プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルストイが
子供向けに書いた本です。

子供の頃、
子供文学全集で読みました。

その子供文学全集は
姉の本で、
私は本なんて漫画以外読まない
頭の悪い子でしたが
なぜだか、
これだけは読み、
すっきり、溜飲を下げたのです。

しかし50歳を超えた今読見返すと、
全く違う感想となりました。
スポンサーサイト

続きを読む>>

パホームという農民がおりました。

彼は地主から土地を借りて、
まじめに働きそれなりに満足する
暮らしを送っていました。

彼の妻の姉は街の商人と結婚していて
都会でいい暮らしをしてます。

ある日、パホームのところにやってきて
彼の妻に
豊かな暮らしぶりを自慢したのです。


自慢を聞いているうちに
パホームは
「自分にだって、土地さえあれば
悪魔だってどうもできやしないのに」

と、うそぶきます。

それを悪魔は聞き逃さず、
パホームは悪魔の虜になって
欲に欲を重ねて破滅するのです。

彼は少しずつ土地を手に入れ、
階段を上るように
お金持ちになっていきます。

もうここらへんで、充分でしょう、
というとこまで土地が手に入っても
満足できなくなり、

もっともっとと欲張りになります。

そして、
明け方から日没まで
歩いた分だけの土地を
もらえることとになり、張り切ります。

でも最初に
お金は支払っています。

しかも、
日没までに帰って来なければ、
土地はもらえないどころか、
お金も返ってきません。

日没まで帰ってこなくちゃ
ならないのだから、
日の入りの時刻を計算し、
Uターンしなくてはいけませんが、

パホームは欲張りになっているので、
どんどん先に進み、
このままだと、日没まで、
戻れないかもしれない状況になります。

必死に走って走って戻ったところで、
パホームは息絶えてしまいます。

下男がパホームのために、
きっかり足から頭までが入る長さの
墓穴を掘り、パホームは埋められます。

人に必要な土地の広さは
墓穴の広さだったという
お話です。

子供のころ読んだ時、
強欲ジジイ、ざま~~と

大笑いしました。

しかし今回読むと、
子供のころ、爺さんと思ってた
主人公はそれほど
爺さんではありません。

まじめに働いていたけれど、
妻の姉に挑発され、
もっともっとと
欲張りになるのですが

そうやって頑張って
土地を手に入れて、
何が悪いのでしょうか?

確かに足るを知る・・・

ということは大切なことです。

「現状に満足すれば精神的に豊かになれる」
のですが、
若い子が現状に満足ばかりしていては
羽生くんだって、
金メダルは取れなかったでしょう。

人間、生涯のうち、
うんと欲張りになって
頑張る時は必要なのです。
しかし問題は歳を取ってからです。

歳を重ねてからは
もう頑張ることはできません。

その時こそ、足るを知ることが
重要だと思うのです。

もっともっとと思っても、
自分の体はもう若いころのように
動きません。

お金だって使ったら減る・・
といって、全く使わなかったら、
ないのと同じです。

歳を重ねてからこれを読んだだら、
今あるモノ、今の現状を喜び、
いい老後になるんじゃないでしょうか。

この本は、子供の本じゃないです。
老人の童話です。


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
スポンサードリンク




tag : トルストイ、人はたくさんの土地がいるのか

新美南吉の童話では
ごんきつねが有名です。

私は「銭坊」という作品が
たまらなく悲しく、印象深いです。

夏休み、
担吉という少年が

お兄さんとおじさんの家に
避暑に来ていた時

一匹の狗(いぬ)に出会います。

その狗は痩せた小さなノラ犬で、
外で担吉がお兄さんと
口笛を吹いて遊んでいた時
足元にまきついてきたのです。

担吉はその狗を気に入り
銭坊と名付けました。

頭のてっぺんに
一銭銅貨ほどの黒いところがあり、
そこから名前が決まりました。

担吉はいっしょの床で
寝たいくらい可愛がりましたが、
あるとき、おじさんの
怒りをかういたずらをします。

そのおじさんは元々犬嫌いでしたので、
狩猟好きな友達に
銭坊をやってしまうのです。

担吉がどんなにお願いしても
ダメでした。

狩猟好きの男はいい人で、
「大事にするから」
と、言ってはくれたけれど、
しっぽをだらりとさせてひかれていく
銭坊の姿に担吉は悲しくてたまりません。

冬になり、担吉は
銭坊はどうしているだろうか、
思い続けていました。

そして二階の窓から外を見た時、
銭坊がいることに気づきます。

「銭坊!」

呼ぶと、銭坊は宙を仰ぎました。

銭坊の両目はつぶれてしまい、
見えなくなっていたのです。

でも担吉の声の方向に
長い尾をふり続けます。

大急ぎで担吉が一階に下りて行くと、
銭坊の姿はなく、
探しまわってももう、会えなかった・・

という悲しいおはなしです。


続きを読む>>

新美南吉の小説は、
読み終わってから
気持ちの持っていきようのない
悲しみを残すものがあります。

新美南吉は家庭環境が複雑で、
貧しく、その上、結核のため、
常に死と向き合っていました。

亡くなったのはわずか29歳です。

そういう状況だからこそ、
作品が研ぎ澄まされているのだと思います。

生きていると、楽しいことより、
苦しいことや、辛いこと、
絶望感にさいなまれることのほうが
多いのです。

そんな時、南吉の本を読むと、
自然と涙が流れ、
浄化されて行くような気がします。




「銭坊」は↑南吉大全で読みましたが、
大全というけれど、
南吉の作品全部は載ってません。



朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
スポンサードリンク


tag : 新美南吉

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。