プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティム・バートン監督作品、

エド・ウッドを
ご覧になったことはありますか?



エド・ウッド [DVD]


史上最低の映画監督
エドワード・ウッド・ジュニアの
才能がないがゆえの
恵まれない生涯を描いた作品です。

ティムバートン監督という人は、
エド・ウッドと正反対の
稀に見る才能のある監督です。

彼がつくると、
エド・ウッドの史上最低の作品でさえ、
見てみたいと思わせるのです。

ジョニー・デップの
哀愁ある演技にも感動しました。

作中、エド・ウッドの作品が
たくさん、出てきます。


死霊の盆踊り

邦題にも惹かれました。
10年以上前はVHSしかなく、
1万円近くしましたが、
購入しました。

紛れもなく、
これ以下の作品は
この世に存在しません。
映画学科の学生でも、
もっといいものを作ります。


史上最低の作品でした。

朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒



スポンサーサイト

続きを読む>>


死霊の盆踊り [VHS]


私が購入したのは、このVHSです。
よくも廃盤にならず、
残っているものです。

中途半端な駄作は淘汰されますが、
ここまでひどかったら、
天然記念物扱いで、
残るんですね(ノД`)

この作品の脚本、原作がエド・ウッド、
監督はエドの友人です。

物語はドライブをする
男女の場面からはじまります。

新婚旅行のようです。

同じ運転場面で
時間的に変わっていないのに、

男のアップでは昼間
女のアップでは周囲は真っ暗、
夜になっています。

撮影時間そのまま、
ワンシーンで
夜になったり、昼になったりするのです。

映画撮影技法の基本が出来ていませんが、
そんなものは徐々に学べばいいです。

内容さえ充実していれば・・・

男女はその後、見知らぬモノに
拉致され、連れて行かれ、
木にくくりつけられます。


さあ、ここからです!

半裸の女が順番に出てきて、
木の周りで、くねくね踊るのです。

恐怖におののく男女。

しかし、視聴者は
全く恐ろしくありません。

踊りが終わると
また次、半裸の女が出てきて、
くねくね踊る・・・

これが延々1時間半、続きます。

一体これはなんなのか?

結末はどうするつもりなのか?

ただそれだけで見続けました・・・
掃除をしながら・・・

ラスト、縛ってあった紐が外れ、
男女は逃げ出すことができました。

それで映画は終わりました。

一体原作者は何が言いたいのか?

監督はこの作品を作るにあたって
何の疑問も持たなかったのか?

おそらく、監督も
エドと同じく変人でしょう。

私はこのVHSに1万円近く
出しました。

これは犯罪です。

エド・ウッドは後に、
史上最低の映画監督という称号を受け、
不遇のうちに亡くなりました。

エド・ウッド―史上最低の映画監督を読むと、

借金を踏み倒したり、作品通り、
変な人であることがわかります。
エドウッド
エド・ウッド―史上最低の映画監督

でも死ぬまで
自分の才能を信じていた
オメデタイ人でもありました。

オメデタイことは
生きていく上、重要なことです。


些細なことにくよくよせず、
生きていく勇気を
もらえる作品です。


ぜひ、みなさんも一度は
ご覧になってみてください。


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒



死霊の盆踊り デラックス版 [DVD]


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク



tag : ティム・バートン、ジョニー・デップ、エド・ウッド、


宮沢賢治の名作です。
辛く悲しい物語です。



よだかの星 (日本の童話名作選)


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒



続きを読む>>

よだかは醜い姿のため、
いじめられ、

鷹なんて名前はお前には似合わない、


市蔵に改名しろ!

みんなから言われ、
市蔵と書いた名前札を
ぶら下げられます。

子供の頃、この本を読んだとき、


ブサイクだと責められても
容姿はほとんど、
親から受け継ぐものなので、
仕方ないじゃないか!


と、思い、

市蔵という名前の人は、
この小説を読んで

そんなに自分の名前は変なのか?

