プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供のいないドイツ文学者夫婦が

仔犬を飼いはじめました。

ハラスと名付けられた柴犬と暮らした

13年間の物語です。

超感動です( ´ ▽ ` )


ハラスとは、ドイツでは、

犬によく付けられる名前なんだそうです。

ポチとか、ジョンとかいう感じだそうです。

厳しく躾けられるけれど、

途中、スキー場で行方不明になったりはするけれど、

ずっと愛され、幸せに暮らします。

でも、犬は人間よりずっと駆け足で年をとります。

どうしてそんなに急ぐのかと思うほどです。

やがてハラスは病気であることが分かります。

犬はどこが痛い、苦しいと訴えず、

ぎりぎりの時まで元気なままですから

気がついたときには手遅れになっているのです。

犬は最後まで不満を言うでもなく、

自慢をするでもなく、

子犬の時と変わらず、愛らしいままです。

この夫婦がご近所のお嬢さんの

結婚式から帰ってきたら、ハラスは

庭のお気に入りのソファーの上で死んでいました。

誰にも迷惑をかけず、

たったひとりで逝ってしまったのです。

動物ってどうしてこんなに潔いのでしょう?

夫婦はハラスの亡骸を庭のざくろの木の下に埋めます。

翌年、ハラスの栄養をもらった木は、

たくさんの実をつけたのでした・・・。



もうどこにもいない、

いなくなってしまったと思うと、

辛くて居たたまれなくなります。

でも、天国に行った動物家族はみんな、

きれいな思い出となって残された家族の心に

生き続けるんでしょうね・・・・涙



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサードリンク


関連記事

tag : ハラスがいた日々

コメント:

動物ものはいかんー。
絶対泣いてしまいますよこんなの。

でも特に小さい頃に見ると色々と得られるものが多そうな映画ですね。

こんばんは

うちにもありますよーこの本^_^
堅物ドイツ文学者のおじいちゃんが
ハラスにメロメロなのが良かったです(^ω^)
ほのぼのしてて。

でも、泣いちゃうんですよねワンコものって。。

ぜつさんへ。

> 動物ものはいかんー。
> 絶対泣いてしまいますよこんなの。
>
> でも特に小さい頃に見ると色々と得られるものが多そうな映画ですね。

犬を飼っている人なら絶対泣きますよ!
かなり古臭い感じなんですけど、
すごく良かったです。
家族でみて感動の動物ものは、
「犬と私の10の約束」とかすごくいいです!

あと、小さなお子さんが見て楽しいのは、
奇跡の旅(日本語吹き替え)!
犬たちが旅をするんです!
あと、ベートーベン!
これも面白かったですよ!!

コメントありがとうございました!

コケモモさんへ。

> うちにもありますよーこの本^_^
> 堅物ドイツ文学者のおじいちゃんが
> ハラスにメロメロなのが良かったです(^ω^)
> ほのぼのしてて。
>
> でも、泣いちゃうんですよねワンコものって。。

そうなんです!
犬や動物が出てきたら、
どんな名優でもかなわないって感じで、
胸がいっぱいになりました!
ワンコものって、何度みても飽きません!!

コメント感謝です!ありがとうございました!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。