プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウサギとカメ

ご存知、
近くの山の頂上までどちらが先に登れるか
ウサギとカメが競争をする話です。

おばちゃんになってから読み返しますと、
新発見やらがありました。
「足が遅い」
と、先に挑発したのはウサギです。

しかし、競争したら自分のほうが早い、
とカメは言い返します。

なかなかカメも気が強いです。

競争の途中でウサギは昼寝をして、
結局、カメが追い越し、
カメの勝利になります。


どんなに優秀でも、
油断をしたら先を越されるし、
能力がなくても、地道に努力を続けたら
優秀な人をも、追い越せる・・・


という教訓によく使われるお話ですが・・

地道に努力をしたら
ボルトより速く走れるように
なるでしょうか?


ボルトは100m、200m、
ともに、ゴール近くでは流している感じで、
全速疾走をしなくても、優勝しています。

最後、力を抜いても、世界一です。

それに、カメがウサギに勝てたのは、
ウサギが昼寝をしてくれたからです。

競争相手が必ず、
昼寝・・・つまりミスをしてくれないと
勝てない試合というのは、
偶然を期待するということになります。


では、昼寝をしない天才が競争相手だったら
どうするんですか?


地道に努力を続けていても、
凡人が天才に勝てるとは思えません。

短距離は一瞬に勝敗が決まりますので、
スタートで思わぬミスが
出ることはあるでしょう。

しかし、長距離は、天才が昼寝をしても
短距離以上に勝つことは困難なんだと
思ったことがあります。

昔、オリンピックのマラソンで、
ショーターという選手がいました。

彼は途中、ゲリピーに襲われ、
2度も、民家のトイレに駆け込み、
その都度時間をとったにもかかわらず、
誰も追いつけず、
ぶっちぎりで優勝しました。

当時、テレビの中継を見ていました。
突然、ショーターが画面から姿を消し、
どこに行ったのか?
と思った記憶があります。

天才はトイレ休憩したって金メダルです。


「為せば成る!」

親の叱咤激励が、
宇宙人を苦しめたものでありました。


「為したくても、為せぬ事があり、
成らぬことが人生である」


これが50年以上の人生から得た教訓です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク



関連記事

tag : ウサギとカメ

コメント:

深い!さすがです!

しかも亀の強気はちょっと問題ですね。
大きい目標を自分に課すのは一つの手段としてありますけど、ウサギより早いと断言しましたからね。

小学生が俺はダルビッシュよりもピッチング上手いんだぜーって言っているレベルですよね。

それとこの話昔から思うんですけど、ウサギってそんなに早いんですかね。
相手が亀だから早いと言われているだけであって、鹿とかキツネとかには大敗を喫すると思うんですよね。

努力は必ず報われるよ~なんて
適当なこと言われて育つから
報われなかったときのショックから立ち直れないんだろうな~

このお話しを子供にした後は
「 注・個人差があります 」 とか
ちゃんと必ずこうとは限らないってこと
はっきり伝えとかないといけませんね

ぜつさんへ。

> それとこの話昔から思うんですけど、ウサギってそんなに早いんですかね。
> 相手が亀だから早いと言われているだけであって、鹿とかキツネとかには大敗を喫すると思うんですよね。

そうなんですよ。
鹿とかキツネとかには、
「お前は足が遅い」
とは言えませんからね。

もしこのお話が
「チーターとカメ」
なら、カメは足が遅いとか
そもそも馬鹿にすることもなかったと思います。
絶対的な力があれば、偉そうにはしないものです。
ウサギもまだまだ修行が足りないですね。

秘密のさいこちゃん

> 努力は必ず報われるよ~なんて
> 適当なこと言われて育つから
> 報われなかったときのショックから立ち直れないんだろうな~

おっしゃる通りです。
努力したら必ず報われるなら
日本人全員、
100mを9秒で走ってますよ。

> このお話しを子供にした後は
> 「 注・個人差があります 」 とか
> ちゃんと必ずこうとは限らないってこと
> はっきり伝えとかないといけませんね

そうなんです!
それにだいたい、努力ができる・・
ということが才能なんです。
とことんやって、限界を知ったら
人に偉そうに言えないものですが、

自分もチャンスがあればきっと出来たはず・・・
今の自分はホントの自分ではない・・・
という考えの親を持つと、苦労します・・・しました・・・いや、今もしています(>_<)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。