プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


喉がカラカラに渇いているカラスがいました。
一つの壺を見つけ、
水が飲めると喜んで飛んで行来ましたが、
壺には、少ししか水が入っていないので、
クチバシを壺に入れても水に届きません。
さて、カラスはどうしたか?

水分不足の熱中症で干からびて
死んだのでしょうか?

いえいえ、そうではありません。
カラスは石を集め、
一つ一つクチバシで壺に入れて
水の嵩を増やし
水を飲むことができたのでした。

このイソップ童話の教訓は
工夫をして努力を続ければ、
必ず、思いは達せられるということですが、
誰でもが工夫をできるとは限りません。

カラスは非常に頭のいい生きものです。

随分前のことですが、
神社でお賽銭が盗まれる事件があり、
神社は監視カメラを設置しました。

カメラに映っていたのはカラスで
器用に賽銭箱から小銭を取り出し
自動販売機にお金を入れてお菓子を取り出し
食べていたのでした。

頭のいい人が工夫努力して成しえたことを
凡人にもあてはめようとするので、
凡人は、努力が足りないとか言われて
悲しい思いをさせられるのです。

凡人に工夫を求めるのではなく
賢いカラスにご褒美を上げるという
方向に話を持っていきましょう。

カラスは頭がいいのに、
不当な扱いを受けています。

上越新幹線には「とき」
東北新幹線には「はやぶさ」
九州新幹線には「つばめ」とあるのに、
「からす」はスルーされています。

是非、北海道新幹線開業時には
新幹線「からす」を
検討してあげてほしいものです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

関連記事

tag : カラスと水差し(イソップ寓話より)

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。