プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幕末はちんぷんかんぷんだから、
きちんと予習してドラマを楽しむ。

ということをやっていると、
だんだんこのドラマ
面白くなってきました。

ということで
今回もNHK出版のステラで
予習です。」

嘉永7年1854年。
黒船で密航しようとした罪で
寅次郎(伊勢谷友介)は
野山獄に送られます。

一方、寅次郎の弟子で、
黒船に乗り込むため船をこがされた
金子重輔(泉澤祐希)は
道を隔てた岩倉獄へと
入っていきます。

寅次郎と金子は身分が違うので、
寅次郎は武士階級が入る野山獄に
金子は町人階級が入る岩倉獄にと、
別れ別れになりますが、
それぞれの牢獄は待遇が違います。

もちろん身分の高い人のほうがよく、
町人待遇の牢獄に入れられた金子は
病気になります。

金子のお母さん役は麻生祐未。

当初は面会を許されなかったけれど、
金子が重い病になり、
看病するため牢獄の中に
入ることになります。

兄寅次郎に本を届けに野山獄に
通っていた文は
金子の母ちゃんと知り合いになっており、
ともに野山獄の中に入ります。

そこで見たのは
悲惨な金子の姿でした。

金子が投獄される原因を作ったのは、
文の兄寅次郎です。

文は金子の母ちゃんに
その事実を言えません。

第5回は金子が本当にかわいそうで、
涙の回になるでしょう。

が、金子は後悔していないと思います。
日本のため、
国家のため命を捧げるのだから、
彼は本望だったのではないでしょうか。

明日の放送が楽しみ☆





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

関連記事

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。