と思っているだろうなあと
ちょっと笑ってしまいました。

それより一番心に残ったのが、
いじめられているよだかも、

生きている虫を食べて生きています。


つまり、自分も誰かを犠牲にして
生きている・・・


ということによだかが気づき
悩み苦しむ場面でした。

人間はもちろん全ての生き物は、
他の命をもらって生きているのです。


ベジタリアンだって、
植物という生き物を食べています。


最後、よだかは、
太陽に向かって飛び続け、
燃え尽きて星となります。


自殺したんだ・・・

子供の頃、思いました。

死んだら星になる・・・

といえば聞こえはいいですが、
こんなラストは許されません。

宮沢賢治の
真っ暗な人間性が出ています。

他の命をもらって生きているのだから、
悩む前に、残さず、無駄にせず、
皿を舐めるようにして、
感謝して食べたらいいのです。

残念ながら、
いじめはなくなりません。

外見とか、考えの違いとか、
いじめの理由はいっぱいあります。


みんな、仲良く・・・なんて幻想です。

いじめられたら、
このいじめはずっと続くものではなく、

いつかは終わる・・と思って、
自分を励ますしかありません。

学校の先生が助けてくれると、
期待しない方がいいです。

学校の先生も、親も、
助けにはなりません。

だからこういう類の本を読み、
苦しいのは自分だけではない・・・

ということを知り、
必ず、いじめた奴より
幸せになってやるという気概で
頑張って生き続けるのです。


幸せになること・・・

それが正しい100倍返しです


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク



tag : よだかの星、宮沢賢治

泣いた赤鬼


昔むかし、山の中に赤鬼が
ひとりで暮らしておりました。

赤鬼は人間と友達になりたくて、

「お菓子を用意しています。
おいしいお茶も沸かしています。
みなさん、遊びに来てください」

貼り紙をしました。

しかし人間は赤鬼を怖がって、
近寄ってはくれません。

悲しんでいる赤鬼のもとに、
青鬼がやってきました。


赤鬼の話を聞き、青鬼は、言いました。
「街でオイラが大暴れするから、
僕をやっつけて、
街の人たちを君が助けるんだ。

そうすれば、みんな、
君をいいやつだと思うよ」

青鬼に申し訳ないけれど、
赤鬼は、青鬼の言うとおりに、
人間達が住む村へと
向かうことになりました。

青鬼が大暴れし、村の人たちを襲い、
赤鬼が青鬼をやっつけるのです。

計画は大成功!

赤鬼は人間と仲良くなり、村の人達は
赤鬼の家に遊びに来るようになりました。

人間の友達が出来て大喜びの赤鬼は
充実した楽しい毎日を送っていました。

しかしある日、あの日から、青鬼が
一度も遊びに来ないことに気づきました

急に青鬼のことが心配になり、
家を訪ねることにしました。

しかし、青鬼はいません。

家の戸の脇に貼り紙が貼ってあります。

「赤鬼くん、人間たちと仲良くして、
楽しく暮らしてください。

ぼくが、このまま君と付き合っていると、
君も悪い鬼だと思われるかもしれません。
それで、ぼくは、旅に出るけれども、
いつまでも君を忘れません。さようなら、
ぼくはどこまでも君の友達です」

という青鬼からの手紙でした。

赤鬼は黙ってそれを2度も3度も読み、
大声を上げて、泣きました。

子供の頃、この絵本を読んで
宇宙人も泣きました。


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒


続きを読む>>

どれほどの人が、
青鬼ほどの犠牲を他人に対して
払えるでしょうか?

オードリー・ヘップバーンの
尼僧物語の中で、

他の尼僧のためにテストで赤点を
取るように、主人公が言われ、
苦悩する場面がありました。

人は、自分の子供のためなら
犠牲になれますが、

全くの赤の他人のために、
これほどの犠牲を払うのは、
むつかしいでしょう。

赤鬼を、安全で善良と思った
人間が、よってきて、
お茶やお菓子を食べたりして
赤鬼は楽しく毎日暮らしますが、


人間は
真の友人ではないのです。


なぜ、赤鬼は近くに、青鬼という
真の友人がいるのに、
人間みたいな勝手者と
友達になりたかったのでしょう?

