プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低視聴率だそうです。

小田村伊之助(大沢たかお)が
仁先生にみえてきたりはしますから、
幕末大好き歴女や歴男の方たちには
なんじゃこりゃ、なんでしょう。

軍師官兵衛の岡田くんの凄味を思いだすと
軽いといえば軽いですが、
まだ始まったばかりです。

しかし幕末ちんプンのおばちゃんにしたら、
面白いのです。

そして気になったのが、
主人公の吉田松陰の妹、文の
ブス説です。

文は久坂玄瑞と結婚します。
吉田松陰の猛プッシュでありました。


松下村塾の年長者である中谷正亮が
文との縁談を持ちかけた。
この時、玄瑞は文のことを
「好みの容姿ではない」と断ろうとしたが、
中谷はそれに立腹して
「見損なった、
君は色で妻を選ぶのか」と詰め寄り、
玄瑞はやむを得ず縁談を承諾したという。
楫取美和子WIKIより抜粋


楫取美和子は文のことです。

「やむを得ず縁談を承諾」したんですね、
久坂玄瑞は文との結婚を。

文ってそんなにブスだったんでしょうか?

文↓
文

当時の人は顔がどうのこうのではなく、
決められた縁談は受け入れる、と
思ってましたが、断るというのは
よほど、久坂玄瑞の好みに
合わなかったと思われます。

文の若いころの写真は残ってないので
検証できないのが残念です。

結婚後、ほとんど一緒に暮らすことなく
久坂玄瑞は松陰亡きあと、
尊王攘夷運動に没頭します。


恋女房が家で待っていると思うと
命が惜しくなるかもしれませんが
どうせ、家に帰っても
待っているのはブスだから・・・


久坂玄瑞が命を懸けて
国のため働けたのは
文のおかげかもしれません。

しかしドラマでは井上真央が演じてますから
かわいいですし、
久坂玄瑞はごちそうさんの東出昌大くん。

美男美女です。

だれも当時の様子を
実際に見た人はいません。

多少、史実に基づかなくても
楽しかったらいいのです。

お話なんだから、という
広い心でドラマの進展を
見守りたいと思います。


スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
関連記事

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。