プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジキルとハイド

「人間の善と悪を分離する薬」
を作り上げたジキル博士が、
人体実験の結果、
自らの悪に滅ぼされるお話です。

スペンサー・トレイシー、
イングリット・バーグマン、
ラナ・ターナーが出演し豪華です。
スペンサー・トレイシーの怪演は
見ものです☆

イングリット・バーグマンの
美しさも必見です!


時は1980年代後半。
舞台はロンドン。

医師である
スペンサー・トレイシー演じるジキル博士は、
当時治療法のなかった
精神疾患治療のため、
永年研究の末、

「人間の善と悪を分離する薬」
を作り上げます。

善と悪を分離し、
悪を取り除けば万事OKなんですから・・


あとは人体で実験するのみ・・・

しかし周囲からは反対され、
婚約者ラナ・ターナー演じるビアトリクスの
貴族のお父様からも、
神をも畏れぬ仕業と
大反対を受けます。

そんな折、ジキル博士は
イングリット・バーグマン演じる、
酒場で働く女と知り合います。

酒場女はひと目で
ジキル博士の紳士的な対応に
イチコロとなり、わざと服を脱ぎかけたり、
色仕掛けをしますが、
ジキル博士はそんなことに
惑わされません。
彼には婚約者がいるのですから・・
許されないと抑制がかかるのです。

ジキル博士は周囲の反対を無視し、
善と悪を分離する薬を密かに
自宅の実験室で自ら飲みます。

みるみるうちに
悪に変身するジキル博士!!
鬼のような形相にかわり、
ハイド氏が現れます。

悪に変身・・・したのではなく、
ジキル博士の内面に住む
ハイド氏が現れたのですね。

以前、事故で脳を損傷し、
それまでは穏やかな人だったのに
事故後は暴力的になったという方の
ことをテレビで見たことがあります。

誰にでも悪はいて、
それを抑制する部分があるのでしょうが、
抑制が破壊したとき、
悪だらけになる・・・みたいです。

悪が全面にでたハイド氏は
本当は好きになっていて、
我がものとしたいと思う酒場女のもとを訪れ、
無理やり彼女を妾にして囲います。
深層心理では酒場女が大好きだけど、
えらい学者であり、
婚約者がいるのだから・・・
と抑制がかかっていたジキル博士。
ハイド氏は正直です・・・

愛するジキル博士には片想い、
恐ろしいハイド氏には
しつこくされる酒場女
気の毒を通り越して・・・


なぜ警察に通報しないのか・・・
不思議です。


当初は薬を飲めば
ジキル博士に戻れましたが、
やがて自分の意思に関係なく、
ハイド氏が現れるようになってきます。

イギリス紳士のマントをはおり、
歯をむきだして、
ステッキを振り回すさまはコワイです・・・

酒場女は哀れにも殺され、
やがてハイド氏も、警察によって射殺され、
同時に善であるジキル博士も死ぬのです・・・


善と悪

「いいひと」に見える人にも、
隠された本性があるんです。

世間ではいい人で通っているのに、
ホントは根性の悪い奴だ!
ってこと、よくありますもん!

宇宙人も、世間では
一応、いい人ってことになってます・・( ´ ▽ ` )


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク


関連記事

tag : ジキル博士とハイド氏、スペンサー・トレイシー、イン

コメント:

相変わらず解説が素晴らしすぎますね!
この記事だけで超名作なのが良くわかります。

善と悪の戦いは欲望と理性の戦いでもあるのですね。
多くの人は頑張って理性を勝利させるのですが欲望を勝たせたらすごい事になる訳ですね。

僕の中の欲望を野放しにしたらまぁ~酷い事になりそうです。
取りあえず手始めに普段高くて手が出ないスーパーのイクラを食いまくると思います。

たまには悪の部分が現われて欲しいと思っています。

訪問ありがとうございました。
いつでもこれからも宜しくです。

ありがとうv-22

イングリット・バーグマンは、素敵な女優さんでした。

この「ジキル博士とハイド氏」そして「カサブランカ」、
「誰がために鐘は鳴る」は最高でした。(^^ゞ
20代半ばの作品は可愛さが光っていましたね。

「善と悪」は、誰でも心の奥底にはあると思いますが、
理性でコントロールしているのですよね~
でも・・・理性を外す・・解き放つと言えば良いのでしょうか、
思いっきり発散したい時がありますよ。(^▽^)
理性が邪魔をして勇気が出せなかった自分が腹立たしい時も
ありましたしね。(^^ゞ

ぜつさんへ。

遅くなりました、ごめんなさい。


イクラ!いいですねえ~

イクラ風呂につかりながら、
うたた寝したいですね~

でも、理性で抑えています(>_<)

コメント感謝感謝です☆

柳宏 さんへ。

遅くなりました。ごめんなさい。

> たまには悪の部分が現われて欲しいと思っています。
私は全身、悪なのですが、
今のところは
抑制機能が働いているみたいです。
でも、あと30年もしたら・・

30年、生きたらとしたらですが・・・

欲望のおもむくまま、
食べ放題、寝放題になると思います。

コメントありがとうございました!

プリティ・カフェ・チューリップさんへ

遅くなりました、ごめんなさい。

> イングリット・バーグマンは、素敵な女優さんでした。
外見が美しいだけでなく、
内面からにじみでる美しさがありましたよね~

> 理性が邪魔をして勇気が出せなかった自分が腹立たしい時も
> ありましたしね。(^^ゞ

あとになってイロイロ思うことはあっても、
やっぱり理性がやめときなさい、という時は、
それで正しかったんじゃないかと思います。
人間の心の中って複雑です。

コメント感謝感謝です☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。