プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ろばを売りに行く親子」という
イソップ寓話があります。
ろばに乗らず、歩かせていると、
「せっかくろばを連れているのに、
乗りもせずに歩いているなんてもったいない」と
通りすがりの人に言われた父親は
息子をろばに乗せます。

次に
「若い息子がろばに乗り、
父親を乗せなさい」と
また通りすがりの人に言われ、
父親がろばに乗り、息子に引かせます。

そしてまた

「自分だけ楽をして
子供を歩かせるとは、悪い親だ」

と言われ、ふたりでろばに
乗ることにしました。

すると二人も乗って
ろばがかわいそうだという人があらわれ、
ろばが歩かなくていいように、
1本の棒にろばの両足をくくりつけ
2人で担いで歩くことにしました。

ろばは苦しがって、橋の上で暴れだし、
川に落ちて流されていきました。

というイソップ寓話、
人の意見ばかり聞いて、
自分の考えがなければ、
ひどい目に遭うという戒めです。

が、イソップ寓話には
「フクロウと鳥たち」というのが
あります。

物知りのフクロウに
アドバイスをもらったのに、
馬鹿にして無視した鳥たちは
のちにひどい目に遭うというお話です。

同じイソップが正反対のおはなしをつくり
子供を混乱させそうです。

この人の意見はきいたほうがいい、
この人のは無視したほうがいい。

これは実にむつかしい判断です。

いまだにわからないので、
宇宙人は笑われるだけの
人生なんだろうと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ
関連記事

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。