プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
末松商店は、糸子のおかげで大繁盛です。
店の外にまでお客さんが並び、板尾が断るくらいになっています。
糸ちゃんは決心をします。
「岸和田にも、洋服をい着る人が増えてきた。小原洋裁店を開いちゃる!」と。
それに立ちはだかるのは善作父ちゃん。
なんでかわけがわかりませんが、まだ、糸子には商売がわかっていないと難癖をつけて
糸ちゃんが小原洋裁店をひらくのを反対しているのです。

その日はクリスマス。
糸子は妹たちのためにクリスマスケーキを買い、決意を胸に帰宅します。
お父ちゃんのいない居間でクリスマスケーキを囲む家族。
そこに父ちゃんが帰ってきます。
またもや酔っぱらっています。
糸子は言います。
「小原洋裁店をやるから」と。
そこで善作は「誰の許しでやるちゅう====ねん!」と言います。
「うちは誰の許しもいらん。お父ちゃんはお酒ばっかり飲んでるが、うちは全部賃金、家に入れてる。
うちのほうがよっぽど、この家を支えてる」
と、本当のことを言ってしまいます。世の中、本当だからこそ、言えないことはたくさんあります。
それを糸ちゃんは言ってしまいます。
その上、「殴れるもんなら、殴ってみィ」と挑発までします。
怒りの沸点に達した父ちゃんはケーキを投げるだろうと思ったら、
予想通り、投げました。糸ちゃんの顔にパイ投げのように投げつけて、
顔面、クリームだらけの糸ちゃんになるのかと思ったら、
さすがにそれはありませんでした。
次にちゃぶ台ひっくり返しをすると思ったら、それもしませんでした。
糸ちゃんを思いっきりぶっ飛ばして、どこかに行ってしまいました。

その後のシーン。
かしまし娘の照枝ちゃん。
いい味出してます。
「食べれる食べれる」
と、糸ちゃんのお皿にケーキを入れて、お母ちゃんが糸ちゃんに渡します。

その夜、糸ちゃんは神戸のおじいちゃんおばあちゃんのところに行きます。
岸和田から神戸まで遠いのに、こんな夜遅く、電車はあったのか?と、ちょっと心配でした。

心の安らぎだった神戸のお家。でも、いつの間にか、いろんなことが移り変わっていました。
一家の主だったおじいちゃんもおばあちゃんも年を取り、
おじさんの代になり、神戸はもう、甘えられる場所ではなくなっていたのです・・・・。

時は流れゆきます。
寂しいこともあるけれど、
だからこそ、これから、糸ちゃんの時代が来るのです!
感傷的になっていないで、ガンガン、がんばれ!糸ちゃん!


スポンサードリンク



コシノ洋装店ものがたり (講談社プラスアルファ文庫)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
関連記事

コメント:

糸ちゃんの父親、ほんまにサイテーでんな。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。