プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終の信託


安楽死か尊厳死か・・

それとも殺人か・・・
ものすごく重たいテーマの映画です。
しかし、登場人物の女医が
あまりにダメ人間で、
ため息が出たのでありました。
いい人なんですけどね・・・

映画は医師である折井綾乃が
長年担当していた喘息患者
江木秦三殺人容疑で
検察庁に呼び出されるところから
はじまります。

江木は25年も、喘息の発作に苦しみ、
もし管につながれ、
ただ生きているだけの状態になった時には、
終わりにして欲しい・・

と担当医の彩乃に頼んでいました。

折井彩乃は長年不倫関係にあった
同僚医師に捨てられ
自暴自棄になり自殺未遂まで図った
心の弱い人で、
江木の診療にあたっても、
医師としての判断ではなく、

センチメンタルな女学校の
お嬢さん的な感情で
植物状態になった江木の
呼吸器を外してしまうのです。

呼吸器を外したとたん、
江木が苦しみだし、
致死量の薬を投薬し・・
江木は死亡するのですが・・

やっとこれで楽になれましたね・・・

と彩乃は思っているのだが、
植物状態から生還した人は
たくさんいるし・・・

これは殺人を強行したとしか見えず、
こんなことして、ホンマにええの?
と思ってしまいます。

前半はここまで・・・

後半に大沢たかおが検事役で登場です。


終の信託2

検事ってこうやって誘導していくのだな・・
と思いつつも、

検事の言うことは真っ当だと

思う部分もあるほど、
この女医さん、アカン人なんですゎ。

このDVDを見ていて
江木は死ぬ以外楽になる方法はなかった・・

とは思えず、

延命はしないと本人と約束したにしても、
事情があるにせよ、
家族にそれを伝えることをせず、


独断で致死量の注射をしたら、
そら殺人罪で告訴されても
仕方ないです。

が!
検事の誘導尋問って
ものすごく恐ろしいですね。

一度、検察に呼び出されたら、
もうシャバには当分帰れない・・
って感じですよ・・。

ホント、コワいです。
それが一番の感想でした。



にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ



スポンサードリンク



関連記事

tag : 終の信託、大沢たかお、検察庁

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。