プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

泣いた赤鬼


昔むかし、山の中に赤鬼が
ひとりで暮らしておりました。

赤鬼は人間と友達になりたくて、

「お菓子を用意しています。
おいしいお茶も沸かしています。
みなさん、遊びに来てください」

貼り紙をしました。

しかし人間は赤鬼を怖がって、
近寄ってはくれません。

悲しんでいる赤鬼のもとに、
青鬼がやってきました。


赤鬼の話を聞き、青鬼は、言いました。
「街でオイラが大暴れするから、
僕をやっつけて、
街の人たちを君が助けるんだ。

そうすれば、みんな、
君をいいやつだと思うよ」

青鬼に申し訳ないけれど、
赤鬼は、青鬼の言うとおりに、
人間達が住む村へと
向かうことになりました。

青鬼が大暴れし、村の人たちを襲い、
赤鬼が青鬼をやっつけるのです。

計画は大成功!

赤鬼は人間と仲良くなり、村の人達は
赤鬼の家に遊びに来るようになりました。

人間の友達が出来て大喜びの赤鬼は
充実した楽しい毎日を送っていました。

しかしある日、あの日から、青鬼が
一度も遊びに来ないことに気づきました

急に青鬼のことが心配になり、
家を訪ねることにしました。

しかし、青鬼はいません。

家の戸の脇に貼り紙が貼ってあります。

「赤鬼くん、人間たちと仲良くして、
楽しく暮らしてください。

ぼくが、このまま君と付き合っていると、
君も悪い鬼だと思われるかもしれません。
それで、ぼくは、旅に出るけれども、
いつまでも君を忘れません。さようなら、
ぼくはどこまでも君の友達です」

という青鬼からの手紙でした。

赤鬼は黙ってそれを2度も3度も読み、
大声を上げて、泣きました。

子供の頃、この絵本を読んで
宇宙人も泣きました。


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒


どれほどの人が、
青鬼ほどの犠牲を他人に対して
払えるでしょうか?

オードリー・ヘップバーンの
尼僧物語の中で、

他の尼僧のためにテストで赤点を
取るように、主人公が言われ、
苦悩する場面がありました。

人は、自分の子供のためなら
犠牲になれますが、

全くの赤の他人のために、
これほどの犠牲を払うのは、
むつかしいでしょう。

赤鬼を、安全で善良と思った
人間が、よってきて、
お茶やお菓子を食べたりして
赤鬼は楽しく毎日暮らしますが、


人間は
真の友人ではないのです。


なぜ、赤鬼は近くに、青鬼という
真の友人がいるのに、
人間みたいな勝手者と
友達になりたかったのでしょう?

まずそこから間違っています。


赤鬼は
ひとを見る目がありません。

徳光和夫の番組で
青鬼の行方を捜索してもらい、

青鬼に感謝と
お詫びをするべきでしょう。


朝ドラのあらすじ、感想を書いています。
NHK朝ドラごちそうさんはこちらから⇒


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドラマ ブログランキングへ

スポンサードリンク


関連記事

tag : 泣いた赤鬼

コメント:

青鬼との再会のシーン
徳光さん絶対大泣きですね

秘密のさいこちゃんさんへ


徳光さん、泣き崩れるでしょうね。

青鬼さん、本当にいいひとです。

コメントありがとうございました!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |