プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むかし懐かし昭和の時代・・・

日曜洋画劇場でよく放送されていました。

最近はまったく地上波での放送はナシ。

この映画を知らない若い人もいたりして・・

レンタル店に置いてないところもあるんです。

でも、動物好きの宇宙人は

DVDでときどき観ては

清らかな涙を流しています(´∀`)

猟銃監視官のジョージ・アダムソン、

ジョイ・アドムソン夫妻が

母親をなくした赤ちゃんライオンエルザを

引き取り育て、やがて、大きく成長したのち、

再び野生に戻すことに成功した、

奇跡の実話・・

というのが、ざっくりとしたあらすじです。
赤ちゃんの頃は

ライオンだって人間だって可愛いものです。

しかし、大きくなったらそうはいきません。

ペットにするには限界があり、

動物園に入って頂くしかなくなるのです。

人間みたいに、

大きくなったら、憎たらしくなることはないし、

エルザはアダムソン夫妻にとって、

いつまでも愛らしく、いじらしいけれど、

世間から見たら猛獣です。

夫妻はエルザを、自由を奪われる、

動物園に送るのは可哀想だと

野生に戻す訓練を始めます。

母ライオンから狩りの仕方も、

ライオン社会の仁義も、

礼儀も習ってないから、

お嬢様ライオン、エルザは、

苦難の連続です。

「野生に戻すなんて無理だ!」

と諦めかけた頃、

徐々にエルザは野生に目覚めはじめ、

狩りができるようになり、

最後の難関、

雄ライオンとのお見合いに連れ出されます。

その雄ライオンは、

丘陵に1頭の雌ライオンとともに

座っていました。

雌ライオンは奥さんのようなのですが・・・

ライオンの世界は一夫多妻制。

「奥さんがいたって気にすることはないのよ。

さあ、エルザ、行ってらっしゃい!」

無言の声援に背中を押され、

エルザは、アダムソン夫妻に別れをして、

丘陵に向かいます。

当然、先妻は腹を立てます。

「新顔の雌ライオンが車にのってやってきて、

自分の亭主を誘惑しようとしているわ!!」

怒りに燃える妻ライオン。

エルザと妻ライオンはジリジリと近寄り、

取っ組み合いの激しい喧嘩になります。

このものすごい迫力!

さあ、エルザはどうなるのか!!


最大の見所です!!

一方、雄ライオンは、

自分を巡って争っている様子を

丘陵で、まさに高みの見物です・・・


男冥利に尽きますね(´∀`)

その次の瞬間、銃声が鳴り響きました。

ジョイがライフルを撃ったのでした・・


空に向かって・・・


愛しい箱入り娘エルザが

戦っている姿に耐えられず、

銃声で脅し、二頭と引き離したのでした。

野生の雌ライオンと堂々と戦ったエルザは

野生の一員と認められ、

野生の世界に入っていきます。


イギリスに戻っていた夫妻は

再びアフリカを訪れ、エルザを探します。

広い大草原。

そんなに簡単にエルザに会えるはずがありません。

もう二度と会えないのだ・・

引きあげるしかない・・・

とその時、ライオンのなきごえが聞こえてきました・・

ラストは誰でもが知っているラストです。

自立してくれた喜びと一抹の寂しさ・・
名曲が流れる中、宇宙人は泣きました・・・

一体どうやって撮影したのか!!
と、思うすばらしい場面がたくさんです。


ライオンはかわいいです・・・
けれど、サファリパークで
見学バスから降りないように・・・
襲われちゃいますからね。
エルザは特別。奇跡のTrueStoryです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサードリンク


関連記事

tag : 野生のエルザ

コメント:

多摩動物公園というやたら広く勾配の激しい拷問のような動物園が僕の地元にございましてよく行ってました。

ライオンもたくさんいるんですけどお金払ってバスに乗らないとゴルゴ13くらい離れた所から小っさいライオンを目を細めながら見るはめになります。
この映画を見た後だとバス代を奮発してしまいそうです。

ぜつさんへ。


>多摩動物公園というやたら広く勾配の激しい拷問のような動物園
> この映画を見た後だとバス代を奮発してしまいそうです。

間近で見たライオンさんが可愛くても、ハグできないのも拷問ですね。

多摩動物公園には行ったことがないのですが、
勾配の激しさや、かわいいライオンをハグできないことやら、
拷問だらけの動物園・・・行ってみたいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。