プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!



さあ、今回で第5回。
野山獄に入れられた
伊勢谷友介こと吉田寅次郎。
のちの吉田松陰。

弟子の泉澤祐希演じる金子重輔が
岩倉獄で獄死。寅次郎は文から
金子が黒船の水兵から引きちぎった
ボタンを受け取り、
自分が金子を死なせてしまったと、
自責の念で苦しんでいます。

悲しみに暮れる寅次郎の前に、
美貌の女囚が現れます
 





井川遥演じる女囚高須久子です。
彼女は寅次郎より12歳年上の37歳。
女盛りであります。
もとは名家の出身ですが
夫亡きあと三味線弾きと不貞を起こし、
親戚によって、野山獄に
入れられたのでした。

野山獄は
家庭で世話しきれない厄介者を、
家族が食費など、
必要経費は負担するので、
お世話してくださいと
入れることができる牢獄だったのです。

長州藩独特の
ものだったのかもしれませんが、
なかなか非情な制度です。

寅次郎のもとに通う
文の姿をみた久子は
実家への使いを文に頼みたく、
寅次郎へ申しでてきたのでした。

久子からの依頼を受け、文は
高須家を訪れ、
久子の娘、
川島海荷演じる糸に会いに行きます。

糸は不貞行為で
親族により投獄された母久子を
激しく憎んでいます。

その後文がどういう行動に出るかも
気になりますが、
それより、生涯独身だった寅次郎が
唯一心を通わせたかも?といわれている
高須久子の登場、

野山獄でもめげずに
囚人たちを先導して
学ぼうとする寅次郎の姿に注目
しています。

放送は今夜ですYO!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
関連記事

コメント:

初めまして、こんばんわ。

足跡からお邪魔致しました。
もし宜しければ、またいらしてくださいませ。

まずは、ご挨拶まで・・・。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |