プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塩を運ぶロバ

大量の塩を運ばされているロバが
川に落ちたら、
塩が流れて荷物が軽くなった・・

翌日も同じことをしたら、
その日の荷物は綿だったため、
水を含み、超、重くなり、
立ち上がれなくなり、
溺れて死んでしまった・・・

ずるいことをしたらイケナイという
教訓の童話ですが・・・

本当にロバはずるいでしょうか?

乳牛は乳を絞るだけ絞り取られて、
出なくなったらステーキになります。

競走馬は走るだけ走らされて、
足が遅くなれば、馬刺しになって、

天皇賞をなんどか取っていれば、
種馬の老後が待っています。

ロバはどうでしょう?

ロバのステーキなんか
食べたことはありません。

きっとまずいから、人間の食習慣に
組み込まれなかったのでしょう。

ましてや種ロバなんて仕事はないので、
生きている間に牛馬以上に、徹底的に
こきつかわれてきたんだな・・

と、この童話から想像しました。

炎天下、大量の塩を背中に積まれ、
さあ、歩けと言われたら、
めまいのひとつも起こしてしまって、
川に落ちても仕方ないでしょう。

そこで、川に落ちたら塩が溶けて、
荷物が軽くなったので、
翌日も川に落ちたら楽になる・・

とロバが学習しても、責める気には
とてもなれません。

宇宙人がロバなら、同じことをします。

ロバがバカだという前提で
この話が出来ています。


人が考えるほど、
ロバはバカではないのです


このロバはずるいのではなく、
賢いのです。

奴隷のように働かせ、
川で溺れても、助けず、
溺死したロバの話を、


ずるい事をしたから不幸になった

と、教訓にするのは、
ロバがかわいそうです。

塩も綿も、リヤカーで運んだら、
いいじゃないですか!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ



スポンサードリンク



関連記事

tag : イソップ童話、塩を運ぶロバ、

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。