プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

グデングデンに酔っぱらってる松岡。
脈をとり、瞳孔が開いていないか・・
松岡の目をアッカンベーさせる梅子。

事務的すぎる梅子。
それに引き換え、
「梅子さん、僕はね・・僕はね・・・」
と、次の言葉を
言い出すことすら出来ない松岡。

そこに、タケオから電話よ~と
梅ママが入ってきて~
「聞いてください」
意識不明に近い状態で
うわごとの様に言う松岡に
結婚の話か!!
期待の表情の梅ママ。

しかし、なかなか言わんのだなあ!
ま・つ・お・か・は!!

タケオからは、早野の娘は、
結婚して金沢にいるということが、
わかったと言う連絡。

やっぱ、サヨコと静子は
別人ででしたね(@_@;)
ま、当然ですか・・・


それにしても早い!

タケオは貿易の仕事の片手間に。
是非とも、興信所の仕事をするべきです!
ご対面~~なんてバラエティーの裏方で、
重宝されるんじゃないでしょうか?

それはさておき、
酔っ払いの松岡、
梅子に点滴してもらったようで、
やっと酔いが醒めはじめて・・・

混沌とした夜だった、
未知の領域だった・・と言うけれど、
そこまでではないと思うのだが・・・

坂田の人生観が、まだまだ人生駆け出しの
松岡には強烈だったみたいです。

金沢に行って、僕が会って来る、
もし小夜子さんなら、
お父さんに会うように言う。

梅ちゃん=坂田方式の
患者さんへの付き合い方に
すっかり染まった感の松岡。

でもどう言ったらいいか
わからないと言う松岡に、
私なら必死にやると梅子流の頑張れエール。

「オレは酔っぱらっていて覚えてないよ。
オレも誰かのために必死になってみたいな」
と言う坂田。

坂田も若かったころは誰かのために、
必死になった人のような気がする宇宙人。

坂田は年齢に逆らわず、
うまく年を重ねたおっさんで、
宇宙人の年代になると、
共感するところ大いにありあり。

「サヨコさんの居場所が分かりました」
梅子からそれを聞かされた早野は
驚きと同時に不快感。

「松岡先生が行ってくれたんです。
前田さんと結婚して金沢で暮らしています」
松岡先生ともうすぐ来ます」
急に言われても、驚くやん!

しかも、来ると言ったくせに、
来ませんでした。
帰ってきたのは松岡だけ。

「話をしたがサヨコさんは、
お父さんに会うことはできないと・・」
拒否したんだそうで・・。
「こっちも会いたくねえ!」
早野爺は意地を張るけど、
会いたいんでしょ?


張っていいのは障子だけ。
見栄も意地も、
張ってもいいこと、ナンもなし。


「早野さんの
ババチイイ過去をほじくり出して、
ごめんなさい・・・・」
謝っている横で、
サヨコさんには、子供がいると、
今頃言い出す松岡。

「なぜ、もっと早く言わないの?」
怒る梅子。松岡の前では、ノブとは違い、
多少は遠慮があったけど、
ついに本性を現した瞬間で・・・

「アルバムを預かって来ました」
松岡、怒られるぞ!と思ったら、
やっぱ、梅子、怒りました。
「そんなものを預かったら、
もっと早く出さないと!」
眉間にしわよせ、怖いや~~ん!


以前は勉強出来なくて、
教えてもらってたくせに、
梅子、エラクなったもんやの~~!!


結婚前からこれじゃ、結婚後、
めちゃくちゃ、怖いんちゃうか?(@_@;)

「早野さんが昔写真を送ったのと同じですね。
サヨコさんは今、私は元気です、
幸せにやってますって、伝えたかったんですよ。
お父さんとお母さんに会いたくないわけないです」


梅子、坂田ナイズされて、
口がうまくなった!!


「あなたが出て行け二度と来るな!
と言ったから帰って来れないのだから、
呼んであげて」と、妻。

早野の妻も、梅子も涙を流し、
元婦長までが泣き、一件落着、サヨコに、
帰ってくるよう、言うこととなりました。

下村医院に返ってきた二人。
僕は、
説得はできなかったと松岡は言うけれど、
松岡さんが患者さんのために
そんなことまでしてくれてうれしいと、
梅子はご満悦。


梅子の横顔を
じっと見つめる松岡。
梅子に何か言いたそうな松岡。
言いたいことあるんだろ?
さっさと言うて!
おまえが言わずに、
どうすんねん!!


落ち着いたらその時話すと松岡は言うけど、
イラつくヤツじゃのおおおおお!!

早野の家にサヨコが息子を連れて、
家族水入らずに特別参加の梅子。


「これが、生きる希望か・・・」

早野は言います。
「じゃあ、病院に戻って頂けますか?」
帰らないと言う早野。
「だって、生きる楽しみが出来たじゃないですか?」

病院に戻ったら、会えなくなる。
船乗りを辞めたら、家族と過ごす・・・
やっと今夢がかなったのだから・・・
みんなに囲まれて最後の時間を過ごしたい



でも、子供がいてもいなくても、
家族がいていなくても、
お金があってもなくても
(お金はあったほうがいい)
犬を飼っててもいなくても
(犬はいたほうがいい)
生きる希望は、
みんなに必ずあるはず。
人それぞれ・・・よ。


病院に戻った松岡。
梅子との結婚を
現実的に考え始めた矢先・・・
アメリカ留学の話が持ち上がる===!
出発はは来月で、3~5年は帰れない。


さあ、どうする松岡!

梅子は開業しているから絶対についてこないよ!
ついてきてほしかったら、
女医ではなく女子アナにしとくべきでした・・・。

さりとて、アメリカ留学のような絶好の
チャンスを逃したくないだろう、松岡。


「梅子さん、当分の間、
文通しませんか?」
言いかねないな、松岡なら・・・・。



にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
関連記事

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |