プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幕末モノはチンプンカンプンの宇宙人。
だから今回も予習です。


嘉永6年、1853年7月のことです。
文(井上真央)の河原ドンお願いが実り、
文の姉寿が、小田村伊之助と結婚します。
平成時代から
タイムスリップした医者とは知らずに。

そのころ、寅次郎(伊勢谷友介)は
江戸にいました。

幕府から発行される通行手形を
待ちきれず勝手に東北に行ったので
脱藩の罪で武士はく奪。
身柄は父百合之助の保護観察下に
おかれることとなりました。

ある日幼なじみと会った文は
幼なじみの兄が隠し持っていたという
瓦版を見せられます。
それは米国海軍のペリーの似顔絵でした。
鬼のような顔です。非常に恐ろしいです。

このうわさは一気に広まり、
いよいよ黒船がくると大騒ぎになります。

文は今世の中で何が起こっているのか
自分の目で確かめるため
夜中に海岸に向かいます。

そこで、以前出会った久坂玄瑞と
再会します。

文が姉寿と小田村伊之助の
成婚祈願で神社に来たとき
出会っていたのでした。

文は小田村伊之助が大好き❤

でも
玉の輿の婚約を寅之助の脱藩のせいで
破談にされた姉を想い、
縁を取り持ったのでした。

姉を想い拝みに来た神社で
将来の夫と出会うとは、


「情けは人のためならず」

とは、本当のことのようです。

久坂は医者の家系の人でしたが
新しい時代から遅れない日本をつくるため
医者にはならず武士を志していました。

兄・寅次郎に通じる情熱を
久坂に感じた文は
彼とともに黒船来航を確かめようと、
ふたりして、海が一望できる場所をめざして、
山道を駆け上がります。

一方、寅次郎は新たな騒動を
起こします。

黒船に潜入したのでした。

さてどうなるか!

という感じですが・・・・

当時は領海侵犯
という意識はなかったでしょうが
日本国のすぐそこまでの海に
アメリカ海軍の船が
たびたびやってきても
放置す幕府は

中国船が領海侵犯しても
何もしない?できない?現代とも
似ています。

現代には、日本国を心底思い、
国を守ろうとする
吉田松陰はいないのだと
つくづく思うのでした。

予習をすれば、ちょっとはわかる幕末物語。

明日が楽しみです☆





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ



関連記事

tag : 花燃え

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。