プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリス映画です。
ノーベル賞作家ゴールズワージーの
「林檎の木」を映画化したものですが、
教養欠如の私は、
25年前この作品をみて
はじめてこの小説を知りました。
見た後、原作を読みましたが、
映画のほうがより感動です。
あまり知られていませんが、
これは超おすすめの作品です!!

まず、イングランドの風景が美しい!
そして、役者が美しい!
フランク役はジェームス・ウィルビー、
ミーガン役はイモジェン・スタブス。
超美人なのに、
日本でブレイクしなかったのは、
名前の「イモ」と、「ブス」の発音が、
日本人には、
受け入れがたかったのでしょうか・・・。
ジェームス・ウィルビーは、
モーリスに出ていたので、
ご存知の方も多いでしょう。

以下、少し、ネタバレあります。
さて、物語です。
初老の男性が丘に腰をかけ、
かつての自分の
若かりし頃を回想しています。
そして舞台は1902年に遡ります。

若い弁護士のフランクは、
友人とイングランド西部を旅行中、
足をねんざしてしまい、
そこで出会った美しい村娘、
ミーガンの家が営む民宿に
逗留することになります。
お約束のように二人は愛し合うのですが、
当時のイギリスは…もしかしたら今でも・・・
身分の差が立ちはだかって、
結ばれることができないのです。
フランクは遠く離れたトーキーという町まで
駆け落ち資金を
引き出しに行きます。

しかしなんど銀行に足を運んでも、
振りこまれているはずのお金は
入っていません。

やっとお金が届き、ミーガンを迎えに、
駅へと急ぎますが、
列車に寸でで間に合わず、
待ち合わせ場所へ行くことができません。
そうこうしているうちに、
再会した友人との関わりの中で、
上流社会の生活を思い出し、
ミーガンには悪いが、やはり、自分は
上流の生活のほうが合っている・・と、
ミーガンとの恋に迷いを感じはじめます。

一方、ミーガンは、待ち続けます。
しかしフランクは来ません。
携帯電話があれば一発で解決ですが、
この時代は携帯がないからこその
ラブストーリーです。
そしてついに、ミーガンは、家族や、
ミーガンを愛している田舎男の振り切って、
フランクをさがしに都会に出かけるのです。

田舎の田園の中では、
ミーガンの素朴な服装髪型は素敵でした。
でも都会の華やかで上流社会の中では、
田舎くさく野暮です。
大きな荷物を持ち、フランクを探すミーガン。
フランクはミーガンの姿を見つけます。
あれほど好きになったミーガンを前にして、
彼は都会の上流生活を選び、
隠れてしまうのです。
やがてミーガンはやつれ果て、
故郷に戻ります。

そこから冒頭の場面に戻ります。
そう、初老の男性はフランクです。
彼の視線の方向には
洗濯をする女が見えます。
ミーガンでしょうか?
フランクは友人の妹と結婚していました。
ミーガンは幸せになったのでしょうか?

原作とは別のラストが用意されています。
最後の最後、美しい景色、音楽のなか、
涙が止まらなくなります。
セリフはありません。
みたら全てがわかります。

一言で書けば、
身分違いの都会の上流階級の青年と、
田舎娘のひと夏の恋物語です。

ありふれた内容といえばそうなんですが、
名手がつくれば、
これほどの名作になるという
見本のような作品です。

是非、レンタル屋さんで借りてみてください。
意外と、小さなレンタル屋さんのほうが、
置いていたりします。
ラストの感動は、DVDで!

アマゾンの感想は読まないほうがいいです。
ラストのネタばれがのってます。





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。