プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この映画は公開当時
映画館で観ました。

ジャックリーヌ・デュプレという
英国の天才チェロ奏者の
真実の物語です。
スポンサーサイト

続きを読む>>

子供のころ家に
内外の一流演奏家人物名鑑があり
学校から帰って毎日
同じその本を眺めながらおやつを
食べてました。

ダニエル・バレンボイムは
今は指揮者として有名ですが
当時はピアニストとして知られていて
彼の奥さんのジャックリーヌ・デュプレは
現在病気療養中である・・
と、記載されていたのを
今も覚えています。

そのジャックリーヌ・デュプレこそが
この物語の主人公で
16歳でデビューし、
世界中で天才と認められ、
21歳でダニエル・バレンボイムと結婚、
世界中で演奏し、レコーディングし、
27歳で病のため活動休止。

長い闘病の末、
多発性硬化症という難病で
若くして亡くなりました。

42歳でした。

この映画は
姉ヒラリーが書いた本が
もとになっています。


風のジャクリーヌ〜ある真実の物語〜


デュプレは
英国では聖女とあがめられて
いましたが、

姉は妹が自分の夫と
関係していたこと、
ジャックリーヌの人間性等、
赤裸々にこの本で書き、
イメージを完全に覆しました。

幼少から天才であったジャックリーヌ。
かたや優秀だが
天才ではなかった姉ヒラリー。

本人が亡くなってから
このような内容を書くのは、
ちょっと・・・です。

映画ではデュプレ役のエミリー・ワトソンが
迫真の演技を見せます。

デュプレの人生ははっきりと
3つに区分けできます。

16歳までの天才少女時代、

16歳から27歳までの
華やかな演奏家時代

27歳から42歳までの闘病期です。

病になってから
夫ダニエル・バレンボイムは
他の女性とパリで暮しはじめ
デュプレが闘病するロンドンには
帰ってこなくなりました。

それを映画の中では
夫に電話をしたら
電話の向こうから赤ん坊の泣き声が
聞こえてくることで
全てを察し、絶望し、
激しく慟哭するシーンがありました。

映画館の大きなスクリーンから
実際のデュプレが弾いた
エルガーのチェロ協奏曲が流れ、
悲壮感で涙が止まらなくなりました。

チェロを弾くために生まれてきた人が
弾くことが出来ない状況となり、
苦悶し絶望するさまが
これでもかこれでもかと
スクリーンいっぱいに
映し出されました。

本は以前途中まで読み、
デュプレの人生の最後をしっているので、
苦しくて読めなくなり、
そのままでしたが、
今回初めて最後まで読みました。

随分前、BS放送で
デュプレの特集がありました。

笑顔で元気な最盛期のデュプレが
映し出され、
最後は夫バレンボイムと
手をつなぎ、公園を歩いていくシーンで
終わりました。

その後の彼女の人生は
誰もが知っています。

美しいものは美しいまま・・・

で、よいのではないかと思います。

もし今生きていたら69才。

バイオリン奏者のチョン・キョンファと
ほぼ同じ世代です。

以前チョン・キョンファの演奏会に
行くことが出来た時、
聞きながらふとデュプレを思いました。

デュプレも生きていたら
今もきっと演奏していただろうと
思いました。

救いのない映画です。
でも全編に流れる彼女が残した
美しい音楽はこの先もずっと
多くの人を魅了し続けるだろうと思います。


ジャクリーヌ・デュ・プレ~EMI完全録音集(17枚組)


エルガー、ドボルザークの協奏曲は
映画の中でも頻繁に出てきました。
胸を突くような名演です。
その他ショパン、フランクのソナタも
心に染みいります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
スポンサードリンク


STAP細胞は本当に存在するのか否か?

今日の小保方さんの記者会見を

ご覧になった方、多いと思います。

小保方さんは整理整頓が

きちっと出来ないタイプで、

画像をきちんと整理できないから

取り違いしただけなのだ・・・

論文だって

小保方さん論文↓
http://stapcells.up.seesaa.net/image/Background.pdf

外国の論文↓

http://stemcells.nih.gov/info/basics/pages/basics1.aspx

まる写しだって、

面倒だからちょっと拝借されただけだと、

思うようにしていました。

希望を込めて万能細胞はある!

私は思いたいから思っていました。

しかし今日の記者会見で

Stap細胞を200回以上作成した、

とはっきり小保方さんが話された時、

変!と思いました。

通常、細胞培養する日数がかかるから、

1回、1週間から10日はかかるでしょう。

とすると、10日×200回=2000日

それを365日で割ると、5年半。

つまりユニットリーダーになった途端

ずっとすべて成功し続けた

ということになります。

ホンマ?


200回も成功してるなら

それを写真に撮っているだろうから

コツやレシピがあると言うのだから

公表、なぜしない?

第三者が成功しているなら、

その第三者も名前を出されることに

同意すると思うのですがね。

小保方さんはとてもかわいい。

でもすごく変な人なのかもしれない。

それでもいいんです。

万能細胞が存在するなら!

願っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
スポンサードリンク




tag : STAP細胞、小保方晴子

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。