プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己を捨て、自尊心を捨て、
慈悲と忍耐と謙虚の心をもち、
自己犠牲の生活を、
あなたは送ることができますか?

宇宙人に、
自尊心なんてものはハナからありませんが、

それでも絶対に無理です・・・

慈悲と忍耐、自己犠牲なんて・・・

だって・・・・・・













にんげんなんだもん!

舞台は1920年代のベルギー。
高明な外科医の娘ガブリエルは
尼僧になるため修道院に入ります。

修道院での戒律は非常に厳しく、
鏡を見ることは自意識であるので禁止。
修道院の鐘がなると、沈黙の時間です。

世俗と隔絶し、
自己を捨て、自尊心を捨て、
慈悲と忍耐、謙虚、自己犠牲、
他者にたいする寛容を身に付け、
神のような完璧を
求めなくてはならないのです。

あまりに厳しい戒律のなか、
脱落者も出ますが、
ガブリエルは見習い修道女を経て、
シスター・ルークとなり、
修行を続けます。

当時コンゴはベルギー領で、
そこに看護師として派遣されますが、
そこに至るまでに、
他人のために試験にわざと不合格になる
自己犠牲をみせなさいとか、
患者さんの世話をしていても、
沈黙の時間になったら、
話しちゃイカンとか、

エゲツナイ修行に苦しみながらも、
慈愛の精神で頑張るのです。

上司のシスターがコンゴの現地の人に
殺された時も、


罪を憎んで、人を憎まず方式で、

冷静に犯人を許す寛容さも身に付いたのですが・・・・

第二次世界大戦が始まり、
父親が敵国ドイツの機関銃で殺されてことを知り・・・
ドイツという国、人に対して、
憎む感情を
押し殺すことができなくなるのです。

他人なら殺されても、
犯人を許せても、
家族を殺されたら許せない・・・


しょせん、人間は、
自分勝手な生き物なんです。


憎しみを持ちながら
神にお仕えすることはできないと、
シスター・ルークは世俗に戻っていきます。

これでよかったのだと思います。


だってにんげんですから!!

シスター・ルークは、あまりに、
宗教的理想に近づこうと
苦しみ続けました。


テキトーに生きることも大切です。

神様だってきっと、
わかってくださいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサードリンク


関連記事

tag : 尼僧物語、オードリー・ヘップバーン

コメント:

哲学者の行き着くところ、

確かに人として理想的に生きるなんて事は無理だよね。
人は煩悩に振り回されて、煩悩を追い求め、煩悩の世界から逃れることなんか出来ない。

人は煩悩の塊、人は煩悩で出来ている。
煩悩というの名の雪だるま、雪がとければそこには人も無い。

悲しいよね、人間って…、
シスター・ルークは、自力本願を目指しましたが、もし他力本願を知っていたら、きっと心から救われていたでしようね。

オードリー・ヘプバーンにあこがれていた男でした。爆

こんにちは。
慈悲と忍耐と謙虚と自己犠牲・・・
深いし、重たいすね~(重たい字は画数が多いですね)
自分も、人に迷惑かけない範囲でテキトーでいたいです

寂さんへ。


おっしゃる通りです。
というか、私は特に、
煩悩に振り回され暮らしています。

> シスター・ルークは、自力本願を目指しましたが、
もし他力本願を知っていたら、きっと心から救われていたでしようね。

そうです、自分で何もかも解決しようと頑張らず、
助けを求めることが大事です・・・・が、
私は自分では何もしないで、
他力本願一本槍ですので、
それもやはり・・・あきませんね・・・。

> オードリー・ヘプバーンにあこがれていた男でした。爆

オードリーは、男女問わず、誰でも本当に憧れている人、
多いと思います。
凛としていて、清潔感があって、大好きです!

私は、ローマの休日のスカート姿の
ウエストの細さにあこがれています!(笑)

コメントのお返事遅くなりました。ごめんなさい。
コメント、とても嬉しいです。
ありがとうございました!

ぴぃぃすけ さんへ。

> こんにちは。
> 慈悲と忍耐と謙虚と自己犠牲・・・
> 深いし、重たいすね~(重たい字は画数が多いですね)

確かに、重たい字は画数が多く、
子供の頃、覚えるのに、
忍耐が必要でした。

> 自分も、人に迷惑かけない範囲でテキトーでいたいです
おっしゃる通りです。
私なんか、周囲に迷惑をかけまくりながら、
テキトーに生きてます。
自分を追い詰めたら苦しいばかりになります。
何事も期待しないで、テキトーに気楽に、
毎日、やり過ごしています。

コメントのお返事、遅くなりました。
ごめんなさい。
コメント、とてもうれしいです!
ありがとうございました!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。