プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ご訪問、ありがとう!


フリーエリア


まねきポメラニアン!
道しるべ
仮風呂
かっちんめえばるweb支店 ブログ出張所
子育ては、嵐!時々晴れ
ブタブロ
風が吹いたら
出戻りオバちゃんのブログ
鬼夫の苦言
ざくざくエポック
ここは、わんにゃむ日和♪
いつでもお天気!




あさ・・・・・・波瑠
はつ・・・・・・宮崎あおい
あさ・はつの父親・・・・升毅
あさ・はつの母親・・・・寺島しのぶ
新次郎・・・・・玉木宏
惣兵衛・・・・・柄本佑
あさの舅正吉・・・近藤正臣
あさの姑よの・・・風吹ジュン
はつの舅・・・・・辰巳琢郎
はつの姑・・・・萬田久子
五代友厚(才助改め)・・・・ディーン・フジオカ
三味線の師匠美和・・・・野々すみ花
中年の女中うめ・・・・友近
うら若い女中ふゆ・・・清原果那


加野屋にやってきた
野菜売りの女ははつでした。

あさに
女中のふゆを雇ってやってほしいとの
依頼に来たのですが
その場で産気づきます。

普通なら、どうぞ、お家にお帰りになって
お産みくださいね、気を付けてね☆

と言って、追い返すところでしょうが
加野屋の人たちはみな、
野菜売りの女がはつであると
わかっているので、
受け入れてあげます。

随分会っていないので、
当初はわかりませんでしたが
あさがはつを
「おね~ちゃん」と
呼んでいたからモロばれでした。

加野屋の人たちは
トンマな人が多いけど、善人ばかりです。
はつのお産が無事にすむように
必死になってくれます。

はつは安産でした。
やはり、畑仕事をすれば、
安産になるのです。
ゴロゴロして、赤子がデカくなりすぎると
なかなか生まれなくなります。

赤子は男の子。

はつは農家の納屋に帰り、
辰巳琢郎演じる
不自然なほど優しい舅に見せます。

舅は大喜び。

「またわしの子どもができた」

心の中で思います。

はつも
「旦那様に似ているわあ~」
と、口では言って、
心の中では


「そりゃ、
旦那の弟やから似てるわな~」


と思っているのでしょう。

萬田久子演じる意地悪な姑は
赤子を抱こうとしないばかりか
見もしません。

やっぱり、亭主の子かも?
と思ってる様子です。(うそ)

ともかく、はつには子供が産まれました。

しかしあさには一向に
子どもができる気配がありません。

あさの姑よのは
はつに子供が産まれ、羨ましがります。

加野屋にも
あないな男の子がいてもおかしない、
長きにわたる年月、
新次郎とあさは夫婦生活を送っておる。

孫がほしいほしい、
あさでなく、はつが嫁だったらよかったのに~

姑が言っているのを
あさが立ち聞きし、
ああ、うちにヤヤコがおらへんから、悲しい!

と、思うのですが、
加野屋は経済的にひっ迫していて
新次郎と
ナニしている場合ではないのです。

はつが嫁で、
乳飲み子抱えて夜逃げをするか、

あさが嫁で、
赤子は生まれないが
屋根のある家に住んでいられる。

どっちがいいか、姑は、
よ~く考えてほしいですね。

夜逃げをしなくていいように
あさは奮闘しています。

新政府は廃藩置県の例を発布し、
各藩の負債を
肩代わりするという策を打ち出したので
安心かと思ったら、

古い借金は棒引き、
新しいものは50年年賦で無利息って

ひどすぎるであ~りませんか!

古い借金は返ってこない、
新しいものは
50年もかけて返ってきても利息無し。
つまり儲けはなし・・ってこと?ですよね!

その頃、寄合所でよく会う
商売仲間のおっさんが石炭を持って
加野屋にやってきます。

つやつやした石炭に
あさは興奮します。

その石炭が出た、
炭坑の持ち主櫛田が急死し、
櫛田の奥さんが
炭坑を売りたがっているという
話しを持ち込みます。

寄合所でよく会うおっさんは
石炭をあさの目の前で燃やし、
よく燃える上質のものであること
証明します。

あさの商売の血は煮えたぎります。

あさは九州に行って、
炭坑の仕事をしたいと
近藤正臣演じる舅に話します。

舅は
「嫁が家を空けるということが
どれだけ重いことか
わかってのことなのか?
覚悟はできているのか?」
と、問い詰め、
それでもいいなら、やっていいと
言いました。

嫁が家を空けることが
そんなに大変なことなら

近藤正臣、
おまえはんが炭坑に行って
稼いでこいよ!


と思うのは、宇宙人だけでしょうか?

あさは悩みます。
「炭坑に行ったら
旦那様のお世話ができへん」

お世話といっても
掃除洗濯食事は女中がするし、
繕い物はほかの人がしたほうが上手だし
あさは別段、お世話をしていません。

お世話というのは
アノお世話のことのようです。

あさは新次郎に切り出します。

「妾を囲ってください」

さて、新次郎のお返事は
どう返ってくるでしょうか?

「そんなことでけへん。
わてはあさちゃんだけが好きやねん」

と言うのか、

「そうでっか、そんじゃ、
そうさせてもらいまっさ」

なのか。

明日がとっても楽しみですね☆




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダメ主婦 ブログランキングへ

朝ドラ ブログランキングへ
関連記事

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |