プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日本を西欧列強から
自分たちの手で守りたい」


小田村伊之助(大沢たかお)と
吉田寅次郎(伊勢谷友介)は
志を同じくして江戸に向かいます。

2人は長州藩主・毛利敬親(タカチカ)
(北大路欣也)の許可を受けています。

勝手に二人で江戸に行ったのでは
ありません。

その頃、山口県萩の杉家では
文(井上真央)のお姉さん寿(優香)に
良縁が舞い込んでました。

杉家は石高26石に対し、
お相手は200石で、

圧倒的な玉の輿です。

自分の弟に自分の子どもたちが
殴られていても見てるだけの
文の父・百合之助(長塚京三)と
母・滝(壇ふみ)は
家柄の違いにビビり、辞退しようと
するけれど、寅次郎の江戸での
暮らしぶりが立派だからと、
縁談は進められることになりました。


女のし・あ・わ・せ!
に酔いしれる姉寿であるが、
そうは問屋が卸さないのが
人生でございます。

寅次郎は通行手形が届くのを
しびれを切らせて待ちきれず、
勝手に東北視察に行ってしまって脱藩。

当時は勝手に旅行ができませんでした。

主君を背いた罪人の家に杉家は
一夜のうちに転落~~~

当然、
縁談はなかったことに~~

寿は絶望に打ちひしがれますが
後で小田村伊之助・・・・


大沢たかおと結婚できますので、
幸せは後からやってくるのです。

しかし若くして亡くなるのですがね・・・涙

伊之助は寅次郎のため奔走し、
かっこいい姿を見せてくれることでしょう。

そんな大沢かたおに文は惚れてしまい・・・
便りが来るたび
兄を心配しているふりをして、
伊之助の手紙に恋心を募らせるのです。

さて、明日、面白そうですね。
東出昌大くんの出番は
まだ先のようですが、
イケメンが続々なので、
ワクワクでございます★


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
関連記事

tag : 花燃え

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。