解しとけばよかったですね。

しかしロミオは
短期でカっとする性格で、
一目惚れで結婚したら、
DV亭主になっていたかも
しれません・・・・

障害の大きい恋愛は
二人を燃え上がらせ、
しかも、ビジュアルがよければ、
猪突猛進となります・・・

が、やはり、結婚は相手の人間性、
相手の家の舅姑小姑のことを
知ってからの方がいいでしょう。


それにしても、
映像は美しく
音楽もすばらしく、名作です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

エンターテインメント ブログランキングへ




スポンサードリンク



tag : オリビア・ハッセー、布施明の元妻、

アラバマ物語


この年になって
初めてみました。

1930年代のアメリカ、アラバマ州。
差別と偏見に満ちていた時代の
お話です。

ネタバレも書いてます。


続きを読む>>

グレゴリー・ペック演じる
弁護士アティカス・フィンチは、
正義感の強い、古き良き時代の
象徴的なアメリカ人。

奥さんは既になくなっており、
黒人のお手伝いさんに
助けてもらいながら
二人の子を育てています。

子供たちは、
しっかりした長男ジェムと
おてんばな長女スカウトです。

フィンチ家のすぐ近くには、
ずっと引きこもりの少年
ブーが暮らす家があり、
近所の子供達の興味の対象です。


引きこもっているだけで、
誰にも迷惑をかけていないのだから、


ほっといてくれ!勝手やろ!

と思いますけど、
それを許さないのが、
人間の残酷な心情です。

子供の世界は決して純粋だけでなく
時には非常に残酷です。

一方、お父さんは
婦女暴行事件の弁護を
担当しています。

白人の娘を強姦した容疑で
青年が逮捕されており、
犯人とされる青年が
黒人であるので、
フィンチ家は近所からだけでなく、
子供の学校の友達からも非難され、
白い目で見られます。


山場は裁判の場面です。

陪審員全員白人による、
黒人青年への偏見と
思い込みに満ちた裁判は行われます。

被害者とされる娘の右頬に
殴られたあろがあることが
問題となります。

右頬を力いっぱい殴るのであれば、
犯人は左利きの可能性が大です。

娘はこの黒人に強姦され
暴行されたと証言。

しかし、黒人青年の左腕は
過去に怪我をして、
動かすことができません。

娘の父親は左利きです。


黒人青年への尋問が始まります。

白人娘に誘惑され、
無理やりキスをしてきて、
押し倒されたと証言。

押し倒されて二人共が倒れている場面を、
娘の父親が目撃。

黒人青年は逃げ出し、
白人の娘は左利きの
父親に殴打されたのでした。


当然、黒人青年は無罪です。
正しい裁判であれば・・・。


しかし青年は有罪でした。
全員白人の陪審員によって、
くだされた結果でした。

その後、護送中に青年は
絶望感から逃走。

射殺されます。

しかし物語はこれで終わりません。

白人娘の父親は、
娘の不埒さと、
自分が殴ったことが
裁判によって暴かれ恨み、
フィンチ家の二人の子供たちを襲います。


絶体絶命の危機を
救ってくれたのは誰か?






隣人のブーです。
変人、頭のおかしいヤツと
近所、周囲の人たちから
見下されていた少年ブーです。

裁判の場面を見ている時には、
隣人ブーの存在を忘れていた宇宙人。

突然現れ、助けてくれたブー。

ホッとしたら、
ラスト、涙が出ました・・・・

偏見や差別、イジメをなくすには
どうすればいいか・・・

この作品は1962年制作です。

いまだに答えは出ていません。






スポンサードリンク




tag : グレゴリー・ペック、

自転車泥棒

第二次世界大戦後、
2年間、職のないリッチ・アントニオは
ポスター貼りの職を得ます。
しかし仕事には、
自転車が必要です。

生活苦から質屋に入れていた
自転車をシーツを質にいれ金に替え、
代わりに自転車を取り戻し、
さあ、これからやっと、
まともな生活になる!と思ったとき、
自転車を盗まれてしまいます・・・

悲しく、絶望的で
どん底の気持ちになる映画です。

続きを読む>>

警察に届けても、
自分で探せと言われます。

ひどいものです。

息子のブルーノを連れて
アントニオは自転車を
探し、市中を
駆けずり回ります。

でも探しても探しても
わかるはずがありません。

お腹をすかしたブルーノとともに、
高級レストランに入れば、
お金持ちたちが
豪勢な食事をしています。

その横で、
チーズサンドを食べる親子。
ポスター貼りの仕事さえうまくいけば、
これから生活は楽になる、

アントニオは息子ブル-ノに
話します。

もしかしたこの男かも?
と追いかけ続けるけれど、
証拠もないし、
もう盗まれた自転車は
戻ってきそうにありません。

絶望のアントニオが
ポツンと止めてある自転車に
気づきます。

「盗んでしまおうか・・
いや、そんなことはできない・」

アントニオは逡巡の末、決断します。

息子ブルーノに電車で先に帰るよう言い、
思い切って、他人の自転車にまたがり、
走り出します。

「泥棒!!」

大きな声に呼応して、
人が集まり、
アントニオは捕まってしまいます。

折しも、電車に乗り遅れた
息子ブルーノは
父親が捕まるところを見てしまいます。

子供の前で
警察に連行されるのは
忍びないと思った持ち主が
ことを荒立てなかったので、
アントニオは逮捕をまぬがれます。

ブルーノが見上げると、
父親が泣いています。

それを見てブルーノも泣き出します。

この親子は群衆に紛れて、
歩いていくのですが、
これから先どうなるのでしょうか。

いったいどうやって生きていくのか・・

あまりに救いのない結末に、
宇宙人は子供の頃、
涙が止まりませんでした。

でも、どれほどどん底でも、
必ず底はあり、
底にまで来たら、あとは
また這い上がるだけです。

アントニオに這い上がろうとするだけの、
根性があるかどうかわかりませんが、
人間、どんな状況でも、
絶対に絶望しないで、
生きてきたいものです。

人は絶望し、
諦めてからが
本当の人生がはじまるのですYO!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


エンターテインメント ブログランキングへ




スポンサードリンク



tag : イタリア映画、自転車泥棒

第三の男

有名な作品ですから、
たくさんの方が
ご覧になっているとと思います。
でも宇宙人は、
50歳をすぎて初めて見たのでした。
なぜ今まで見なかったかは
後ほど書く事として・・


続きを読む>>

作家のホリーは昔の友人ハリーに
仕事を依頼されて
第二次世界大戦後、
四分割統治下のウィーンに行ったところから
物語が始まります。

でも行ってみれば
ハリーは自動車事故で亡くなっていて、
まさに葬式が行われていたのでした。

葬式で知り合った少佐から
ハリーは
闇取引をしていた悪人だと聞くけれど、
信じられず、
友人の名誉のため
調査することになるのですが・・・

ハリーの恋人アンナと会うと、
アンナは美人。

アンナへのほのかな恋心も手伝い、
ハリーが住んでいた
宿のおっちゃんに話を聞いたりして、
ハリーの死のの真相を探っているうち、
ハリーが死んだとき、
三人の目撃者がいることが分かります・・

二人はわかるのだが、
第三の男だけがわからない!


さて第三の男はだれか?

やがて、ホリーは誰かに脅され始め、
アンナは
偽造身分証明書所持で逮捕されます。

そんな時、
ホリーは生きているハリーと遭遇。
ハリーが水増ししたペニシリンで
薬害を引き起こしている悪人だ
と知ったはホリーは、警察に連絡。

ハリーの恋人アンナの釈放と引き換えに、
ハリー逮捕に力を貸すことになり、
ホリーはハリーと観覧車前で会うことに・・

友人を警察に
引き渡すことに迷いがあったけど、
彼が真性悪人であることを悟り、
逮捕もやむなしと、警察に協力。

警察との取引でアンナは釈放されるけれど、
アンナは怒っています。

おとりとなって待ち、
ハリーと会うホリー。
しかし警察を察知し、
下水道に逃げ込みます。
銃撃戦の末、ハリーは撃ち殺されます。

第三の男はハリーだったというわけです。

葬式の日、
ホリーはアンナを待ちます。
現れた彼女はホリーに一瞥もくれず、
去っていきます。


第三の男1

どんな悪党でも、好きなものは好き。
愛した男を撃った奴は絶対に許さない、
愛は盲目のラストです。

あの有名なチターの音楽に乗って、
物語は終わりました。


さて、私が今までこの作品を
見る気にならなかったのは・・・


オーソン・ウェルズの顔が
藤山寛美に見えて仕方ないのです。


関西では40年以上前、
土曜日の午後は漫才と吉本新喜劇、
松竹新喜劇を放送してました。
当時は土曜日も小学校がありました。
大急ぎで帰ってきて、
お昼ご飯を食べながら、すっとそのまま、
藤山寛美を鑑賞したものでした。

宇宙人はいつ、オーソン・ウェルズが、
アホの演技をはじめるか・・・
そんなことを思いながら見たものだから、
名作であるにもかかわらず、

わけがわからない、
釈然としないところがあり、
残念でありました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

エンターテインメント ブログランキングへ



スポンサードリンク



tag : オールソン・ウェルズ

哀愁

風と共に去りぬ撮影後1年の
ヴィヴィアン・リーと、
色男ロバート・テイラーのメロドラマです。

純情だった高校の時はじめて見て、
感動のあまり、夢にまで出てきたけれど、
50をすぎたおばちゃんになって
また見たら・・・・・・

こんな感想になりました!


続きを読む>>

白髪の将校が
ウォータールー橋にたたずみ、
小さなお守りをにぎり、
かつて愛した女性を回想する場面から
この映画は始まります。

イギリスの将校クローニン大尉と
バレリーナ、マイラは
第一次世界対戦の混乱時、出会います。

クローニン将校は
マイラのあまりの美しさに一目惚れ。
翌日には結婚を決めるほど、
燃え上がるのです。

それもそのはず、
マイラが美人だからだけでなく、
将校は出征が決まっており、

戦争という、ショウガイが
ますます二人を燃え上がらせるのです。

マイラは将校を見送りに行くため、
バレエ団の仕事を無断で休み
解雇されます。


そのバレエ団の先生は
鬼のようなババア。


宇宙人がみるに、
このバアさんは、間違いなく独身です。
年をとっているからブサイクなのではなく、
若い頃から姿も心もブサイクなものだから、
根性がひん曲がったとしか思えない、
意地悪バアさんです。

解雇されてスッキリ・・
と、なればいいのだけれど、
戦時下ということもあり、
次の仕事がありません。

それでも、将校が無事帰還して、
結婚する日を夢見ているのだけれど・・・

将校のお母さんと
初めてレストランで会う日、
将校の戦死を知らせる広報を
見てしまうのです。

仕事はない、
結婚しようと思っていた彼氏は戦死。

どん底状態に、マイラは絶望し、
友人のキティと
帰還兵相手の娼婦になってしまいます。

なぜ、マイラは
娼婦になってしまったんでしょうか!!

当時、女性の仕事が
あまりなかったとはいえ、
その気になったら、
娼婦以外にも仕事はあったはず・・

ある日のことです。
駅でお客さんを物色していたら、
なんとそこに将校が帰ってきて・・・

彼氏は生きていたのでした。


「娼婦に身を落としたのだから
結婚なんかできないゎ・・・」


マイラは困惑するけれど、
何も知らない将校に押し切られ、
結婚を承諾。

大金持ちの将校の実家に連れて行かれ、
親族たちと会うのですが・・


「踊り子なんかと結婚するなんて!」
と、陰口を叩く人もいるくらいなのに、

「実は娼婦、やってました」
とは、とても言えないっしょ・・・


良心の呵責に苛まれ、
マイラは将校のお母さんにだけ
事実を告白し、
思いつめてウォータールー橋で、
軍用車に飛び込み自殺をするのでした・・・

回想は終わり、
年老いた将校がたたずむ・・・

で、物語は終わるのですが、
当時高校生だった宇宙人は、


死は美しい・・

なんて素晴らしいメロドラマだ!
と思ったのですが・・・・・・


そんなことないですよ!!

そもそもなんで
マイラは娼婦になったのでしょうか?

その気になったら
他に仕事はあったはず・・・なのに・・

思い詰めて、死を選ぶ・・
くらいなら、

死ぬ勇気があるなら・・

便所掃除したって
生きてけますよ!


便所は汚いですけど、
掃除している人は
汚くないですからね!

疑問に思ったのは将校さん。
長いあいだ、
マイラを想い続けているけど、
ずっと独身を通しているとは考えにくい・・

となると、結婚しながら、
昔の女を想い続け・・・


こんなん、いかんでしょ?

ともかく、死を選ぶことは
美しいことではありません。


何が何でも生き抜いて、
100歳で市長さんから
表彰状をもらいましょうよ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



tag : ヴィヴアン・リー、ロバート・テイラー

アリとキリギリス

貯蓄のために、生涯働き詰めに働いて、
何の楽しみもなく死んでいくか・・・

楽しく遊んで人生を謳歌し、
年をとってから野垂れ死にするか・・・

あなたはどちらの人生を
選びますか?