まずそこから間違っています。


赤鬼は
ひとを見る目がありません。

徳光和夫の番組で
青鬼の行方を捜索してもらい、

青鬼に感謝と
お詫びをするべきでしょう。


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク


tag : 泣いた赤鬼

ツナグ

以前映画館で予告編を見てから、
ずっと見たかった映画です。

亡くなった人との
再会を叶えてくれる人が
現れたら、

会いたい人は、う~~ん、
いるかな?

続きを読む>>


生きている人が亡くなった人と、
再会出来るように、
仲介してくれる使者が
出てくる物語です。

使者と生きている人を
ツナグからツナグなんです。

男子高校生の渋谷歩美は、
死者と一夜だけ再会させる仲介人
ツナグとしての仕事を
祖母から継ぎます。

物語は、
亡き母との再会を望む中年男性、

親友を亡くした女子高校生、

失踪した恋人を捜す男性から

依頼を受け、
彼らはそれぞれ再会を果たします。


東日本大震災が起こり、
多くの方が亡くなり、
もう一度だけでいい、会いたい、

と思っている方は多いでしょう。

もしツナグがいたら、
依頼が殺到することでしょう。


私が胸が熱くなったのは、

亡き母との再会を望む中年男性編ですね。

亡き母は自分の病名を
知らされずに亡くなりました。

それを息子は後悔するのです。

物語中、死者はみな、いい人ばかりです。

しかし、
現実の私の母はキツイ人でした。
最近本人から

「鬼の母親でした。
どうか許してください」

と手紙が来ました。

姉にも同じ手紙を渡しており、
同じ内容でした。

キツイといえば聞こえはいいですが、
母は父の他に好きな人がいて、
相手も結婚しているので、
思い通りにいかない苛立ちを
主に私に長年向けてきたのです。

子供の頃、両親は年中、
激しい喧嘩をしていました。

今、介護が必要となって、
世話をしてもしても文句ばっかり、
そのうえ、
あれほど罵倒し、
傷つけてきた娘に
よくも世話になれるものだという
憎しみが湧いて
最近は少し距離を置いていました。

もう死ぬまで、会わなくてもいい・・

と思っていた頃、このDVDを見ました。

腹は立つけど、
父がかわいそうだし、
もうあとどれほど
生きるかわからないし・・・

そんなことを思っていたら、
父に良くしてもらったことを思い出し、
なんだかDVDを見ながら
涙を流していました。

ありえない設定だから、
物語に入っていけない人もいるでしょう。

今見なくてもいいと思います。

大切な人に会いたくなったとき、
見たらいいのだと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク


tag : ツナグ、

リーガルハイ


今夜からフジテレビで

リーガル・ハイ

はじまります!
毎週水曜日、10時~です!

絶対面白いですから!!!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク


tag : リーガル・ハイ、堺雅人

竹取物語

昔々、竹取のお爺さんが、
竹を伐採に行ったら、
切り株に可愛い女の子がちょこんと
座っておりました。

あんまり可愛いので、
家に連れ帰り、
おばあさんと二人で、
大切に育てました。

「かぐや」と名付けられた女の子は
みるみる間に絶世の美女に育ちました。

身分の高い5人の貴族の男が
かぐやを嫁に
欲しいと言ってきました。

お爺さんもおばあさんも
この結婚話に乗り気でしたが、
かぐやは次々と難題を出し、
それをクリアできなかった貴族たちは、
諦めて帰って行きました。

やがて、かぐやは
月の住人であることが分かり
月からお迎えが来て、
月に帰って行きましたとさ・・


というのがあらすじですが・・

かぐや姫、
美人だからって、
貴族からの求婚を断り続け、


気位の高い女だ!

と思っていましたが、
それには理由があるのでは?


