プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山椒大夫

原作は森鴎外、
安寿と厨子王丸という絵本でも有名です。

子供の頃絵本を読み、
こんな悲しいお話はないと
思った記憶があります。

この映画は、
ヴェネチア映画祭入賞の、
溝口健二監督の名作です。


時代は平安末期です。

農民の窮状を救うため、
朝廷に意見したため、
平正氏は筑紫へ左遷させられます。

いつの時代も正しいことを言うのは、
怖いこと・・・

なんですね・・・

(秋田書房でも、正しいことを言ったため、
懲戒解雇された社員がいたそうです)


妻玉木、幼子厨子王と安寿のきょうだいは
女中姥竹とともに、
筑後へ父親に会いに行く旅の途中、
宿のババアに騙され、

母親は遊女館に、

幼子たちは鬼のような山椒大夫に
奴隷として売り飛ばされ、

辛酸なめ子の人生が始まります。



母と女中の乗った船と
幼子たちが乗った船が
反対方向に進みます。

そこで騙されたと知る親子たちです。

「お母様!」
「安寿!厨子王!」

泣き叫ぶ声は波の音にかき消され、
離れ離れにされました。

厨子王きょうだいが連れてこられたのは、
丹後の領主、山椒大夫のお屋敷でした。


山椒大夫1


厨子王は柴刈、安寿は汐汲みと
苛酷な労働に苦しむ日々の中、
やがて二人は成人し、
佐渡から売られてきた子から
母親の消息を得ます。

安寿は厨子王を逃がし、
のちの拷問で
苦しさのあまり、厨子王の居場所を
話してしまわないため、入水自殺をします。

成人した安寿を演じるのは香川京子です。

山椒大夫香川京子

その美しさ、可憐さは
掃き溜めに鶴状態です。

厨子王はやがて父のあとを継ぎ、
領主となり、


山椒大夫に10倍返しをしてから、

盲目となった母と再会するという
涙涙のおはなしです。



山椒大夫2



今回DVDをみて、山椒大夫に対し、
10倍返しでも気が済みません。

10億倍返ししてほしいものです。

子供時代の厨子王を演じるのは、
津川雅彦です。
加藤雅彦の名前で出ています。

顔はほとんど今と同じで、
こどもの姿ですので、奇妙です。

物語のはじめ出てきた、
浪花千栄子演じる女中姥竹
(最初の写真の左端)
の消息は分からずじまいです。

厨子王は探しすらしません。
気の毒なことです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ






関連記事

tag : 山椒大夫、安寿と厨子王、香川京子、秋田書房

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。