続きを読む>>

アリさんは働き者です。
夏真っ盛り、
熱中症になりそうな炎天下でも、
せっせと食料集めに余念がありません。

一方、キリギリスは働きません。
涼しい木陰でバイオリンを弾いて、
歌を歌って、遊んでいます。そして・・・

真面目に働くアリさんを馬鹿にするのです。

でもアリさんは黙々と働きます。

やがて夏は過ぎ、秋風がふき、
寒い冬の季節になりました。

夏は食べ物が豊富でしたが、
冬はありません。

アリさんは家の中に
大量の食べ物を備蓄しています。

冬が来ようが、嵐が来ようが、
アリさんは食べ物に困りません。

困ったのはキリギリスです。
夏の間、バイオリンを弾いて
歌って遊んでいたので、
食べ物の備蓄がありません。

食料を大量に備蓄している
アリさんに恵んでもらうしかありません。

キリギリスは今にも凍えそうな、
コジキのような出で立ちで
恥を忍んでアリさんのおうちに行きます。

「食料を恵んでください」

アリさんのおウチの中は暖かそうです。

宇宙人の時代の絵本では、
「夏中、歌って遊んでいたんだから、
冬には踊ったらどうです?」と
イヤミで仕返しされて、
食べ物はもらえず、
哀れキリギリスは飢え死にする・・
というものでした。

しかしでディズニー版は、
「私は夏の間、あなたに笑われたアリです。
キリギリスさんは、夏の間、遊んでいたから
こうなったのでしょう?」

と、偉そうにアリに説教されて、
食べ物をやっと恵んでもらえる・
哀れなキリギリス・・・
となっています。

どちらにしても、
今、楽しいことがあっても、
後回しにして、
まずは勉強したり、働かないと、
後で困ることになりますよ、
誰かが助けてくれたとしても、
蓄財している奴は大体において
嫌味な奴が多いから、説教されて、
大きな借りを作ってしまいますよ・・・

といういう教訓です。


でも、蓄財のためだけの人生は
幸せでしょうか?


本来お金は使うために必要なのです。
しかし蓄財に必死になっている人の中には、
蓄財そのものが目的となり、
老後も、宅配弁当すら、
最低限の、ものにするから、
栄養失調になっている人がいます。

「もったいないと言わずに、
せめて500円はやめて、
800円のお弁当にしたら?」と言われても、
貯金が減るのが嫌だと言う人がいます。

またほとんどの収入を若い頃、
旅行や趣味に使ってしまい、
年とってから野垂れ死にするしかない・・
という人も中には、いるでしょう。


なんの娯楽もなくケチケチ蓄財し、
老後、大量に備蓄した食料を、
もったいないもったいないと言いながら、
ケチケチ食べる人生と、

若い頃、趣味や旅行を楽しんで、
全く備蓄しないで、
老後、野垂れ死にヤムナシ
の状況に甘んじるか・・

あなたならどちらを選びますか?


宇宙人は・・・
なんの娯楽もなく働いて、
それでも全く蓄財できず、
野垂れ死にする人生です・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク


tag : アリとキリギリス

嵐が丘

ある男性が
ジプシーの孤児を哀れにおもい、
引き取り育てます。
しかしそれが後の悲劇につながります。
善意によって、一族が滅んだ、
理不尽な物語です。


続きを読む>>

嵐が丘のアーンショーが仕事先で
ジプシーの身寄りのない少年、
ヒースクリフを哀れにおもい、
家に連れ帰ったとこから
全ての物語は始まります。

彼には、ヒンドリーとキャサリンという
子供がいました。
「仲良くするんだよ」
と言われて、
「はい、わかりました」
とはいかないものです。

長男のヒンドリーは意地悪で、
何かにつけてヒースクリフに意地悪します。
しかしキャサリンは女の子ですからね・・・
ヒースクリフと仲良くなっていき、
成長するに従い、
愛し合うようになります。

しかしキャサリンのお父さん、
アーンショー氏が亡くなり、
ヒンドリーが当主となるとと、
ヒースクリフを下男扱いにしてしまいます。

それでもヒースクリフとキャサリンは、
密かに愛を育んでいたのですが・・・

そんなる日、
ふとしたことから上流階級の
暮らしにふれます。
そこには
エドガーというお年頃の男性がおり、

キャサリンはヒースクリフを愛しながらも、
心揺れるのです。
愛してはいないけれど、
お金といい暮らしに・・・・・。

そして、些細な誤解がもとで、
ヒースクリフは姿を消し、
キャサリンはお金持ちエドガーと
結婚します。

時間が経ち、
やがてヒースクリフが帰ってきます。
大金持ちになって・・・


ヒースクリフは
復讐に帰ってきたのでした。


昔意地悪した
キャサリンのお兄ちゃんヒンドリー、
自分を失恋させたキャサリン、
キャサリンと結婚したエドガーに
復讐するためです。

ヒンドリーから財産を全て奪い、
キャサリンと結婚したエドガーの
妹イザベラと好きでもないのに結婚して、
精神的虐待で追い詰め、
自分はキャサリンに会い続けるのです。
やがてキャサリンは病気になり亡くなります。

ヒンドリーは一いち文無しになり、
エドガーは妻キャサリンを失い、
エドガーの妹イザベラも不幸になります。

嵐が丘は荒廃し、
丘にはずっとキャサリンの亡霊が住み続け、
ヒースクリフを呼び続け・・
結局ふたりは
黄泉の国へ・・・
手に手を取って行くのでありました・・・


元をたどればキャサリンのお父さんが
孤児のヒースクリフを哀れに思い、
引き取ったところから悲劇が始っています。
人助けをしたのに、
逆恨みされるなんて、
あまりに理不尽ではないでしょうか!!


いいことをしたら、
きっと将来、いいことがある・・・
なんて、嘘なんだということを、
この映画は教えてくれます。


いいことなんかしなくていい、
自分のやるべきことだけやって、
あとはテレビでも見ながら、
煎餅食べて、うたた寝していても、
罰は当たりません。

宇宙人は
テキトーに楽しんで生きることにします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

エンターテインメント ブログランキングへ



スポンサードリンク



ダンボ

ダンボ3

コウノトリたちが大きな袋を
大きなくちばしにくわえて、
空を飛んでいます。

シマウマさんには
シマウマの赤ちゃんを、
キリンさんには
キリンの赤ちゃんが届けられます。

サーカス団の象のジャンボは
赤ちゃんが届けられるのを
今か今かと待っています。

やっと届けられたのは、
とてつもなく大きな耳の象赤ちゃん。

サーカス団の象は
耳が小さいアジア象。
届いた小象は間違いなく、
アフリカ象です。
コウノトリの配達ミスです。

配達ミスからはじまる
奇跡の物語です☆

続きを読む>>

ちょっとほかと違っても、
自分の子供と信じているジャンボにとって、
子供は可愛い!
ジャンボは、小象を
ジャンボ・ジュニアと名前をつけて
可愛がるのですが・・・・・
ダンボ4

サーカス団のお局集団が
「ジャンボ・ジュニアなんてもったいない!
ダンボで十分じゃああああ===!」
と、自分たちと耳が違うだけで、
いじめの態勢に入ります。

それでもお母さんがかばってくれたときは
よかったのです。
サーカスを見に来た悪ガキどもに
愛する息子がいたずらされて、
ジャンボの怒りは爆発!
大暴れして、サーカス小屋ごと
壊してしまします。
お母さんは「恐ろしい象」認定で、
小さな小屋に閉じ込められてしまいます。


あまりに
ひどくないですか!


お母さんと離れ離れにされた小象のダンボ。
お局集団から、耳をネタに、
よりいっそうのいじめを受けます。


まるで
小学生並みのいじめですね・・
体の特徴をあげつらい
いじめるとは!!
幼稚なおばはん、許せません!


唯一かばってくれるのが
ねずみのティモシー。
いっしょにお母さんの
隔離小屋に会いにいく場面は
涙なくては見れない、感動です。

ティモシーは言います。
「大きな耳を使って空を飛べよ
スピッツだって歌ってる・・
空も飛べるはずって・・・」

できるわけないと思っていたけれど、
間違ってお酒を飲んで
寝ているあいだに空を飛ぶのです。
親切なカラスから
魔法の羽をもらいますが、
サーカス本番ではなくしてしまい、
さて、どうなるダンボ===!

ラスト、大きな耳を必死に
ばたつかせて空を飛ぶダンボ!


お局たちよ、ザマ===!
溜飲が下がります☆


コウノトリの配達ミスから始まった
奇跡の物語です。

お局集団が勝手に
欠点と思っていた大きな耳を使って、
ジャンボ自身も信じられない
能力を生み出したのです。

コウノトリが間違いなく、
アフリカにジャンボを届けていたら、
ジャンボは今頃、
普通に草原で暮らし、
空を飛べるとは
夢にも思わなかったでしょう。

短所や弱点も
本当は長所なのかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク


 | BLOG TOP |