続きを読む>>

たとえ身分の高い人でも、
結婚したいとは限りません。

しかし、


「もっと背の高い人が好みなの」

とか、

「顔がブサイクだから嫌なの!」

では相手に、お断りの
理由を言えません。

もし、
これが、父親の会社の
社長の息子だったりしたら、
本当の理由を言って断わったら、

お父さんが会社を
首になるかもしれませんし、

親だって、社長の息子が
少々外見に難があっても、
たとえ頼りない男でも、

結婚させたいと、縁談に
前向きになるかもしれません。

そうなると、
ますますお断りがしにくくなります。

そんな時、
お相手から諦めてもらう方法があれば、
丸く収まります。

かぐや姫は
自分はいずれ月に帰るのだから・・

が理由でしたが、

賢い方法で、気の進まぬ縁談を
断わった・・・かぐや姫・・

と読むのは、深読みすぎ・・かしらん?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク



tag : かぐや姫、竹取物語

オオカミ少年

羊飼いの少年がいました。
毎日退屈だから、
村の人たちを
驚かしたら楽しいだろうと思いました。

「オオカミが来たぞ==!」

すると村の男たちが
釜や斧を持って、
大勢やってきました。

慌てている姿を見て、
少年は面白くてたまりませんでした。

何度も何度も嘘をつくと、その都度、
男たちは大慌ててやってきました。

しかしある日、本当に
オオカミが来たとき、

「オオカミが来たぞ==!」

少年がなんど叫んでも
誰も来てくれず、

オオカミは羊を
全部食べてしまい、
次に、少年に向かって
飛びかかってきました。

危うし!少年!


嘘をついたら
誰も信用してくれなくなるという
戒めですが・・・・


同じウソばかりだから
だれも信用してくれなくなったのだ!

そう思った少年は一段と
大声で叫びました。

続きを読む>>

「壇蜜が来たぞ====!」

興奮した村中の男が
一斉に飛び出してきたため、
驚いたオオカミは
山に逃げ帰ってしまいました・・・。


ともかく、正直が一番大切ですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク


テーマ : 読み聞かせ - ジャンル : 本・雑誌

tag : オオカミと少年 イソップ童話

NHK朝ドラ「ごちそうさん」


第4回を更新しました。
のぞいてみてください。

tag : 朝ドラごちそうさん更新

朝ドラのブログは毎日なので、
大変ですが、
美味しそうなごちそうが
たくさん出てくるので、
なんとなくまた、はじめました。(=・ω・)ノ

書けない日は数日分
まとめて書いてみたり、
飛ばし飛ばしになるかもしれませんが、
しんどくない程度に
楽しみたいと思います。


NHK朝ドラ「ごちそうさん」

で始めましたので、
時々、のぞいていただけたら、嬉しいです。

第一回目は


第1回
NHK朝ドラ「ごちそうさん」



第2回
NHK朝ドラ「ごちそうさん」


です。

狐とぶどう

美味しそうな葡萄が実っているのを見て、
狐は食べたいと思いました。

しかしどんなにジャンプしても
葡萄には届かず、
腹を立てた狐は、

「この葡萄はきっと酸っぱいに違いない」

と捨て台詞を言って去って行きました。

子供の頃、この童話を読んだ時、


負け惜しみ言ってる~~

と思いましたが、
今はそうは思いません。


続きを読む>>


どんなに努力しても、
どんなに頑張っても、
人にはそれぞれ、
持って生まれた能力があり、
イカンともしがたいことなのです。

子供の頃、負け惜しみを言う狐を
悪者と捉えていて、

情けないやつだ~~
という感じでしたが、


「あの葡萄は
酸っぱいに違いない」

ということにしておいて、
心を落ち着かせたきつねを
今は賢く思います。


大きな家の前を通ると、

「掃除が大変に違いない」
「庭の手入れで毎年お金がかかるだろう」
「固定資産税がかかるだろう」
「相続税が莫大で、いずれは売って
支払うしかないだろう」

と悪魔のような意地悪を思い、、

宝くじで
大金を当てたひとのニュースを見ると、

「不労所得は身を滅ぼす元。
だから自分にはそんなあぶく銭は
必要ないのだ」

と自分を励まし、

ご近所で床暖房が入っていると知ると、

「ゴキブリが越冬して
巨大化するに違いない」

と希望的考えを思いめぐらし、

健康診断で結果のいい人が喜んでいたら、

「人はいつかみんな、死ぬんだよ~だ!」

と、心の中で密かに毒つく・・・

こうやって、わたくし・・・
心、平安に暮らす努力をしています・・。

だから、きつねを負け惜しみとか
悪くは思えません。
きつねは自分の心を守っているだけです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク



tag : きつねとぶどう、負け惜しみ、

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。