プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!




将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)が
竜王戦の予選で、
通算勝率が7割を超す近藤誠也五段に勝って
19連勝になり
タイトル戦の挑戦者を決める
決勝トーナメント進出を決めました。

つくづく、人は持って生まれた才能がほとんど・・
と思うのです。

以前


「将棋の子」の感想

の時にも書きましたが
将棋の棋士になるにはまず奨励会に入り、
そこで大半が振り落とされ、
次に年齢制限内に四段になって初めて
プロ棋士となります。
いかしそこまでに多くが消えていきます。



将棋の子 (講談社文庫)


本では消えていった人のその後にスポットを
当てて、取材されてますが

藤井四段は中学生ですでにプロの棋士になり
19連勝して、竜王戦タイトル挑戦の
決勝トーナメントに出場できます。

藤井少年の努力の賜物でしょうが

奨励会に入れなかった人、
奨励会に入れたけれど
四段に上がれず消えてった人が
さぼっていたとは思いません。

どれだけ科学的な訓練を
死に物狂いで頑張っても
100メートルを9秒で走れる人が数少ないのは、
高いレベルになればなるほど、
その人の持って生まれた才能、
能力が大きく影響してくるからでしょうね。

知り合いで、兄弟で上の子が
Fランク大学を学業不良のため
放校になり現在はニートで、
下の子は国立医学部を出て医者になり
外見がいいので
モデル活動までしている・・
(地元限定ですが・・・)

という人がいます。

お父さんが東大出の物理学者ですから
賢い子はお父さんの頭脳と
母親の外見を受け継ぎ、
上の子はお父さんの外見と
母親の頭を受け継いでしまった・・
ということかもしれません。

将棋の藤井君は
紛れもなく天才なんだと思います。
すべてのタイトルを独占する日が
それほど遠くなく来そうな気がします。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

朝ドラ ブログランキングへ




テニスツアー大会で相手選手に
八百長を持ち掛けたとして
テニス界から永久追放された男性は
テニス界の王子様錦織圭くんと共に
国別対抗戦ジュニアデビス杯代表選手だったそうです。

錦織くんとダブルスを組んだことも
あったというのに・・

子供のころは
そんなに大きな差はなかったはずなのに・・

八百長でテニス界永久追放になった人と
方や、世界のトップ10で
世界中を転戦している錦織くんの差は
一体、いつ、ついたのか・・・

人生には大きな壁がいくつも
立ちはだかり
楽々乗り越えていく人と
脱落していく者に分かれます。

でも、乗り越えられる人はごく少数で
ほとんどの人が脱落し、
普通の生活を送るのです。

でもたまたま自分の周囲に
壁を乗り越える人
超天才ばかりがいたとしたら

とてつもなく自分が
小さく下らない人間に感じられ、

自分だけが・・・
自分だけが・・・

能力のないダメ人間なんじゃないかと
追い詰められるのです。

そうなると、普通であることがどんなに
素晴らしいことかもわからなくなり
苦しむんですよね。

錦織君には引き続き頑張ってほしいし
不正を働いたとして
テニス界永久追放になった男性も
時間はかかるだろうけど
立ち直ってほしい。

どんなに活躍している人も
出来ない人も、先祖はサルで
死んだあと、名誉や名前が残ると思っているのは
今のうちだけ・・・

今から50億年後も、地球が存在したとしても
最後は爆発するか
気温低下で縮小し、
モーツアルトの音楽も
アインシュタインの理論も、
全部消えてしまうのです。

後世に名を遺すなんてないんです。

どうやって絶望から立ち直るかなんて
私にはわかりません。

方法があったら教えてほしいくらいです。

当分は、ただ生きているだけでも
いいんじゃないか・・・

そんな気が最近しています。

だから私もただ何となく生きています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

朝ドラ ブログランキングへ



4月17日にNHKBSで放送していた原節子主演の
「わが青春に悔なし」を今日、
なんとなく流して見てました。

以前何度か見たことがあったのですが
今回が一番心を動かされたような気がする・・・

黒澤明監督作品で・・・

今、詳しいストーリーを手際よく書く元気がないので
それはいずれまた書きます。

今、もう八方ふさがりの気分の毎日で
かなりウツでまいってます。

病気の父は今月中には別の病院に移ります。

今も毎日、洗濯ものを取りに行ったり
なんだかんだで一日が過ぎ、

帰ってきたら子供たちから交互に電話・・・

楽しい電話は掛かってきません。

もう大人ですがまだ学生で、
卒業できるか、進級できるかと
二人から嫌というほど
不安になることを聞かされ、
下の子は大学をやめたいと
繰り返し言ってくるのですが
やめてどうする?と私は思います。

長いニートに近い生活からやっと脱出して
大学生になったばかりです・・・涙

まあ、私の出来が悪いので
単に遺伝しているだけなんですが
ここまで親を罵倒しなかったです…私は・・・。

私は高校受験も大学受験も失敗して
というか、
実力通り落ちて、不甲斐ない人生ですが

父は姉に私が高校の受験に落ちたことや
大学に落ちて、下らんFランク大学に進学したことを
なんと30年以上たった今も

「あんなバカはいない、憎くて憎くてたまらない」

と言い続けていたらしいです。

最近姉が教えてくれました。

ふ~ん、という感じです。

父は学歴至上主義の人で
ものすごい威張りたがりなので
私が憎かったんでしょうね・・・

そして私が実家の土地家屋を乗っ取ろうと
していると思い込んで、
弁護士を呼び、私に家を乗っ取られる前に
姉のほうの名義に変更していたそうです。

どこまでが正気でどこからがボケているのか
私にはわかりませんが・・・

そんなに娘である私のことが
嫌いだったのね~と思うと
またウツです。

こんなばあさんになっても、
親に、愛さなかったと思うとなんだか悲しいです。

子供には罵倒され実の父には泥棒扱いされて
もう、気持ちがいっぱいいっぱいです・・ヮ。

「わが青春に悔なし」かどうかわかりませんが、
能力がないので仕方なく
流されて生きてきたので・・・

悔いがあるとしたら
あんな爺の娘にには生まれたくなかったですね・・




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

朝ドラ ブログランキングへ

 | BLOG TOP |