プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第14回の放送で大きな発見が
3つありました。


その1

あさの姉のご亭主惣兵衛は
もしかしたら
それほど悪い奴ではないかも
しれないということ。

新妻に着物をプレゼントしたいと
部屋いっぱいに用意していたのでした。

毒親に支配されて
心がゆがんでいただけで
本当はいい奴なのかもしれない・・

とフェイントをかけておいて
やっぱり嫌な奴かもしれない。
そこはまだわかりませんが
自分の妻に興味はあるようです。

その2

あさの亭主新次郎は心底、
腑抜けの遊び人で
帳場には座ってるだけで
全く仕事をする気はなし。
夜ごと、女のところに
遊びに出かけ、朝帰りです。
相手の女は、顔は平面的で
あさに負けますが
色気は100倍勝ってます。

だから結婚してひと月もたつのに
未だ、あさは床入りの儀式を
すませることなく
生娘のまま(多分)なのでした。

その3

あさの姑、風吹ジュン演じる「よの」に
若年性アルツハイマーの疑いが
あります。

あさの嫁ぎ先白岡家の朝は早く、
忙しく一日がはじまります。

が、姑は起きてこない。
「奥様は朝がお弱いから」
と白岡家の女中は言いますが、
当時の商家では珍しいことです。

その上、
和歌山出身で3人の男の子の
子持ちの女中クマを、

富山出身で未婚、
行き遅れと思い込んでいて
何度も結婚相手の男を紹介し、
もう結婚していると言われても、
頭の中を修正できません。

アルツハイマーになると
多くは昼夜逆転になり、
記憶違いが多発します。

姑にはすでに、その前兆があります。

白岡家はお金持ちだから
井戸の水なんか飲んでません。

水を水売りのおっさんから
買っているのです。

水売りのおっさんが
いったい、どこで
水を調達しているかが不明なので、
一抹の不安はありますが、

水売りのおっさんが名水100選を
売っているとしたら、
ピロリ菌はいないでしょう。

衛生的な水だったら、
姑の体は病気にならず、
頭だけボケて
アホほど長生きするでしょう。

江戸時代にはまだ、
介護保険がありませんから
エライことになります。

姑がアルツハイマーを
若くして発症し、舅は老衰、
代替わりしたご亭主新次郎は
ちっとも働かないやらで、
白岡家の財政は窮地になると
予想されます。

でもあさなら、持ち前の迫力で
家を切り盛りしていくと
思われます。

嫁は琴でも弾いていたら
いいらしいのですが、
雑巾がけをしたり、
水汲みの仕事をかって出ます。

襲い掛かる苦労をもろともせず
乗り越えていく姿を
朝から見せてもらえたら
溜飲が下がり、
視聴者は元気が出ますので、
あさにうんと、
困難が降りかかりますようにと
祈っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

朝ドラ ブログランキングへ
関連記事

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。